« 先週のおもひで | トップページ | 武将なオンナ »

カオタイの夜、そしてturningpoint

20040904kaotai.jpg金曜日の晩に高田の馬場のタイ料理店「カオタイ」へ久しぶりに行った。ここは本場風というよりはどちらかというと、素材も味付けも日本人向けにアレンジされている食べやすい。
・・・のせいか馬場という立地のわりには店内はうちの会社の某部長好みの(笑)華奢なミディアムヒールに膝丈スカート、カーディガンの小さなボタンを2つくらいだけ留めてて、流し気味の前髪あり、というそつの無いカンジのOLがいっぱいだった。こういう女性が最近同じ顔に見えて見分けがつかないのは、「TOKIO」まではわかるけど、嵐以下をシャッフルされても多分わからないのと同じ理由だ。
と、話がそれたけど、そんなことを考えながらメニューを覗くとどうもシェフが変わってしまった模様・・・(不安)。でも、定番で注文するパイナップルチャーハンは変わらぬおいしさでございました。食い散らかした後で、おっと忘れたと、写真におさめてみました。見苦しくてすみません。

20040904turningpoint.jpgあー、今夜は気分がいい。思い切って仕事もほかの用事もキャンセルして楽しい食卓にありつけて、ふむふむ。と満腹感を満喫しつつ、新宿駅で電車をまっていたら、目の前に、私の人生にとても影響を与えている人の思想をはぐくんだ学園と、私が受験に失敗した学校(多分はじめての大きな人生失敗体験だった)と、結果選んだ、私が卒業した学園の広告が並んでいた。あはは、おもしろい。うーん私が彼女に習ってその学校にチャレンジしていたら・・・、もし受験であの問題が解けて第一志望の学校に行っていたら・・・、あの学校であのひとに出会わなければ・・・、私はどんな風に今を過ごしていたのかしら。などとやや酔っ払ったあたまでぼんやり空想にふけった。今夜楽しくごはんを食べなかったら・・・、あの時違う振る舞いをしていたら・・・。どれも、これも、小さな選択だけど、そんな風に想像してみると、毎日Turningpointの積み重ねで成り立ってるのね。う~む、楽しい!と酔っ払うと非常にポジティブというか、躁状態になってしまう危険な私。
さて、こんな風に日常を空想で楽しんでみたい方には、この映画おすすめです。

|

« 先週のおもひで | トップページ | 武将なオンナ »

おひとりさま、思いをはせる」カテゴリの記事

おひとりさまの徘徊」カテゴリの記事

おひとりさまの食卓」カテゴリの記事

コメント

カオタイは普通の、かそれ以下のタイ料理屋になったよ!
今日ね、馬場つながりの人と夕飯食べてきたんだけど、その人にきいたら、やっぱ2ヶ月前くらいに行ったときに「なーんかまずっーっ」て思ったから行かなくなったって言ってたよ。

せっかく安くてよい店だったのに、残念。次回はバンタイにいくしかないね!

★看板の写真の一番右の学校。これ、ぼくの母校です。学部違うの、ぼくは御茶ノ水だったの。学校ってあんまし興味なかったから、何で有名とか、学業レベルとか、そういうの知らないんだよね。^^; 学校うんぬんより、学校で出会う人、とか、思想とか、そういうのが人生に大きな影響を及ぼすよね。

投稿: ぽー | 2004/09/05 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3276/1362516

この記事へのトラックバック一覧です: カオタイの夜、そしてturningpoint:

« 先週のおもひで | トップページ | 武将なオンナ »