« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年2月

ハモマテ!あべこです。

お気に入りの近所の中国式整体院。
「マトメテ、4マン、今日一度でナクテ、ブンカツでもダイジョブ、コチのほうがゼタイオトクネ。」
とさすが中国四千年、シルクロード商人から受け継がれた(?)中国あきんどの畳み掛けられるようなセールストークに押され、4万円近い回数券を購入して通っています。

まあ、回数券を買ったことを後悔しないで済むほど、この経絡マッサージ式が私の体にあっているというか、多分どのスタッフも整体のほうはかなり上手なのですが、そろいもそろって全員とても日本語が下手。

予約の電話を入れると、いつでも

「ハッ、チュゴセタイデ。」

とか、あるいは、

「ハッ、チュゴマサズデ。」

と早口でいきなり言われるので、最初の頃はびっくりして、数秒間無言になってしまうほどでした。

多分、

「はい、中国整体院です。」とか
「はい、中国マッサージです。」

と言っていると思われるのですが、何回かけてもいつも最初の1声は聞き取り不能。(笑)
その後の、時間とかいっぱいのときの候補日の調整とか、ちょっと複雑な日本語会話はちゃんと成立するので、皆さん多分日本語が出来ないわけではない。
が、毎回繰り返しとっている電話の名乗りだけは、どうしてもいつも変なのだ。
きっと、変だって気づいていないんだと思う。スタッフの誰も。


ああ、こわい。

私、英語はほとんどしゃべれないが、

Nice to meet you, Glad to see you.
とか、Just a moment, please.

ぐらいなら、慣用句として単語の構成なんてあんまり考えないで、つるりと早口めにしゃべることができる。

何も意識していないけど、もしかしたら相手には、

「ハモマテ、オアデクウレイダ。」(はじめまして、お会いできて嬉しいです。のつもり。)
とか、
「チョマッチクデセ、」(ちょっと待ってください、のつもり。)

ぐらいに聞こえてるのかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新・姥捨て山

今朝、駅の自動改札で、切符が詰まってしまったのかトラブっているおばあさんを見かけた。

駅員「え!?お金いれちゃったの〜、何で〜?」

老女「だって、乗り越しで通れなかったから・・・」

以前に知り合いのおじいさんが、乗った駅の自動改札に通した切符は、降りる駅の改札から出て来るものだと思い、到着した駅の改札で、俺の切符が出てこないと、すったもんだになったという話を聞いた。


バッカじゃないの、
と笑いたいところだが、思えばなるほど、
どちらも何だかごもっともな感じ。

カードをかざすとあら不思議、乗り降りした駅を認識し何百何千通りという複雑な経路を選別し代金を計算し「奥さん、地下鉄2駅と、東急が5つ、あとJRも2駅つけて、はい3千520万円のお釣り〜」ってなことを一瞬にしてやってのけるハイテクなのだ。

わさわざ今までのように精算機に並ばなくたって、旧型マシンでもこなしてきた処理なんて、当然朝メシ前にこなすんでしょ。
乗り降りを自動で確認出来るんだからもちろん、乗ってる間じゅう、切符無くさないように気にしていなきゃいけない煩わしさも解消してくれるんでしょ。
と期待するのもやむない。

ご老人って急速に進んでいく今時に乗りきってない分、「今時はすごいんだろ、こんなことも出来ちゃうんだろ」と、ある意味人ごとのように、今時の仕組みに期待が大きい。
わからない分「だったらいいな」に素直に欲張り。

こんなこともわかんないの!?と一瞥する前に、なるほどね、と勘違いに耳を傾けてみると、案外いろんなヒントがあるかもと思うのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あれを、図で理解する。

図で考えるひとは仕事ができるらしい。

ということで、前の記事でももひきステテコサルマタの違いについて、tommyさんよりコメントでさっそく教えていただいたのですが・・・

えっと、ユルユルはステテコで、一番短いのがサルマタで、えっと、いちばんピッタリしてるのは、えっと、えっと・・・#%8!##&?????

ということで、仕事ができるひとを目指して、図で理解することにしました。


Momohiki1_2
■ももひき →「さるももひき」の略。さるまた。両の股を通して履く狭い筒状の下ばき。冬の季語。


Suteteko1_2
■ステテコ → 男子用の下ばきの一種。膝下までの長さでゆるみが多く夏のずぼん下として用いる。


Sarumata1_3
■サルマタ → 猿股---男子が用いる腰や股を覆う短い股引。さるももひき。


こうだろうか?これで正しい理解だろうか?

すっきりしたけど、こんなこと真剣に絵にしてみる私はあほみたいだ。

いやいや、でも実は同じような疑問を持っている方が世の中にはけっこういて、
ふと検索してみたら、このページに行き当たって、一目瞭然、おおそういう区別か!と積年のもやもやを晴らすお役に立つかもしれない。

エアコンをうっかりつけっぱなしで寝てしまい、反省して次の日ゴミの分別をきっちりして気休めで帳消しにしている気分だ。

いや、ゴミの分別ではなくて、猿股の分別の話だ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

あれも、教えてほしい・・・

前の記事のパシュミナのコメントから、ももひきの話になりましたが、

前からすごく気になっていたのですが、

ももひき

ステテコ

サルマタ

の違いがいまひとつわからないのです。

誰か教えてください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

あれが、思いだせない…

電車で隣り合わせた女性のストールを見て、ふと、

これの名前何て言うんだっけ???

気になりだしたら、どうしても思いだせずに気持ち悪いの。

【ヒント】
・素材は毛の比較的縒りの硬い細めの糸で織られていて、問題の名前は多分この毛の動物の名前

・薄くて軽くて滑らかで温かい、

・ということで数年前に大流行の後、現在は定番化し当たり前に見かける。例に漏れず私も1〜2枚持っている。

・鮮やかで豊富なカラーバリエーションも特長で、当初は普通のウールよりも高級品として、けっこうな価格で出回っていたが、やがて量販店やディスカウントショップで、うず高く積み上げられ低価格で売られているのをよく見かけるようになった。

っていう、「ほにゃららのストール」誰か教えて!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

NHK時計買いましたが、

わたしはNHKが大すき。

最近、民放キー局系のTVがとことんつまらないが、NHKはおもしろい。
というだけじゃなくて、こどものときからいつも大体NHKが流れている食卓で育った私、思わず懐かしさが込み上げ、飛びついたこれ!
20080205nhkclock当初ガジェットで提供したところ、予想以上の反響があったのに功を奏してか、あのころブラウン管に毎日映し出されていたあの時計がNHKエンターープライズから発売されているということを知り、いさんで購入しました。

4、5千円ぐらいで単機能の壁掛け時計ならそこそこの性能のものが買える昨今、約1万円という値段。
写真ではわかりにくいのですが、文字盤の部分、すべてペタっとしたプリントで、価格のわりには、ちょっと昭和チープというよりは安っぽいかも。
文字盤の楕円の部分の囲みとか、目盛りとか、勝手にちゃんと樹脂か金属製の立体的な枠になっているもんだと勝手に思ってたんです。
もともと、放送で使用していた本物の時計の写真を見つけて確認したら、本物自体が実は立体ではなく平面みたいなので、本物を忠実にという意図があったのかもしれませんが・・・。

プレミアムということでしょうが、少々値段が高すぎる気がします。
まあ、しかしムーブメントはセイコー製でそこそこの品質らしく、ノスタルジック気分を満足させてくれるというところで概ね満足ということで。

どこに掛けようかいろいろ迷いましたが、やっぱりテレビの上の壁にしました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »