« 金をやるから産んでくれ | トップページ | 負け犬についてのうわさ »

負け犬愛を注ぎまくる

- 今日の遠吠え -

愛はある。愛を注ぐ場所がないだけ。

何かの映画かTVで聞いたセリフより。

-------------------------------------------------------
って、ことで現在この子に愛を注ぎまくっています。
自分でもびっくりするぐらいにたっぷり愛を注いでいます。
あんなに大嫌いだったコオロギを、生きたままバリバリ音を立てながらほおばる姿さえ、本当に愛しい。

|

« 金をやるから産んでくれ | トップページ | 負け犬についてのうわさ »

おひとりさま、思いをはせる」カテゴリの記事

コメント

はじめましてりんごさん、アクセスありがとうございます。

ほんと、もうすこし時がたったら、私たちのような独身女性についてはどんな風に世間から見られるようになるんでしょうねぇ。

「負け」という皮肉をこめた表現をあえて使って評されるところに、私は以前に比べて世間からの多少の羨望が実は含まれはじめているんじゃないかと感じているんですよ。今までだって、いわゆる「いかず後家」と言われるひとなんていっぱいいたのに、あらためて流行となって世間に注目されている。

人間本当に深刻に哀れだったり恵まれていない境遇のひとには意外にそんな皮肉なことはいえないものでしょう。

気軽に「かわいそう」なんて口にするときって、大抵「わたしのほうがまし」っていう気休めみたいな優越感を味わっていることが多いと思いませんか?

で、このブーム渦中の境遇にあたる当人も含めてあと半分のひとは言葉尻に踊らされて「負けなんだ」とまんま受けとめて焦ってみたり、あざけ笑ってみたりしている。

生き方や幸せの感じ方が多様化している今のおもしろい現象だと思っています。

「負け犬の遠吠え」の著者酒井順子氏も言っているように、人間も生き物だから、ひとりよりつがいでいるほうが自然で心満たされる状況ではあるけれど、でも今その状況が無いなら、ほかの動物と違う人間だからこそ、もっと別の満ち足りた生き方だっていいじゃない?ワンワン(笑)

また、是非遊びにいらしてくださいね。

投稿: hidebboo | 2005/03/27 13:09

はじめまして・・

私、負け犬らしいですっ。。
40代になったら、今度は、なんて言われるのかな??
って、考えてるアホな私ですっ

TVドラマの「負け犬の遠吠え」観てないので、観てみたい
実は、和田 秀樹さんの35歳からの玉の輿道がとても気になってますっー

愛もない私は、愛を注ぐ場所もいらないんだっー
寂しいですね、こんな人生?!

これからたまに、おじゃましますっー

投稿: りんご | 2005/03/25 16:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3276/3373697

この記事へのトラックバック一覧です: 負け犬愛を注ぎまくる:

« 金をやるから産んでくれ | トップページ | 負け犬についてのうわさ »