« だって、昭和のおんなですもの | トップページ | ひとりごとの相手がふえました。 »

おとなの女が顔から転ぶと、

おとななのに、派手に転んだ体験自慢の茶のみ話をした。

人妻になりさらに魅力を増した、清楚なイメージで通っていると思われる会社の同僚。
銀座の真ん中の植え込みに、漫画のようにまっ逆さまに乗っていた自転車ごと頭から突き刺さり、抜けなくなって知らないひとに助けてもらったことがあるという、爆笑な告白だった。

「もう、『顔なんてDVですか?』って言われそうな感じの傷ができちゃってさ。」


『お年頃』になって顔に傷つくったりすると、

「DVかしら・・・」

か、

「酔っ払って、転んだのかしら・・・」

と、思われるのが関の山だ。

どっちに思われるのがましかって、

微妙だ。



|

« だって、昭和のおんなですもの | トップページ | ひとりごとの相手がふえました。 »

おひとりさま、思いをはせる」カテゴリの記事

コメント

そうそう、あのかわいらしくおしとやかなH坂さん。美しいひとが・・・(笑)

やだー!ヤケドなんて危ない・・・
でも、酔っ払ってトイレと私たちの座席をまちがえたあの人よりいいと思うわ!(笑)

投稿: あべこ | 2007/08/21 12:46

そ、それはもしかしてH坂さんなのかしら?だったら余計笑える!あの方も見かけに寄らず伝説たくさんあるのねっ。
酔っぱらって転んで傷作ったことないけど、体にやけど作ったことあるわっ。

投稿: nanaco | 2007/08/20 18:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3276/16150949

この記事へのトラックバック一覧です: おとなの女が顔から転ぶと、:

« だって、昭和のおんなですもの | トップページ | ひとりごとの相手がふえました。 »