« 警告付きサービス | トップページ | 笑点かっ! »

NHKスペシャル 「女と男」

今日から3回シリーズで放送されている、NHKスペシャルシリーズ女と男がおもしろかった。

男女の違いを科学的に読み解くという題材。
第1回目の今日は往々にしてすれ違いがちな男女の感情ってのは、実は科学的に解析するとちゃんと理由があるっていうようなテーマ。

かいつまみ且つ私の勝手な解釈をあわせると、男はそもそも狩猟とか争いとかいつも襲撃される危険にさらされている役割を担って来た遠い祖先の習性で、やられる前にやっちまう!というベースで脳ミソができている。
ゆえに女が「なんで?」というような些細な一言や出来事でカッと心拍数が上がり攻撃モードになりやすいらしい。
まあ現代社会では簡単に衝突しているわけにもいかないわけで、カッとなりそうになると話を打ち切ったり、相手を見下したりすることで、衝突を回避してる場合が多いとな。

一方女は、姑はもちろん群れの中でうまくコミュニケーションをとって協力していかないと、単独でのホモサピエンスの特徴である長い期間の子育てに対応していくのは難しいわけで、表情などから相手の感情を読むことに長けている。
また、子育て期間中の自分と子どもにしっかり食べ物をとってきて、危険から守ってくれるような誠実なオスかどうかを見極めなければならず、相手の行動についての記憶力が発達している。
そんな女の感覚からすると、なんで私の気持ちがわからない?なんで大事な記念日を忘れちゃうの?となるわけで。

3年目の浮気ってのも、生物学的な生殖のサイクルから考えると妥当な年数らしく、実際統計的にも3~4年での離婚率が高いそうです。

番組の最後は、すれ違いがちなとあるアメリカ人中年夫婦が、コミュニケーション講座みたいなのに参加して、上から目線で妻の話をうまく聞けないダメ夫が、トレーナーに諭されているシーンが流れ、現代社会では結婚が生殖だけの目的ではなくなっており、寿命も延びて子育てが終了しても男女は長い時間をともに過ごす必要があるのだから、男女の違いを理解した一歩進んだコミュニケーション能力が必要となるのではないか、と結んでいた。

どうも、女性寄り目線の構成だなと思った。タイトルも「男と女」ではなく「女と男」だし。なんともNHKらしいような、らしくないような・・・。

しかし、女のほうがやっぱりどっか腹が座っていて、男のほうは攻撃は最大の防御なりってな感じで、それ故に相手の気持ちを察する余裕もなく、理解できない行動の数々も臆病の裏返しなのねーとか思ったら、遠い昔のあんな苦い思い出も、こんなとほほな出来事も、まあ彼らは原始的だっただけなんだなーと少々理解もできようと。(笑)

そして、原始的なゆえに、雄々しくて実に魅力的だったのよ!

と思うことにした。(笑)

|

« 警告付きサービス | トップページ | 笑点かっ! »

おひとりさま、思いをはせる」カテゴリの記事

おひとりさまの読書・映画・芸術鑑賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3276/43712217

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル 「女と男」:

« 警告付きサービス | トップページ | 笑点かっ! »