« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

クリスマスひとりでたのしみました。

クリスマス終わっちゃいましたね。

そういえば、25、6の頃のクリスマス・イブのおもいで。

ユーミン♪ごとく、いつの頃からかおとなになったら私にだってサンタが迎えに来るはず、と信じ続けて早幾年。
いくら待っても毎年クリスマスには何も起こらない。
なぜかその日の朝は、根拠も無く今年ぐらいはそろそろサンタが来るだろうという気がして、何のアテも約束も無いのに、ちょっとおしゃれして仕事に出かけた。

さて、終業時間が近づいて、当たり前だけど何も起こるはずもないことに気付く。
せっかくおしゃれして来たのに、まっすぐ家路につくなんて何だかな。
まあ、まつりの夜だしいつもの職場の飲み仲間のひとりやふたりはつきあってくれるだろうと気をとりなおし、

「ねぇ、今日はイブだし、ちょっとご飯でも食べて帰らない?」とみんなに声をかけてみたが、

「今日は約束あるから。」と今日に限って総スカン。

ちぇっ。

みんなちゃんとサンタがいるのね。どうしていつまでたっても私にだけはサンタ来ないのさ。
と、ちょっと淋しいイジケ気分で、あきらめてとぼとぼとまっすぐ家に帰ることにした。

うちの母はこどもの頃から、ひなまつりだ、土用だ、冬至だ、クリスマスだってときにはちゃんとイベントにちなんだごメニューをいつも用意してくれる。
勤めに出てからは寄り道して帰ることが多くなり、そんなご馳走をスッポカして母の機嫌を損ねてばかり。
今日ぐらいは、お家でママのご馳走を食べよう。きっとチキンのモモ肉のローストに、お母さんなら今日は特別にあの、コックさんの帽子みたいな紙のフリフリなんか付けてるに違いない!

とさらに気をとりなおして家につくと、なぜか珍しく真っ暗。

鍵は閉まってるしピンポン押してもだれも迎えに出てくれない。
しょうがないので、自分でカギを開けてキッチンに行ってみるけど、ご馳走のごの字どころか、夕飯の残骸すらない。
どういうこと?
しょうがないので、ひとりのクリスマスディナーは食卓の横においてあった8個入り178円ヤマザキバーターロールだ。

ボソボソとバターロールに噛り付いていると、楽しげに両親が帰ってきた。

「あら、あんたどうしたの?今日はクリスマスだしご飯でも食べてくるかと思って何も用意してないわよ。お父さんとたまには、って近所の教会のクリスマス礼拝に行ってみたの~。賛美歌よかったわよぉ。」

ほんとうに、ほんとうにミジメなクリスマス・イブでした。

あれから、似たようなさみしい夜を毎年過ごし。
ひとりでクリスマスを楽しむすべを身につけました。

Xmas2006

今年は「チキンの狩人風」を作ってみました。
前の晩にチューボーですよ!でやってたから。

テキトーにつくったわりにはよく出来ました!おいしかったよ!

左にあるのは、何と柿のポタージュ。
私は甘いものが苦手で、フルーツの消費も遅いので最後のほうはいつも熟れ過ぎちゃうのです。
この間、柿のサラダを作ったらおいしかったので、スープもいけるかも・・・
と思いつきで作ってみました。

よーく炒めたたまねぎと少量のジャガイモ。それからキモはクリームチーズをちょっと入れてみました。
あとは、普通のポタージュの要領。これ大成功でした!
ちょっとほの甘くて淋しいこころも温まりました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

198円のトリック

自慢じゃないがよく、
「若いですね〜!全然そんな歳に見えないですよ。」
と言われるほうだ。

でこの間、男子数人と雑談中に、
「ねぇねぇ、あたし『28デース』とか言っても通用するかな?!」

ほんとは37だけど。

と、くだらないことを聞いてみた。

「いやぁ〜、それは無理でしょう。」と
中でもいつも辛辣モードなひとりがズバリ。

「やっぱ、無理かぁ。つい最近までは『20代で全然行けますよ!』って言われてたんだけどなあ…(:_;)」
「あ、でも29歳なら通用しますよ。」

「え、ほんと!!あたしそんなに若く見える?!」

「29歳なら、まあほとんど30だし、こんな感じもありかと思うけど、28だと、え〜20代?そりゃないでしょ、って思うんですよ。29ってビミョーなんですよねぇ。」

だ、そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「後ろはこんな感じで。」

デジタルパーマなるものをかけてみました。

すごい時間がかかります、なんとロットに電極みたいなコードをいっぱい繋ぎます。白黒の昭和の映像に出てくる「バーマネント」みたいだ!
でも最新。とってもナウいのよ。

3時間かけて、さて仕上がりは…

「後ろはこんな感じで…」

合わせ鏡を見て愕然。
脇のところ下着の線の上に立派な背中の肉がでろんと乗っかっていた。

ここ数カ月、背なに贅肉がついてきたことは十分自覚しているつもりではいたけど、ここまでとはショックだった。

背中の肉ばかりが気になって、ヘアデザインのポイントだのブローの注意点だの、上の空ですっかり忘れちゃった!嗚呼。


1.おうちで後ろ姿をチェックする時はたいてい着替えの後とか立ち姿で比較的姿勢がよい。

2.合わせ鏡なんてしない。振り向いて鏡を見てる=背中に力が入っている。


お背中チェックのポイントと注意点だ。


デジタルパーマ。
髪の質感をこわさずに、自然にウェーブ感が出て、髪の細い私にはなかなかいいみたいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »