テキサスバーガー

100112_123025

昨日もマックのテキサスバーガー食べた。
先行販売で味見のつもりだったが、今週なんと2個目だ。

ジャンクフード欲求が起こると、惰性で食べていたところがあったマックだが、これは正直ウマイ!!
クミンが効いた、チリ風味のスパイシーな甘辛味の濃いめなソースがとても気に入った。

が、何よりおいしくていい!と思ったのはフライドオニオンが挟まってるとこだ。

値段はセットで760円と高めの設定。

気がつけば、復活メニューは別として、クウォータータウンダーといい、最近の限定メニューや新規メニューは600円台後半以上と既存メニューと比較すると高い設定のものが目立つ。

ついこの間まで、500円玉や100円玉のイラストアイコンをあらゆるポップに掲げ、ワンコイン低価格を繰り広げていたが、気がつけば、平均単価がグッと上がっている。

マックのこの低価格戦からの転換の仕方はあっぱれだなぁと思う。

コンシューマー向け商品の値上げも値下げもとっても難しい。

前職で婦人服の小売をやっていたとき、2万円ぐらいするジャケットを、原価割れであったが在庫処分のために、セールで5000円ぐらいでたたき売った。そのジャケットを正価で買っていたお得意様がセールにやってきて、私が買ったときの値段はなんだったのか?普段は暴利をむさぼってるのか?とばかりに叱責され、お得意さんの信頼を損ねてしまったことがある。

値上げも、原価やコストの変動による単価の変更は、消費者にも見えやすいが、マックのように(ってよく知らないけど、多分)戦略上の価格帯変更のような場合は特に、どうお客様に違和感なく、いかに納得して今までどおりに利用してもらうかは相当ハードルが高そうだ。

マックは上手だ。
バリューセットの価格帯をあげつつ、一番利用者が多いと思われるランチの時間帯で、依然とほぼ同等の価格での提供を継続して、多少の不便は感じさせても「値上げ」と感じさせない工夫をしている。

今回のテキサスバーガーしかり、追加は高価格帯の新商品、徐々に品揃え全体の平均単価を上げているように見えるが、高価格を納得させるプレミアム感で顧客を納得させている。

よく考えたら、肉でかいとか、挟まってる物に一手間あるとか言ったって、所詮ハンバーガー、原価に200円以上の差があるとは思えない、値上げ率 40%以上なんだけどね。
でも商品特性をうまくクローズアップして、なんとなく納得させてしまう演出もとても上手だ。

ところで、値下げと言えば、最近SEIYUが心配。
職場近くの西友は、カカクヤスク!戦略をドラスティックに展開し、久しぶりに言ったら、陳列棚も全部入れ替えて、価格帯別のポップがズラーっと整然とならび、スーパーマーケットではなく、ディスカウントショップのような店舗に大リニューアルしていた。
すごいコストを投入しているであろう様子がうかがえるが、低価格戦略の場合、小売価格の競争には所詮限界があるので、コスト低減がキモになるのが一般的だけど。大丈夫かしら。西友。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とら 2

今日で松の内もおしまい。

正月気分もそろそろ納めないといけないかしらと思ったけど、お飾りを外したり鏡開きをしたり、いわゆるお正月これまでっ!っていう儀式をいつやるかは地方による風習や、いわれの解釈の仕方で、7日、11日、15日、20日といろいろあるようで、お祭り気分はすきだし都合良く考えて、もうちょっとうわついておこーっと。

20100107tora2

お正月休み明けに、関西出身の同僚からおみやげにもらった!
「寅年ですから・・・」ふふ。と。

年賀状のネタにいろいろ悩んで苦し紛れにダジャレ展開をしたわたし、

「阪神ファンって、ネタがあって便利だよねぇー」

とつくづく感嘆したら。

「え?12年に1回しか使えないじゃん。」

とつっこまれた。

その通りだ。

ところで、このどら焼きは、阪神百貨店本店でしか買えないレアものだそうです。

パッケージだけかと思いましたが、中身も裏表しっかり柄が刻印されています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

とら


お年賀状をお出しできなかった皆さまへ、こちらで失礼をいたします。

Tora3

ご好評をいただいた今年の年賀状、
マドンナ吉永小百合に自分の顔を重ね合わせる図々しさご容赦ください。

1年前にも同じことを書いた気がしますが、性懲りもなく一応決意、
今年はせっせと更新するぞ!おおっー!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

