« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

枕のいいわけ

新しいおとこがうちに居ついています。

バレンタインの日、家にはじめてあがったときは緊張してか、

20070223osaru2
「あ、おかまいなく。」

と最初はかしこまっていましたが・・・
お風呂から出てきてみたら、ちゃっかりわたしのパジャマに勝手に着替えて、

20070223osaru
「ねえ、早く、こっちへ来いよ・・・」

これで、3歳児から小学生まで、うちにたずねて来たこども達の共通の質問
「なんで、まくらが2つあるの?」にもどうどうと回答できるわけです。

そもそも、キャラクターだのヒラヒラだのキラキラだの、いわゆる「カワイイ系」があんまり心に響かないたちの私が、まさかおうちにこの子を連れて来てしまうなんぞ自分でも意外な行動でしたが、このサイトを見ているうちにこころが大きく彼にゆらいでしまったのでした。


ひとり暮らしのおとなの女性がぬいぐるみをおいたらおしまい、ネコかったらおしまい、とよく言われました。
きっとそういうのが好きなひとは、ひとりが淋しいから持つのだろうとか、はたまた若さへの潜在的な未練から女の子っぽさを捨てられず「ぬいぐるみ大すきー(なあたしが好き)」とか、そういう心理なんだろうと想像してました。

でも、実際にいっしょに暮らしてみるとちょっと違うの。

楽なんです。

相手の気分とかきにせずギューと抱きしめても、好き勝手にいろいろ話しかけても、「そうなの、そうなの、そうなんだー」っていつでもご機嫌な微笑みで癒してくれる。(笑)
これが、本物の殿方だったらそうは行かない、わっはっはっ。

やっぱ、何かさみしいかしら・・・。え~ん、
なぐさめてもらおう・・・


| | コメント (2) | トラックバック (0)

女性専用車両体験

気付けば、今まで利用したことがありませんでした。

070216car_for_women

今日、初めて体験中。
発車ぎりぎりのところに飛び乗り、しばらく経って「何かしら?この面妖な甘ったるい香りは…」と振り向いたら、おんなだらけの視線でびっくり。
というか、正直こうしてみると気持ち悪いです、怖いです、変な光景です。
匂いもダメです。私も好んでコロンとか香りを身につけるほうですが、それとは違ういろいろいりまじった、鼻につくくどい香りです。

うっ、
空腹なので、
物理的にも、
気持ち悪い…

オッサン臭さえなければ、男女入り混じってるほうが、自然な光景で私にとってはまだマシです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

マリンちゃんっ!!

マリンちゃんっ!!
武蔵小山商店街のマリンちゃんに異変が起きています!東海林さん、梨元さん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柳沢クン、わたし非国民でゴメンね。

脳の中の幽霊ふたたび」という本を読みました。神経科学のおはなしです。
「バカの壁」もそうだけど、この本を読むと、おバカさんに優しくなれるのよ。

この本には脳の仕組からみた、ヒトがもつ能力「メタファー」についてみたくさん語られています。
視覚などから入ってきた情報を、別の何かにおきかえて解釈する、という機能がそなわっているわけですが、不思議なことに国や環境が違ってもある程度共通の「おきかえ」がされるようにできているというおもしろい説がとなえられていました。
たとえば、曲線を見ると女性、甘い香りから優しい風景、直線的でとがった画像からは金属音、といった連想は万国共通なわけです。
だからは考え方がちがっても、なんか根底にある基本の共感みたいなのがある程度得られるので、ヒトって別に全てを論理だててルール化してやらなくてもなんとなく秩序が生まれて、社会や集団とうまくやっていけるのかしらと思います。

さて、ちまたをさわがしている柳沢厚相のお言葉。
「子供は2人以上が健全。自然ですよね。」

不健全でどうもすみません。

不自然ですみません。

錆付いて役に立たない機械でごめんね。


柳沢クンは、このメタファーを作る脳機能がみんなと違うのかな?
みんなにいろいろ言われても、情報伝達回路の修正が行なわれないみたいだし。
個性や身体的能力の個人差なのかもしれないけど、そういうひとがみんなの代表者とかしてるってどうだろうなぁ~。


柳沢クンの記者とのやりとりの続き、
「やはり家庭を営み、子どもを育てることには人生の喜びのようなものがあるという意識の面も若い人たちがとらえることが必要だろう。そういうことを政策として考えていかなければならない。」

政権による個人の価値観の刷り込みってこと?


