« 日本昔話のようなお正月のできごと | トップページ | しあわせ商法 »

かぞえで、

ところで、お寺で鯛といっしょにもらった暦をみる。

私は昭和44年生まれの四緑木星、今年は衰運、真っ黒星の運勢だ。嗚呼。
っていうか、

20080111shirokumokusei

ん?

今年かぞえだと、自分が四十だということを知りました。
まあ、近年は1歳や2歳の年齢の違いなんて、あまり気にならなくなっていて、自意識では、自分のことをだいたい40歳ぐらいのひと、と認識して生活しておりましたが、こうして公のものに、はっきり「四十」と書かれると、あらためて感慨深いものがあります。
あれよあれよという間にわたしも四十女でございます。

でもいやよねー、30代だと「三十路」なんて哀愁ただようもののちょいと気の利いた呼び名があるのに、
「四十」だよ、「しじゅー」って。「しじゅーかた」とかしか浮かばない。


にしても、この暦の挿絵おもしろ過ぎ。

20080111nikokudosei

まあ、これはわかる。昨年からの衰運引きずって前半黒星で後半から運気上昇。雪どけの合間からあたらしい希望の双葉が芽生え。

20080111roppakukinsei

なんで、鳩に餌やってんのか?と思ったら、
「今は調子づいてても、足元すくわれ再就職などの転換期になるから注意」って書いてある。

リストラされて、行くところないけど家族の手前いつも通り出掛けてはみたものの、途方にくれて鳩に相談の図。
しょぼくれた表情に、なんとも雰囲気が出ています。六白金星のあなた!気をつけて。
鳩にもみなさん、気をつけて!


あらら、一白水星の方残念ながら本年は「衰運の八方塞りの運気です」とあり、

20080111ippakusuisei

八方塞って、MRI入っちゃってます。


この挿絵、毎年どなたがお描きになってるのかとても知りたい。

|

« 日本昔話のようなお正月のできごと | トップページ | しあわせ商法 »

おひとりさまの発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3276/17651235

この記事へのトラックバック一覧です: かぞえで、:

« 日本昔話のようなお正月のできごと | トップページ | しあわせ商法 »