地味、変で

先日、家の近所にある「豚丼」と大きく書いた看板が、前から気になっていたお店に行ってみた。

住宅街の中にポツンとある不思議な雰囲気なのだが、その和風のお食事処といった店構えとは予想外に、店内はせいぜい7~8人でいっぱいのカウンター席だけで、壁一面には、ローリングストーンズやらジミー・ヘンドリクスのポスターがところ狭しと貼られ、何本かのギターが狭い店内の隅に置かれた、ライブバーと定食屋がいっしょになったみたいな意外な雰囲気だった。

けっして、流行のダイニングバーなんて言い回しは似つかない、どっちかっていうと人ん家の台所。

お客さんはみんな、マスターを慕って来てる近所のいつもの顔馴染みという感じ。ニューフェイスの私たちもお酒が進むにつれ、すっかり話の輪に入りあっという間にみんなともだち!状態に巻き込まれていた。

「ねぇーマスター何か弾いてよー」
と50代くらいの女性が、いつもの展開という感じでおねだりをする。
「えぇ~・・・」と渋るポーズでクルーなそぶりをするリクエストを受けた店主、
・・・ではなく、なぜか私の隣の席の、地味なスーツ姿の、さっき「ボクはもう還暦」といっていた男性が、キラりと表情を変え、嬉しそうに浮き足立つのを見逃さなかった。

「じゃあ、何かやろうよ、マスター」とそのみんなから「センセイ」と呼ばれていたおじさまが壁にかかったアコースティックギターを嬉しそうに手に取りながらマスターを促し、そこからは、お店の空気は豚専門小料理屋からちょっとしたライブバーに様相を変えた。ビートルズとかも交えていたけど、予想を裏切らずジミー・ヘンドリクスのナンバーが続く。
最後は弾き慣れたおハコという感じの「Little Wing」だった。けっこうカッコイイ。

マスターは歌も上手でなかなかなだったけど、意外や意外、地味な飲んだくれのオジサンだと思っていた「センセイ」はかなりの腕前らしかった。

演奏の後は、もうすっかりギター&ロッカー話でみんな意気投合して、どのアーティストはどうだった、こうだったとかいう評論で盛り上がっていた。

「エリクラがさー歌ったときにはさぁ・・・」

「でも、アコギでジミ・ヘンはやっぱきついわ・・・」

どうしてなんだろう、なぜか必要以上に略したがる。
女子高生と相通ずる(^^;

店を出たあと、ギター方面にあかるくない連れが
「あのさ、アコギってアコースティックギターのこと言うんだ・・・。阿漕な商売とか、そういう話してんのかと思っちゃった、あたし。」と言っていた。

私も、最初聞いたときはそう思った!

「阿漕で、地味!変!」

どんな悪口だ!

調べた。おいら達の感覚は江戸時代らしいぜ。
現代人は、アコギっていえば、アコースティックギターが普通らしい。

ところで、「センセイ」は何度も、アラフォー独身女子2人組の私たちに向かって、

「何で独身なの?」(あたしも知りたいよ!!)

「幸せ・・・、ってほら幸せとか決めちゃ行けないんだけど、幸せになりたいとか思わないの?」
(って、決めつけてるじゃん!あたし十分今幸せなんですけど)

と何度も絡んで来た。
その年代にしてロッカー気取りが自慢げでしたが、案外保守的なのね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お子様らんち

東急キッズプログラム っていう東急電鉄が定期的に実施している、ファミリー向けキャンペーンイベントがある。

あっ、ごめん、よく見たら、申し込み〆切り一昨日だった! 使えない話で恐縮ですが・・・

まあ、このプログラムったらすごい。

要は、手広いジャンルの企業を傘下におさめている電鉄会社ならでは、
東急グループの様々な会社のお仕事をキミも体験してみよう!っていうような内容。
参加対象は小学生限定。


電車の運転手や駅員体験、開通前の地下トンネルを鉄道整備員になったつもりで歩けるなんていう、電車やさんならではのプログラムも、プチ鉄子の血が騒ぐが、

東急ホテルズのパティシエにケーキも習えるし、ラジオDJもできるし、野菜の収穫から、そば打ち、そしてなんと狂言師のまねごとまで出来るのだ!!


うらやましいぞ、キッズ!
おばちゃんにもやらせて-!
こどもだけだなんて、ずるーい。


かなりおとなになってからも、ときどき、レストランのお子様ランチのメニューを見て、うらやましく思うことがある。
おんなんじだ、おんなじー

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«廃品回収