« ダメダメ健康診断 | トップページ | さんまごはんとツイングリラー »

負け犬だけど涙がでちゃう、
だっておんなのこだもん。

-今日の遠吠え-

昔友達だった男が熱い目で語った。
「その子が俺の前で辛いと泣いたのを見たときは、何でもしてあげようと思って。」
彼と同じ職場のある女性がとてもひどい境遇でかわいそうだというのだ。

聞けば、派遣で配属されたチームが嫌なやつばかりで、自分が思っているような仕事をさせてもらえない。ということらしい。ふ~ん、別段大した能力があるわけでも無いみたいなのに、三十路面さげてナルシストで思い上がった女だなと思った。いかにも情にもろそうな彼の前で涙するなんて、けっこうシタタカだなとも思った。

「いや、ほら彼女って意外に自分があるタイプっていうか。」
こいつバカだ。はたからどんなにチンケに見えても自分が無いやつなんていない。
要は艶に溺れて、公私混同も辞さない勢いの彼。ちょっとみっともなくて、やっかみ半分で言ってみた。
「でもさ、彼女甘ったれてるよね。あたしはもっとひどい状況だったけどね。」

「いいんだよ、あなたは強いから。」

なんだかものすごくムカついた。
------------------------------------------------------------
本棚の整理をしていたら、「だいじょうぶたいしたことないから」という本が出てきた。もう6~7年前、30代突入の不安とともに、身もこころもボロボロに疲れて、前の会社を辞めるときに、職場のデザイナーの女の子がお餞別にくれた本だった。別段特に親しいという間柄でもなく、感受性の強そうなその彼女のほうが人目もはばからず仕事中に泣いてたりして、私のほうが「おい、大丈夫かよ」と慰めたくなるような感じの女の子だった。私の表向きの退職理由は、方向転換と健康上の理由であったけど、そんな彼女はこの本を突然プレゼントしてくれた。
たしか、当時はあまり意味のわからない部分が多くて、ふ~んぐらいの感じで本棚の奥で眠っていた。
今になってもう一度読みかえしてみたら、ものすごく感動した。
すぐに本屋にいって、著者伊藤 守氏の本をまとめて2冊も買った。

しかし、この手の本を本屋で買うのは実に恥ずかしい。
「あたし、悩んでるんです。」って言ってるみたいで。
裏返してみたり、あんまり読みたくもない堅めのビジネス書なんかの間に挟んでレジに出してみたりしてしまう。エロ本買う男子の気分だ。この間仕事の関係で週間プレイボーイを買ったときのほうがまだ堂々としていた気がする。(笑)


人は人にとって最高の味方です。
同時に、この百年で人が人を殺した数は1億人以上になります。
トラやライオンよりも危険な相手です。
だからといってひとりでは生きられない。

だからこそ、わたしたちは悩むのです。

伊藤守著「だいじょうぶたいしたことないから」より


正しいこと言ったら、反発食らうよ。
だって、相手も正しいから。

ひとは正論なんかじゃ動かない。
感情だけでも動かない。

ひとは、意気に感じて、動きます。


わたしも主役。
あなたも主役。
みんな主役。

あなたにとっては、
ほかのひとはみな、脇役でしょうが、
ほかのひとにとっては、あなたが脇役。
全員が主役ではやりにくいのですが、
そいういことですから、
そこから始めることにいたしましょう。

同氏著「いまここから始めよう」より


「ただいま、被害に遭いました」
芳しくない出来事に遭遇したら、
こころの中でそう言っています。


すべてよかった。あなたの選択はすべてよかった。
正しかったかどうかは知らないけれど、でも、よかった。

そのときそのとき、できうる最高の選択をしてきたのだから。
ほかに選べるものなんてなかったのだから。


きみが死んでも、世界は変わらない。
でも、きみが生きていれば、世界はきっと変わっていく。

同氏著「ご機嫌の法則100」より

|

« ダメダメ健康診断 | トップページ | さんまごはんとツイングリラー »

おひとりさまの読書・映画・芸術鑑賞」カテゴリの記事

コメント

ぎゃはは、ぎゃはは。面白かったよ、ponchiちゃんの記事にコメントしといたよ。見てね。

投稿: hideboo | 2004/10/16 23:42

poncciちゃんのページにHANAGE(鼻毛)ネタがあがってました。でね、そこのコメントにあったリンク先、これ勉強になりましたよ。
http://poncci.tea-nifty.com/hanage/2004/10/post_9.html

わたくしが、ろくでもない殿方らのことを時に「うんこ」と呼びますが「鼻毛」って呼ぶ場合は国語的にも正解らしいわっ(笑)勉強になったよ。見てごらん。

投稿: ぽー | 2004/10/16 21:14

おかえり!ぽー。いや、私は悩んでるのか?(笑)
そうだな、「居心地が悪い」という心理はすこし当てはまるかしら。
おすすめ本、さっそく注文してみました!楽しみだな。

昨日ちょうど、お友達と最近こころが病んで苦しそうなひとが多いのはどうしてだろうねぇ、という話をしていたの。
きっと、世の中が物質的に豊かになって、明日ご飯食べる心配とかしなくてよくなったかわりに「満たされて生きる」だの「自分探し」だのつかみ所や本当は到達点なんて無いかもしれないわかりにくいことを、追い求めるようになったからかもねぇ、なんて。

伊藤さんの本にこういうフレーズもありました。

この問題さえなくなればきっとうまくいく?
たぶんね、
次の問題がもちあがるまでのつかの間は。

問題なのは悩みが多すぎることではなくて、
むしろ、少なすぎること!

投稿: Hideboo | 2004/10/11 21:27

補足ですー。
わたしがこの本を知ったのは、弁理士のお友だちから
「読んでごらん、普段の生活に役立つよ、きっと」と言われて読んだ本です。実際そうでした。
悩みがあるなしにかかわらず、普段なんとなく感じてることとか、思っていることが活字になっていて、頭が整理されたり、普段ちょっと居心地悪く感じていることがまったく違うものになったり、と、発見がありました。

人生、哲学なんですなー。へへ。*^^*

投稿: ぽー | 2004/10/11 18:07

やぁ!こんにちは。

悩めるhidebooへ。
読んだときに、いい本だなぁと思った、素敵な本があるのでご紹介します。すっごく薄いからささっと読めるけど、発見があるし、きっと役立ちます。

アドラー心理学入門 (岸見一郎)
ISBN4-584-10312-7

わたしも読み返してみようかな。

投稿: ぽー | 2004/10/11 13:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3276/1638791

この記事へのトラックバック一覧です: 負け犬だけど涙がでちゃう、
だっておんなのこだもん。
:

« ダメダメ健康診断 | トップページ | さんまごはんとツイングリラー »