« ゴーヤのごとく | トップページ | 手酌 »

世界の中心でザマアミロを叫ぶ

-今日の遠吠え-

勝ち犬友達の社宅奥様仲間の方を紹介された。
いかにもVERYとかの読者モデルで登場しそうな、お嬢様→若い新妻(直行)、って感じの血統書付き勝ち犬の彼女。


負け犬「あたしさ、独り暮らししてみようかなとか考えてて・・・」
血統書付き勝ち犬「そんなぁ!ダメですよ、そんなのっ!」
負け犬「え、何で?」
血統書付き勝ち犬「そんなことしたら、あきらめたと思われちゃいますよっ!!

・・・・・・何をだよ、誰にだよ。
------------------------------------------------------------

カミングアウト。
私は35歳のぶりババです。ぶりっ子ババア。

いや、ぶりっ子っていったって、「いやぁん、ひでぶーわかんなぁ~い」とか「え~ん、ワタシッてとってもかわいそうなのぉ、誰か守ってぇ~ん」(泣きおとし付き)とかそういう、カマトトということでわなくてですね、
そんなことが出来るくらいなら、負け犬にはならないわけです。

いいこぶりっ子。

小さいときから、知らず知らずのうちに「道徳の時間」とか世の中から教えこまされるわけです。

みんなと仲良くしなないこはわるいこですよ
だれにでも親切にね
ひとを恨んではいけないよ
いつも反省のこころをもたなくちゃ
ありがとうやごめんなさいと言えない子はわるいこです
ひとの幸せはいっしょによろこんであげましょう
人類みな兄弟仲良くしよう!一日一善 by 日本船舶協会

そして、わるいこにしてると罰があたるよ!

特に、35歳の負け犬として切実に怖いなって思う罰は、

いつもニコニコしてないとブスになっちゃうよ。
そんなかわいくないこと言うとお嫁にいけないよ。

三つ子を産みたい、・・・いや間違えた、三つ子の魂百までとはよく言ったもので、まだ三十五なのでそういう教えが染みついてるわけです。

だから、すぐ「あのひとは不器用なのよ」「悪い人ってわけじゃなくて、ちょっとこころがアンバランスなだけ」などなど、人から理不尽に扱われても、取り繕ってごまかしてしまう傾向が。

結果、「ごめんなさーいそんなつもりじゃなかたのぉ(泣き)」ってカンジで体裁よく裏切られたり、「仲間だよね、わかってくれるよね、ね、」ってモードでワガママホウダイ振りまわされて、良くしてやって、気が付いたら貧乏クジ引いたのはわたしってなこと、自覚無しでしばしありの人生だったと。バカか私は、とハタと目覚める出来事がありました。

あるひとがどうも不幸な方向へむかっているのではないか、といううわさ話が耳にはいってきました。
純粋そうに近づいてきて、したたかに私をミジメにさせてきたのに、そうやって自分をごまかしてイイ顔してつきあってきたひと。

だいじょうぶかしら?きっと幸せになれるよ!あの人は弱いひとだから・・・っていつもの思考回路がまわり出しそうになったところで、

今まで圧縮されてきた恨みつらみの鬱積抵抗により、ピピッと迂回したんです思考回路が。


ザマアミロ。


えっ、何?!気持ちいい~
もう一回言っちゃおっ。

ザマアミロ~ォォォ

チャメッけで悪びれてとかじゃなくて、心の底から言ってみた。やっぱ、すがすがしい。
素敵な呪文、ザマアミロ♪
いや、もちろん当人にじゃないですよ、おとなですから(笑)

「それでいいのよ。理屈なんかいらない、自分を不愉快にさせるひとは避ければいい、
何でって聞かれたら、楽しくないからと、ただ答えればいい」
友達が言ってくれた。あったり前のことなのに泣けた。

鏡を見てみた。
自分で言うのも何ですが、スッキリいい顔してた。ブスになってなかったよ。

あと、もうひとつ気が付いたんだけど。
こういう快感を覚えて、そうかなるほど負け犬に磨きがかかっていくわけです。

|

« ゴーヤのごとく | トップページ | 手酌 »

おひとりさま、思いをはせる」カテゴリの記事

おひとりさま事件簿」カテゴリの記事

コメント

そうそう、肉体的暴力だけじゃなくて、言葉の暴力を振るうう、バイオレンス野郎は大抵「お前を愛しているからだ」とか「あなたがボクをこんなにさせた」などと後になってナルシズムたっぷりの、美化した言い訳をしますが、要は相手に物を言わせないような圧倒的な圧力で、自己顕示をして自分をなんとか認めさせようとする、卑怯なヤロウです。

投稿: Hideboo | 2004/08/25 02:49

おぉ。ここに書いていたのか!原稿があがるのかと思って待ってましたよ!

