« 訂正:地震の夜の「思い出」(笑) | トップページ | 無意識の差別 »

なぜ手が好きかって

-今日の遠吠え-

ぽーちゃんは手のきれいな男のひとに弱い。私も男の人の手が大好きだ。
なぜ?って思ったら竹内久美子著「私が、答えます」に答えが書いてあった。

人間の体がつくられる時、遺伝子達がそれぞれ、たとえば私は髪の毛!私は心臓!とか一個の仕事しか担当していないわけではなくて、ひとつの遺伝子が複数の仕事を受け持っているらしい。だいたい、心臓とか脳みそとか生命維持に重要な役割を果たすパーツを形成する仕事と、髪の毛とか指とか、まあ無くても命にはかかわらない部分の軽度の仕事とを掛け持つように、バランスよくできているという。まあ、神様ってすごい。

で、なぜ手に異性の魅力を感じるひとが多いかといいますと、

生殖器を受け持っているのと同じ遺伝子が、手を作る仕事をしている

からだそうです。どきどき。

-------------------------------------------------------
先週の日曜日、念願の「人体の不思議展」へ行ってきた。
ナマの脳みそも触ってきたよ!

「隠れテッちゃん」同様、ずっと忘れていた、というか自分の中で無意識に隠蔽していたのかもしれないが、私はけっこう「人体フェチ」だということを思い出した。

子供のとき家にあった小学館のこども百科事典全24巻のうち、「昆虫の世界」とか「数字の不思議」とかはほとんど開いたことが無かったのに、忘れもしない第10巻「ひとのからだ」だけは背表紙がボロボロになるまで何度も眺めていた。

おとなになっても、鍼灸院で横になると先生のおしゃべりも上の空で壁に貼ってある、ツボと神経の分布図みたいなやつばかり見つめてしまう。
嗚呼、人体模型大好き。

ひととおり、皮を剥かれたり、輪切りにされつつも、芸術的なポーズをとった本物の人体のすばらしさを堪能し、出口の売店までたどり着いたら、はしゃいでる私とは裏腹に途中で気持ち悪くなっちゃったぽーちゃんが、「ねーねー、hidebooの好きそうなものが売ってるよ。」と手招きする。

↓3,000円の出費も惜しまず、迷わずGet。

20041027model_1.jpg
箱を開けると、手書きの組み立て説明書が入っていた。多分手作りだ。
この、薄紙でくるんだ紐の結び方もなんともいえない。

20041027model_2.jpg
ばらしたところ。

20041027model_3.jpg
ほんとうに、人間のからだって無駄なくうまくできてると思う。

ビバ人体!

|

« 訂正:地震の夜の「思い出」(笑) | トップページ | 無意識の差別 »

おひとりさまの徘徊」カテゴリの記事

おひとりさまの発見」カテゴリの記事

おひとりさまの読書・映画・芸術鑑賞」カテゴリの記事

おひとりさまの買い物」カテゴリの記事

コメント

 そうですね。怖いとか気持ち悪いと思うのは、実は失礼なことかもしれませんね。献体する人は偉大です。
 中国の博物館の話がありましたが、タイは死体について、とてもオープンです。初めてバンコクいったとき、普通のトラックの荷台におばあさんを載せて走っているのを目撃しました。(観光バスに乗っていたときなので、よく見えてしまいました。)また、タイにも犯罪博物館、外科博物館という有名な博物館があります。googleで"タイ" "博物館"で検索すると、展示物の写真まででてきますので、家族が寝静まった夜、一人で見てください。
 それから、同じ遺伝子の話で、もしかして関係あるかも、と思ったこと。
 脳には表面には感覚領域というのがあって、体の部分部分に対応しています。で、生殖器と足の指の感覚領域は隣り合っているそうです。頭のてっぺんあたりです。(出展 脳の中の幽霊 V.S.ラマチャンドラン)

投稿: gishi | 2004/10/28 19:06

ほんと、単なる標本というよりは、いろいろなポーズがつけてあったり、あと意外と皮を剥かれてもそれぞれ表情が違うんですね、生前の面影がうかがえるというか。
残酷に感じるかと思ったら、みなさん自身の強い意志で献体をされているということでしたので、何だか堂々として、変ですが、「かっこいい!」とちょっと思ってしまいました。

中国の有名な博物館の標本は犯罪者や死刑囚になった方のものらしいですね。行ったことはありませんが、きっとそっちは晒し者見たいに感じて直視することができないかもしれないなーなんて感じています。

投稿: hideboo | 2004/10/28 14:55

 2000年に開催された人体展に一度行きました。その感動をポーに伝えたのですが、理解してもらえませんでした。前回はほとんど、西洋の人の標本だったのですが、今回は、アジアの方の標本が多いみたいで、身近に感じすぎて、怖いと思ってしまいました。前回はなんともなかったのに。

投稿: gishi | 2004/10/28 13:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3276/1792511

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ手が好きかって:

» jazzとクッキーと美しい手 [ぽーの発見]
宣言どおり、ピアニストのクッキーに会いにでかけました。 今日は五十里健さん(T/ [続きを読む]

受信: 2004/10/29 00:53

« 訂正:地震の夜の「思い出」(笑) | トップページ | 無意識の差別 »