« あの人の印象 | トップページ | 裏磐梯に来ています »

口どめの記憶

↑まるで、チョコレートの商品名みたいだ。

おいっ、それは、「口どけの記憶」だろっ。

って、そうそう、あれは10年前のこと、
とっても、あまくてせつない思い出・・・

おいっ、それは「口づけの記憶」だろっ。

と、山田くんに座布団全部とられたところで。


先週、調子にのって飲み過ぎました。

若いときのように、飲み過ぎてゲーゲーやって次の日も気持ち悪くてレロレロでっていうのは、
近年さすがになくなりましたが、年を重ねてならではなのか、新しい困った現象が。


記憶が点線状態になりがちなのです。


先週も、翌朝めざめて、ハッとしました。
「うっ、またやっちまった・・・」

やたら昨夜は上機嫌だった、楽しいお酒だった、いつにもましてよくしゃべった。

うーん、後半戦の話題が思い出せない・・・うーんおひらきはどうして、どうやって駅まで行ったんだっけ・・・

あ、でも別れ際はちゃんと覚えてる、大丈夫、電車の降り際に、機嫌良く同僚にちゃんとバイバイして、ひとりで電車乗り換えて帰ってきた、よしよし。

バイバイのとき自分で何て言ったかもおぼえてるぞ!

「今日は楽しくて、なんだかしゃべりすぎちゃったわー。もー、ぜったいみんなに言わないでね!絶対ナイショだよ。ぜったいね!」


・・・・・・。


何を口止めしたつもりだったんだ??

そもそも、わたしにひとに言われちゃ困るような秘密なんて今あったけか・・・

あー、あー、口止めしたことは思い出せるのに、

そもそも、何を話したのかが思い出せない。

|

« あの人の印象 | トップページ | 裏磐梯に来ています »

おひとりさま事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3276/43152655

この記事へのトラックバック一覧です: 口どめの記憶:

« あの人の印象 | トップページ | 裏磐梯に来ています »