これから、そんな刷り込みを受けた平成生まれのガキどもに私益々言われるようになるんだろうなぁ、

「ほら、あの人昭和生まれの非国民だから・・・・」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雷文 地元名所めぐり

実家に帰るついでに、馴染みの美容師さんが独立開店したお店に、髪を切りにいきました。
ちょっと家から離れた場所にあるのですが、運動不足解消のためにも30分くらいの道のりを歩いて帰ることに。

しかし、帰り道に誘惑が。
あの有名な「雷文」の前を通らなければお家に帰れません。いつも行列してるし、まあ家の近所だしいつでもいいやと思うと、意外になかなか行かれない。
ああ、神様のおぼしめし。いや、悪魔の誘惑。
今日は並んでいない。
運動不足解消のつもりが、午後3時なんて変な時間に一食多く食べてしまいました。

Raimon0702025_2

澄んだスープで塩気と旨味は濃い目でしっかりしていますが、最近とんこつコッテリ油大めで!っていうのばっかり食べていた私としては、どちらかというとさっぱり系でとってもおいしかったです。
チャーシューもお肉柔らかくて、油の少なくしまったお肉があんまり好みではないので大満足でした。


それから、最寄り駅小田急線玉川学園前の商店街にある玉川珈琲倶楽部にコーヒー豆を買いに行きました。

こちらは地元では評判の名店です。

070205tamagawacoffee

今日のチョイスは「町田ブレンド」
会社のデスクのコーヒーメーカーで明日からみんなで味わう予定です。


そして、地元町田名所めぐり3件目は・・・
というか、行こうと思って行ったわけではなく、どちらかというとあんまり行きたくなかったのですが、いつも通っている道なので、あの生首が埋められていた公園を通りました。(涙)
もう日も暮れて真っ暗で怖くて、気休めでなぜか息を止めてバイクを飛ばして通り抜けました(そのほうが危ないって)。

広い自然公園といった趣で、美術館も併設されていたりして、地元のひとにとっては憩いの場って感じの素敵な公園なのに。悲しいことです。
歌織のばか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「極道」じゃなくて「おっさん」だった(汗)

今日から暦の上では春。
気持ちもリフレッシュしようと、久しぶりに実家のそばまで、髪を切りに行きました。

パーマ屋さんでのおまけのおたのしみは、いつもは読まないジャンルの雑誌をいろいろじっくり読めること。

手に取った20代後半~30代向けの女性ファッション誌の2色刷りの読み物のところに、
「彼に見られたら恥ずかしい~、気になる私の寝姿!」みたいな特集が。
前の記事に書いたとおり、私、必読!なんとタイムリーな記事ではないか。

・どんな寝相でねているのか心配です。
・口を開けて寝てしまうのは何とかなりませんか?
・いびき・歯ギシリを防ぐにはにはどんな方法が効果的?
などなど・・・

あった!

寝言がひどいのです。彼といっしょのときに変なことを言ったらどうしようかと思うと、実はいつも一睡もできません。

メガネを外た視力0.2の眼で紙面に顔がくっつきそうになりながら、パーマ液が顔に垂れてきそうなのもかまわず、舐めるように読みふけってしまった。

回答:寝言はノンレム睡眠からレム睡眠に移る前後によくみられる現象であることがわかっています。、こどもの場合にはよくある行動で異常ではありません。
成人になっても小さい声で短い言葉を発する程度ならあまり気にすることはありませんが、
大声で叫んだりうめいたりする場合は、レム睡眠行動障害という病気の場合もありますので要注意!


う、うわァ~どうしよう・・・

レム睡眠行動障害、レムスイミンコウドウショウガイ・・・
心配になって、お家に帰ってさっそく調べてみると、

回答:
レム睡眠行動障害は子供や若年成人にみられることはまれで、50~60歳以上の男性に多く見られます

おっさんの病気ってこと?!


今日のヘアスタイルの注文は、ふんわり軽い感じでおんなっぽく、髪の色も明るめに若々しい感じにだった。


レム睡眠行動障害、もう少しいろいろ調べたところどうやら、激しい寝言が毎日続いたり、長いことしゃべり続けたり、暴力ふるったりしない限りは、まあとりあえずのところ大丈夫みたいです。ほっ。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »