« 「将来の夢」 2年3組 阿部秀子 | トップページ | ぬりえな恋 »

怪奇!続・日光リアル怪談

実はお家に帰ってひとりになってから、さらに不思議なことがおきていることに気がついた。不思議現象については、ぽーちゃんの記事を読んでください。

ぽーちゃんけいぽんちさんtomizoさん といっしょに、日曜日は節分の前にと日光輪王寺と東照宮にお参りにでかけた。
私は、朝一番からあり得ない失態で皆さまにご迷惑をかけてしまったけれど、でもなんとか日光までたどりつき、幸せを一日中祈ってまわり、こころ洗われる楽しい1日でした。

さて、自分の部屋に帰って、あ~楽しかったくたびれた、と来ていた服を着替えて、パンツをハンガーにかけてしまおうとした。すると・・・

あれ?パンツのウエスト部分が何かガサゴソして上手く折り山が折れない。

ポケットに何か入れっぱなしなのかしら・・・とポケットに手を突っ込んでみるが何も入っていない。どうも裏地と表地の間に何か挟まっている。
あらら、ベルト芯あたりがクリーニングではがれて飛び出したか、品質表示タグか何かが丸まってるのかな?と手探りで服地の表からカサコソもんでみる。

20050130_pants

うへっ!なんだコリャー!!!

突然、鮮やかな緑のトゲトゲがビョッと裏地を通して飛び出してきた。まるでオカルトだ。
何?何?こわごわ、そろ~っとパンツのすそから表地と裏地の間に手を通し探ってみる・・・
こわいこわい、何が出てくるの・・・・
恐る恐るひっぱりだすと、それは杉の葉っぱでした。

20050131nikko_hinoki

日光からついてきたの?
でもありえない!裾ならともかく、こんな腰の位置から。しかも、表地と裏地の間だ。
記憶をたどってもずっと参道を歩いていた。茂みや林を歩き回ったりしたわけじゃないのだ。

20050131nikko_pants2

不思議、不思議、摩訶ふしぎだ。
なんだか、ゴミ箱にはポイッっとは出来ず。今はリビングのキャビネットの高い位置にお祀りしてある。

ところで、私は日光で自分が今年実は大厄であったことを知った。

|

« 「将来の夢」 2年3組 阿部秀子 | トップページ | ぬりえな恋 »

おひとりさまの徘徊」カテゴリの記事

おひとりさま事件簿」カテゴリの記事