« トカゲにも、キショイときっと思われてるに違いない。 | トップページ | これって何だっけ、思い出したくない、あなたのこと。 »

つまらない話を楽しむ

つまらないプレゼンの数々を2時間近くも聞かされた。

言葉に詰まって途中で引っ込む、
次、話の主旨不明。
次、原稿棒読み。
次、データ古すぎ。
次、皆それ知ってるけどそれで?

と、これは「人前で話すのが怖い!そんな自分を明日から克服できます。」
とかいうあやしいセミナーのロールプレイング発表会なのか?と錯覚してしまいそうなほどすさまじいのが次々と続いた。
立派なホールを借り切って、500人以上は招待されてるだろうと思われる立派なレセプションでのことだ。

嗚呼、早く帰りたい。
冷房きつくて足冷えてきたし、
椅子は固くてお尻いたいし、
おしっこ行きたくなってきたし。

ゴーモン、ゴーモン。


メニューも終盤、最後かな?というところでやっと場慣れした感じで流暢にお話される方が登場した。
ほっとしたのもつかの間。話の内容は皆さまヨイショ、でもホントはオレが一番好き、みたいなニオイプンプンで。

「・・・・みなさまのお役に立つ情報提供の土壌作りに・・。」「コンテンツ流通の土壌は・・・」「そうしたビジネスの土壌の活性化に私どもといたしましては・・・」

やたらと「土壌」を連発していた。

退屈なので、今日の晩ご飯何にしようかなーとか、何でベランダのハイビスカスは元気がないんだろうとか、宝くじ当選してっかなとか、写真送ってあげるっていって忘れてたとか、頭の9割5分で全然違うことを考え、残りの5分ぐらいでボンヤリと話を聞いていたら。

土壌、どじょう、どじょう、どじょう・・・・

ぜんぜん違う「どじょう」に聞こえてきて、おけの中でニョロニョロと泳ぐ黒々としたどじょうの映像で頭がいっぱいになった。
「役に立つどじょう作り」「どじょうの活性化」「コンテンツを流通させるどじょうの育成に力を注ぎ」

ぎゃはは、すごく面白い話だ。

どのような状況にも対応できるよう育成された付加価値の高いどじょうが、お豆腐の中まできっちりローコストかつ効率的にささった、高品質で差別化された柳川。
今まで骨の歯ざわりがネックになり、食卓導入へ躊躇されていたお客さまにもご満足いただける柳川の実現。
マーケットのサイクルが従来無いスピードで入れ替わっている近年、デジタル化のメリットを最大限に活用し、
時代に適応したきめ細やかな対応が可能などじょうを提供したいと日々尽力してまいる所存でございます。


ぎゃはは。急に楽しくなって、もっといろんなどじょうの話を聞きたいと思った。

|

« トカゲにも、キショイときっと思われてるに違いない。 | トップページ | これって何だっけ、思い出したくない、あなたのこと。 »

おひとりさま、思いをはせる」カテゴリの記事

コメント

poronさん、ご無沙汰しておりました!
コメントありがとうございます。
遅レスですみません。

パワポの功罪、日々実感しますねー。
私はサービスやビジネスの企画運営セクションのようなところで仕事をしているのですが、

1.パワポで絵がきれいに書ける人
2.カタカナの最新おとな語をたくさん知っている人

の企画が評価されがちだったり、実は誰も意味わかってないんだと思うんだけど、こういう方針だから、ってまるでありがたい曼荼羅のような資料が次々にエスカレーションで社内に伝達されていく状況を多々目にしますねー。

図とか絵でものごとの概念や仕組みを説明できるっていうのは、形が無いものを他人と共有できる有形物をチョイスして組み合わせて表現できる、ということなので、ものすごく高尚なコミュニケーション能力だと思うんですが、これってまずは自分の中にある概念とか情報が自分の中で整理され租借されていなくちゃできないと思うんですよね。

でも、パワポって実は頭の中整理されてなくても具体化してなくても、なんとなく、誰でもピカソ!ってな具合にとても建設的ですばらしく斬新な世界が繰り広げられてるように見えちゃうんですよねー。

パワポに限らず、写真でも歌でも絵でもプロダクト商品でも・・・

道具のほうが発達してそれほどたいした技術が無くても、なんとなく誰でもそれなりのレベルの表現ができちゃう時代。便利だし、今までうまく人に伝えられる手段がなかった優秀な何かをもっているひとにとってはすばらしい機会の提供になっている反面、「なんちゃって」が増えすぎじゃって、本物がわかりにくい時代になったなーと最近よく思うのです。

> あべこさんの声が想像以上にかわいくって萌え。

嗚呼、おはずかしい。知らない方はそう言ってくださるのですね!
普段すごいだみ声っていうか、低音なので、あれ、恥ずかしいんです。(笑)

投稿: あべこ | 2007/08/28 12:46

わはは! 笑いました。
いいな〜、歯触りを克服した柳川!

30代に入ったころから雑誌の仕事から離れ、広告代理店やマーケティング会社などの依頼で、物書き仕事をしています。するとですね、担当者からまず、企画書を見せられるわけです。パワポで作った、レイアウト的にもデザイン的にも文章的にもダメダメなんだけど、めっちゃ分厚い企画書。アレを読まされるのがものすごく辛いです。

いちおう、15年も物書きの世界にいるんで読解力はあるはずなんだけど、ああいう企画書ってまるっきり意味不明。しかも、古代地図かと見紛うような難解なフローチャートが載っていたり。


それを基にプレゼンしたら、さぞつまらんだろうなと思ってしまいます。プレゼンする側もされている側も意味わかってないもの(笑)。

※ハトポッポの動画、拝見しました。あべこさんの声が想像以上にかわいくって萌え。


投稿: poron | 2007/08/23 12:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3276/16208276

この記事へのトラックバック一覧です: つまらない話を楽しむ:

« トカゲにも、キショイときっと思われてるに違いない。 | トップページ | これって何だっけ、思い出したくない、あなたのこと。 »