« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月

EXPACK500

-今日の遠吠え-

まだ、メールなんて無かった学生時代の話。ある朝教室に行くと、今思えば負け犬キャラのクラスメートがカリカリしながら落ち込んでいる。
どうしたのかと、問えばつきあっていた人から別れの手紙が速達で送られて来たという。
彼女はふられたとか別れたとかいうことより何より、速達で送られて来たことにショックを受けていた。
そんな、ソッコでケリつけたかったのかよ、って。

名前も忘れちゃった彼女ですが、今は勝ち犬に這い上がれているのでしょうか・・・。
------------------------------------------------------------
ずっと、気になってた郵政公社の新サービス「EXPACK500」を使ってみた。
20040930expac.jpg
この封筒を郵便局の窓口で500円で買うの。そして、中身は重さに関係なく、いくらでも入るだけ詰めてよくて、何が便利って、ポストに入れられる!ただし欲張って詰めすぎちゃってポストの口より厚くなっちゃたら物理的にダメだけど。(笑)
封筒にはあらかじめユニークのナンバーがついていて、その番号で荷物の配達追跡確認もできるの。そのナンバー部分はメモ欄がついたシールになっていて、発送前にはがしてちょこっと手帳とかに張っておける気の利き様。う~ん、やるなー郵政公社、とちょっと感心してしまいました。

私の担当業務では、一般コンシューマのお客様に時折、こちらの都合でものを送り返してもらうなんてことがある。
今まではそういうときは、一般の運送会社に回収依頼手配をしたり、当方着払いの伝票をあらかじめ送付したりしていたのですが、業者回収だったらご本人ご不在はNGだし、そうでなければお客様に指定の配送業者取り扱い店を探していただいたり、ご自身で運送業者にピックアップしてもらう手配の手間をかけてしまう。
これなら、ポストに入れるかお近くの郵便局へお願いしますで済む。さっそく独断で業務用に数枚準備した。

どこにでも昔からあるポストを活用する。そりゃあ民営企業にはない、もともとのインフラがあるからこそなせる業ではあるわけですが、でもそれをいかに利点として生かすかかというサービスに結びつけたアイディアの勝ちでしょう、という気がします。
郵政公社のこの調子、ヤマトの有富さんも、こりゃヤバイぞと真剣になるわけです。

20040930expack2.jpg
さらに、わたしがほっほぉ~と関心したのは、洗練されたデザイン。前述の問合せ番号シールにしろ、使い方のピクトグラムもなかなかではありませんか。
ユニバーサルサービス義務とか業界不平等競争とか、そういう難しい問題は政界財界のおじさま方におまかせしてて、無責任に郵政公社がんばれ!と一消費者の私としては思ってしまします。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

寄せ寄せ詐欺常習犯で、すみません。

-今日の遠吠え-

「負け犬が つけてリベンジ 勝負ブラ」

トリンプインターナショナル・ジャパン インナーウェアにまつわる川柳入賞作品より

私としては寄せ寄せ詐欺誰のためって 念のために、山田君、座布団3枚!です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

LOVERS

-今日の遠吠え-

40歳少し手前の非常に結婚願望の強い方と、その昔ちょっとだけおつきあいをしたことがある。
結構、一生懸命にアプローチしていただいて、正直いって超有頂天で3回目ぐらいのデートで、チャン・ツィイー主演の「初恋の来た道」をいっしょに映画館の最前列でみた。スクリーンいっぱいの初々しいまだ19歳のチャン・ツィイーがひたむきに恋をする、超純愛ストーリーだ。映画が終わるとおっさんの彼のひとみは涙ぐんでいた。
おうちに帰ったら、彼からメールが来ていた。

sub:本当の気持ち
やっぱり、本当に好きなひととではなくちゃと思います。

ごめんなさい。

・・・・・・・。

------------------------------------------------------------
またまた、少し前の話になりますが、金城&チャン・ツィイー主演の「LOVERS」を見に行った。

1.マトリックス冬ソナロミオとジュリエットがいっしょになったみたいな映画だ。

2.金城君はものすごくかっこよかったけど、ラストシーンの鼻血面が悲しかった。
20040926takeshi.jpg

3.チャン・ツィイーのおでこについている赤い印は、あんまんの真ん中についてるマークといっしょだ。
20042926chan.jpg

4.何はともあれ、チャン・ツィイーは強く美しい。よし、やっぱり再び、チャン・ツィイーを目指そうと思った。

5.彼女は私と十も歳がちがう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

言いたいことはわかった

-今日の遠吠え-

いかに、なぜわが身が負け犬か云々を夢中で熱く語ったたら、がぽつりというのです。「えっと、負け犬の女の人に、あたし負け犬なんです、って言われると、どう答えていいかわからないんですよね。それって、

「ほら、オレってハゲてるじゃん」って言われたのとおんなじで。
------------------------------------------------------------
20040925syouyoujyurin.jpg先週の話になるけど、(更新サボってたのでネタたまってます、笑)久しぶりに大好きなMちゃんとおんなふたりデート。
銀座の欅というダイニングバーへ行ったの。ちょっとあまり飲んだことのないものをオーダーしてみたくなって、カクテルメニューを覗くと、カタカナが並ぶ中に照葉樹林ていう名前が。

私:「これって、どんなお酒だろう・・・」
M:「ん~、きっと林檎の味とかっぽいんじゃないかな。」
・・・・・・・・・・。


Mちゃんの頭の中での連想3段活用。

 照葉樹林
   
 樹木希林
   
林檎殺人事件

きっと、たぶん間違いない。

照葉樹林は抹茶のリキュールをウーロン茶で割ったカクテルです。
20040925maccha.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

世界にひとつだけの花じゃない

20040906w_maki.gif

今日の大発見です。巷の皆さんはもう気づいていたのでしょうか。

名前のみならず、そっくり です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

武将なオンナ

わたしの大切なパートナーさちえがとうとう始めました!
彼女は私より10近くも若いのに潔くつよいココロと、たおやかかでしなりあるココロを備えた「武将なオンナ」です。
わたしは、「不精なオンナ」です。お後がよろしいようで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

カオタイの夜、そしてturningpoint

20040904kaotai.jpg金曜日の晩に高田の馬場のタイ料理店「カオタイ」へ久しぶりに行った。ここは本場風というよりはどちらかというと、素材も味付けも日本人向けにアレンジされている食べやすい。
・・・のせいか馬場という立地のわりには店内はうちの会社の某部長好みの(笑)華奢なミディアムヒールに膝丈スカート、カーディガンの小さなボタンを2つくらいだけ留めてて、流し気味の前髪あり、というそつの無いカンジのOLがいっぱいだった。こういう女性が最近同じ顔に見えて見分けがつかないのは、「TOKIO」まではわかるけど、嵐以下をシャッフルされても多分わからないのと同じ理由だ。
と、話がそれたけど、そんなことを考えながらメニューを覗くとどうもシェフが変わってしまった模様・・・(不安)。でも、定番で注文するパイナップルチャーハンは変わらぬおいしさでございました。食い散らかした後で、おっと忘れたと、写真におさめてみました。見苦しくてすみません。

20040904turningpoint.jpgあー、今夜は気分がいい。思い切って仕事もほかの用事もキャンセルして楽しい食卓にありつけて、ふむふむ。と満腹感を満喫しつつ、新宿駅で電車をまっていたら、目の前に、私の人生にとても影響を与えている人の思想をはぐくんだ学園と、私が受験に失敗した学校(多分はじめての大きな人生失敗体験だった)と、結果選んだ、私が卒業した学園の広告が並んでいた。あはは、おもしろい。うーん私が彼女に習ってその学校にチャレンジしていたら・・・、もし受験であの問題が解けて第一志望の学校に行っていたら・・・、あの学校であのひとに出会わなければ・・・、私はどんな風に今を過ごしていたのかしら。などとやや酔っ払ったあたまでぼんやり空想にふけった。今夜楽しくごはんを食べなかったら・・・、あの時違う振る舞いをしていたら・・・。どれも、これも、小さな選択だけど、そんな風に想像してみると、毎日Turningpointの積み重ねで成り立ってるのね。う~む、楽しい!と酔っ払うと非常にポジティブというか、躁状態になってしまう危険な私。
さて、こんな風に日常を空想で楽しんでみたい方には、この映画おすすめです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »