« ハイビスカスに慰めてもらう | トップページ | チンマルコ »

怪!こおろぎに口のはた、咬まれる。

今真夜中ですが、思い余って筆をとって・・・いや、キーボードを打っています。

明日から連休、深夜番組ザッピングしながらちょっとばかし夜更かしをして、小一時間前にベッドに入りました。
ビールも2本ぐらい空けちゃったので、いい気分でスムーズにウトウトしたところで、ハッっと、眼が覚めました。

なんだか、上唇の端がチクッとしたような気がしたのです。

というのも、今朝、起きたら白いシーツの上をこおろぎが這っていたのです。
ペットのトカゲ「はじめ」と暮らしているので、彼の餌であるこおろぎが家に居ること自体に不思議は無いのですが、とにかく未だに絶対に手ではつかめないほど私は昆虫が大の苦手。
逃亡者がいないかどうかいつも厳重なチェックの上、キッチリ専用のケースに閉じ込めてあるのです。

今朝は、昨夜遊んだときはじめの体にでもくっついてたのかしらと、走るこおろぎをトングでつかみ(特技)、「ほぉら、お食べ」と、どうやっても跳び出してくることができないガラスの壁でかこまれたはじめの水槽に入れ、嗚呼寝てる間に押しつぶしたりしなくてよかったー、とひと安心。友達に「昨夜あたし、こおろぎと添い寝しちゃったみたーい(笑)あはは」とか冗談をいっていたところでした。

だから、さっき飛び起きたときも、今朝のトラウマのせいで悪夢でも見て、寝ぼけて眼が覚めたんだと思ったのです。

随分以前に、洗濯しようと部屋にしばらく放置してあったズボンのポケットを確かめていて、紙屑だと思って取り出した手をひろげたら、しっかりゴキブリをつかんでいたことがあり、そのときはしばらく黒い小さな物体を見ると、床に転がったコーヒー豆だろうとレーズンだろうと、ビクッと反応してしまっていた時期があり、まあ今のもそんなもんだろうと思ったのです。

あー、ドキっとした、イヤだわ私。と思って、乱れた枕をポンポンと正位置に戻そうと持ち上げたら。

間違いなく、コーヒー豆でもレーズンでも黒豆でも小豆でもなく、パイル地のシーツにトゲトゲの足を引っかけそうになりながら本物のこおろぎさんがヨタヨタと這っていたのです。

ナゼ、ナンダロウ?
ドウシテ、ナンダロウ?
外国人日本語弁論大会のごとく、心の中でつぶやきながら、彼らを保管しているケースも、はじめの水槽も、
よーくチェックしたけど、やつらが出て来れそうな隙間はてんで見当たらない。

こわっ~!

200922cricket
はじめのご飯茶碗にトングで挟んでもどされた咬みつき犯。

嗚呼、秋ですね。

|

« ハイビスカスに慰めてもらう | トップページ | チンマルコ »

おひとりさまのペット事情」カテゴリの記事

おひとりさま事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3276/16529198

この記事へのトラックバック一覧です: 怪!こおろぎに口のはた、咬まれる。:

» 黒豆煮方/黒豆煮方はこうするの [黒豆煮方/黒豆煮方はこうするの]
黒豆煮方/黒豆煮方はこうするの [続きを読む]

受信: 2007/09/22 21:01

« ハイビスカスに慰めてもらう | トップページ | チンマルコ »