そうだね。理屈ではどうもできない感情はあるわね。たとえば、驚くほど誰かに夢中になって話すのも大変で手に汗握る恋心とか。(相手は自分を前にしてガマのアブラのように汗をしたたらせる女は相当不気味でしょうが(笑))

わたしが持っていないすばらしい社交性を活かしつつ、ザマアミロ要素を取り入れて、ますます魅力に磨きをかけてくださいね!

そして。これからあなたは男性のこのみを変えたほうがいい。
本気で変えたほうがいい。

暴力、ナルシスト、マルチ商法、マザコン、花形ばかり好む、おしゃべり、笑顔がいやらしい、偽フェミニスト、同性に空かれないやろーには要注意です。
とくに暴力は許すな!そんなやろーはウンコだ。吐しゃ物だ。暴力はゼッタイに!許したらいかん。正直いって、どんなにいい人で頭よくて金持ちで時に優しかろうが、なんだろうが、暴力ふるうヤツは死んだほうがいい。

そんなヤツをみたら、二人で亡霊を送り込んで差し上げましょう。ふっふっふ。

投稿: ぽー | 2004/08/24 23:18

カミングアウト、もうひとつ。
私は多分かなり執念深い性格です。気持ちの切り変えが下手くそで、一度あったいやな事を何度も何度もこころの中で反芻するタイプです。

うらめしやという気持ちに目をつぶって、
心のひろいフリをして(そういう時は自分でも本当に自分がいい人のつもりになってるのですが)、実は心のうんと奥底の暗闇で、相手が「こんな善良なあなたを傷つけた私は悪党です」と敗北感をいつか味合わうときを待ち続け、しがらみからなかなか離れられないことがあるのです。まったく怖くてしたたかなのは実は私ですが。(笑)

恨みつらみでこころがいっぱいになっちゃた時、自分自身もだまして(ブリババはそんな汚い自分とはつらくて向き合えない)そんな風に、体のいい逆転チャンスを、もやもやと過去に執着しながら「さもしく」待ち続けて過ごすのか、
それとも、たとえば「ザマアミロ!」って叫ぶチャンスがあったら、思いっきり叫んで、ああ、私はコイツが大嫌いなんだ、スッゲームカついてるんだ、ばーか、ばーか、いい気味だ、もう泣きついたって助けてなんかやらないんだから、ご勝手に、けっ。
って、悶々とした気持ちに折り合いをつけ、サッパリ決別して、凛とした気持ちで背筋を伸ばしていられるか。

私にとってこの「ザマアミロ」は、そういうことです。

元祖ぽんちさんに「最近気持ちよかった『ザマアミロ』は?」って聞いたら「ん、交通マナーの悪いバイクがいて、コケろって思ったらホントにコケたときザマアミロって思いましたね」って言ってました。ザマアミロなんてそんなもんです。自分と関係ねーや、たいしたことねーやって、距離に思える人や、出来事であるということの証でもあります。

どろっとした暗い自分と向き合ってそんな自分を受け入れるのには勇気がいります。
「考え方や見方を変えて」なんて理屈ではどうにもならないような切ないことや、やるせないことがあったとき、こういう選択もあると思うのですよ。

投稿: Hideboo | 2004/08/24 02:36

私小説ですね。
私はとある人物から「狂犬」と呼ばれた経歴をもっているので人さまの人生設計にとやかく口を出す資格はないかと思いますが、「勝ち負けは棺おけに入るときに決する」ということが真理だと思っています。今この年代で勝ち負けを論じていてもしょうがないでしょう?って思っています。

さもしいやり方で人生を選ばないようにしてください。

投稿: tomizo | 2004/08/23 08:35

実にすがすがしい記事をありがとう。物書きになりたまえ。あのくだらん負け犬本に対抗するのだ!おほほ。

人生に勝ち負けなんてない。勝ちの人生ってなんだ?人それぞれじゃないかー。ねー。
バランスとは思うけど、協調性ある中で、やっぱ時には相手の頚動脈を狙うぐらいの生き方でいいと思う。所詮人間も動物なのだ。(弱いものを食えといってるのではない、誤解ナシね★)

hidebooの社交的なところ、わたしにはない部分で、華やかで人を集める魅力ってすごいなーと思っている。その素敵な魅力をこのまま生かしつつ、もっともっと幸せに自由に生きられるよう、応援しとります。

猛禽類?といわれるわたしの生き方はあんまり参考にならないので、このへんで・・・。ヽ(⌒o⌒)丿

投稿: ぽー | 2004/08/22 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3276/1246969

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の中心でザマアミロを叫ぶ:

« ゴーヤのごとく | トップページ | 手酌 »