トップページ | 2004年3月 »

2003年12月

うちの子

my_zoomer.jpg愛車です。かわいいでしょ。

今年の一番大きなお買い物。
そして、積年の思いのチャレンジでした!
わたしはスゴイ怖がりの上、一度ずっと昔に、調子に乗って操作方法もわからないままお友達のスクーターを試乗し、いきなりウウィリーさせたトラウマがあって、手に入れたいと思いつつなかなか勇気がでなかったのですが・・・。
この夏、この子を見て一目ボレ。太いタイヤで、フロントにも充分重さがあり、4サイクルでトルクはあるけど起動が遅めなのが、そんなわたし向き。でもなにより、かわいい目玉とデザインに惚れました。
しかし、50CCで遠出をする機会が余り無いうちに寒くなり(軟派なワタシ)、まだ500キロしか乗っていません。
自宅のある町田から世田谷に3回、大森まで1回、それぞれ往復60~70キロぐらいでしょうか・・・
次は横浜までガンバッてみたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひと足はやく

冬至には1週間早いけど、柚子湯につかってあーさっぱり。
うちの家庭菜園の片隅に生えてる柚子の木から取れたてを7つ8つ拝借してお風呂に入れた。
今日は入浴中のため、写真は無しよ、うっふん(笑)

わたしはけっこう毎日にいっぱいになると、余裕がなくなって、実のところ気をつけてないと今日が冬なんだか、夏なんだか、春なんだか、すっかり風情をなくしてしまうところがあるので、こういう季節の風物詩はいいねぇ~。
お雛様にしろ、土用のうなぎにしろ、古くからのいわれの効果のほどはさておいて(笑)、そうか、季節が流れたんだなーと句読点を打って次にスイッチしやすくなる。ささやかでステキな行事に感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近所の味覚

『はやとうり』というらしいです。食べられます。
hayatouri031213.jpg
母が近所でいただいてきました。なんともいえない形です。
わが家では皮をむいてうす切りにして炒めたものが食卓にならびました。
味はとても淡白で、冬瓜のような感じ。ごま油と唐辛子とおしょうゆで金平風とか、濃い目の出汁でお肉といっしょに、ふろふき風に煮てもおいしそうかも。お味噌汁の具にもよさそうです。
それにしても、ゴツゴツなのに爽やかでつるっとした色味に、チョロッとついてるツルのコントラストがなんともキュート。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ROPPONGI HILLS CLUB 体験

六本木ヒルズ51階の『the fifty one club』へ行った。
roppongi031211.jpg会員制のため、自分じゃ行かれない。舌の長~い知人の方に連れて行っていただいた。ドレスコードあり、ご当地大使館員は無料で会員になれる、なんていう前情報があったので、きっとゴージャス系で気取ったカンジなんだろうと覚悟して行ったのだけれど、質のよさそうなインテリアもいたってシンプル。無機質な感じのガランとした空間に座り心地のいいパープルのソファーがアクセンで映えている。
サービスも嫌味なく行き届いていて・・・・と、めったに味わえないセレブ気分を満喫。とはいえ、本当は庶民だから気になるお値段(^^;。1,800円のベトナム風フォーとかアラカルトメニューも気になったけど、「この5,000円のコースで充分お腹いっぱいになりますよ。」と知人のお勧めをオーダー。意外にリーズナブルで、ほっ。

オリエンタル風のオードブル3種・・・鹿なんてたべたことあったっけ?鹿肉のリエットが、胡椒が程よくきいていて意外に臭みもなくおいしかった!

クラムチャウダー・・・具入りのスープってすき。本当に寒い日だったのであったまりました。

ベトナムビーフシチュー・・・どの辺がベトナム風なのかはよくわからなかったけど(笑)やたらとおうち風の味で満足。

デザートの盛り合わせ・・・この辺になってくると、お腹いっぱいほろ酔い気分で、えっとあんまり覚えてない(^^;でもおいしかったことは確か!(笑)

食後のコーヒー・・・カップがとってもおしゃれでしたよ。ご一緒したお友達はインド好きゆえチャイをセレクトできるメニューにも嬉しそうでした。中国茶のセレクトもありましたよ。

しかし、どうしてこんなにインテリアがシンプルなのかしら、と・・・なるほど、夜景が主役なのでした!r_hills031211.jpg
「9時になると、ディズニーシーの花火が東京タワーの奥にあがりますからね。」と知人の予告にもかかわらずおしゃべりに夢中で全員見逃してしまう始末でしたが(笑)、彼はココで危うくなりかけた彼女と仲直りをしたとか。うらやましい。わたしも一度くらいはこういうところで口説かれてみたーい。きっとクサクて笑っちゃうとおもうけど(笑)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝のひとたち

 昨日夜残業して深夜の帰途についたら、事故で電車がとまっていて、足止めをくらった。
higashi-kangawa031209.jpg
で、喫茶店で時間をだいぶ潰してから、ダイヤの乱れのせいでやけに空いている電車に乗った。いつもと違うペースでなんだかボーっとしていて、ふと前の座席を見ると、毎朝電車でいっしょになるカップルが座っていた。
あはは、どこの誰かも知らないひとだけど、朝も帰りもいっしょだ。しかも向こうは帰りも、まったく朝といっしょのカップルだ。きっと向こうも、「朝のひとだ・・・」って気がついてるんだろけど知らないふり(笑)

 以前にも、せつないことがあった日に人目もはばからず、深夜の電車でメソメソと泣きながら、おセンチワールドに入っていたら、別の「朝のひと」に見られた。でも、向こうもグデングデンに酔っ払っていて、朝の気難しい顔とは別人になっていたのでバツが悪そうだった。(笑)

 「朝のひとたち」との不思議な距離。名前も知らずに挨拶すらしたことないけど、数年毎朝いっしょのメンバー。あっ髪切った、とか衣替えしたなとか、あたらしいバック買ったんだとか、失恋したらしい、とかいろいろお互いに知ってたりする。

うちの父はギュウギュウの小田急線で、毎朝ある駅で必ず席交代をする、という暗黙の約束をいつの頃からか交わしていた「朝のひと」がいたらしい。ある日を境に突然その人の姿が消えてしまい、「リストラにあったのかも」「転勤か?」と見ず知らずの相手に勝手な想像をめぐらせて、けっこう心配していたことがある。(笑)親子だね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログデビュー

ココログ登録してみました。

いわゆる個人サイト的なノリって、インターネットをはじめて、ものめずらしくって片っぱしからいろいろチャレンジしていたころ以来でなんだかテレくさいわ。(笑)

毎日のAtoZとならぬ、は行(注:「はぁ・・・」「ひぃっ!」「ふぅ。」「へぇ~」「ほぉぉぉ」)をつらつら綴るつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年3月 »