カテゴリー「おひとりさまの食卓」の記事

テキサスバーガー

100112_123025

昨日もマックのテキサスバーガー食べた。
先行販売で味見のつもりだったが、今週なんと2個目だ。

ジャンクフード欲求が起こると、惰性で食べていたところがあったマックだが、これは正直ウマイ!!
クミンが効いた、チリ風味のスパイシーな甘辛味の濃いめなソースがとても気に入った。

が、何よりおいしくていい!と思ったのはフライドオニオンが挟まってるとこだ。

値段はセットで760円と高めの設定。

気がつけば、復活メニューは別として、クウォータータウンダーといい、最近の限定メニューや新規メニューは600円台後半以上と既存メニューと比較すると高い設定のものが目立つ。

ついこの間まで、500円玉や100円玉のイラストアイコンをあらゆるポップに掲げ、ワンコイン低価格を繰り広げていたが、気がつけば、平均単価がグッと上がっている。

マックのこの低価格戦からの転換の仕方はあっぱれだなぁと思う。

コンシューマー向け商品の値上げも値下げもとっても難しい。

前職で婦人服の小売をやっていたとき、2万円ぐらいするジャケットを、原価割れであったが在庫処分のために、セールで5000円ぐらいでたたき売った。そのジャケットを正価で買っていたお得意様がセールにやってきて、私が買ったときの値段はなんだったのか?普段は暴利をむさぼってるのか?とばかりに叱責され、お得意さんの信頼を損ねてしまったことがある。

値上げも、原価やコストの変動による単価の変更は、消費者にも見えやすいが、マックのように(ってよく知らないけど、多分)戦略上の価格帯変更のような場合は特に、どうお客様に違和感なく、いかに納得して今までどおりに利用してもらうかは相当ハードルが高そうだ。

マックは上手だ。
バリューセットの価格帯をあげつつ、一番利用者が多いと思われるランチの時間帯で、依然とほぼ同等の価格での提供を継続して、多少の不便は感じさせても「値上げ」と感じさせない工夫をしている。

今回のテキサスバーガーしかり、追加は高価格帯の新商品、徐々に品揃え全体の平均単価を上げているように見えるが、高価格を納得させるプレミアム感で顧客を納得させている。

よく考えたら、肉でかいとか、挟まってる物に一手間あるとか言ったって、所詮ハンバーガー、原価に200円以上の差があるとは思えない、値上げ率 40%以上なんだけどね。
でも商品特性をうまくクローズアップして、なんとなく納得させてしまう演出もとても上手だ。

ところで、値下げと言えば、最近SEIYUが心配。
職場近くの西友は、カカクヤスク!戦略をドラスティックに展開し、久しぶりに言ったら、陳列棚も全部入れ替えて、価格帯別のポップがズラーっと整然とならび、スーパーマーケットではなく、ディスカウントショップのような店舗に大リニューアルしていた。
すごいコストを投入しているであろう様子がうかがえるが、低価格戦略の場合、小売価格の競争には所詮限界があるので、コスト低減がキモになるのが一般的だけど。大丈夫かしら。西友。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とら 2

今日で松の内もおしまい。

正月気分もそろそろ納めないといけないかしらと思ったけど、お飾りを外したり鏡開きをしたり、いわゆるお正月これまでっ!っていう儀式をいつやるかは地方による風習や、いわれの解釈の仕方で、7日、11日、15日、20日といろいろあるようで、お祭り気分はすきだし都合良く考えて、もうちょっとうわついておこーっと。

20100107tora2

お正月休み明けに、関西出身の同僚からおみやげにもらった!
「寅年ですから・・・」ふふ。と。

年賀状のネタにいろいろ悩んで苦し紛れにダジャレ展開をしたわたし、

「阪神ファンって、ネタがあって便利だよねぇー」

とつくづく感嘆したら。

「え?12年に1回しか使えないじゃん。」

とつっこまれた。

その通りだ。

ところで、このどら焼きは、阪神百貨店本店でしか買えないレアものだそうです。

パッケージだけかと思いましたが、中身も裏表しっかり柄が刻印されています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

コーラで骨溶けるとは、

四十肩の治療で整形外科へ。

待合い室で、骨がつよくなるカルシウム料理、みたいな料理本があった。

カルシウムをいくらたくさんとっていても、カルシウムの吸収を阻害するリンを多くとっていたら全然ダメらしい。
へぇ~。

見開きで、カルシウムの多い好ましい食品とともに、実はカルシウムよりリンが多くて骨には好ましくない食品が一覧になっていた。

Dvc00102_2


たいへーん、たいへーん!!

私の大好物はリンが豊富なものだらけ。マグロの赤身、たらこ、レバーにベーコン。
きゃあ、チャンスがあれば毎日のように食べているよ!!

お魚とかお肉とか一見骨や肉よさそうな食材に並んで、右下端に体に悪そうなイメージを裏切らない「コーラ」がぽつんと。

「コーラって飲みすぎると骨とけるんだぜ」
とかいう、こどもの頃まことしやかに噂された伝説は、まんざらまるっきりウソってわけでもなさそうなのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アラフォー・ショルダー

おととい、朝起きたら突然肩が痛かった。

変だな~と思っているうちに、どんどん調子が悪くなり、日曜の晩には痛くて食卓の中ほどのおかずに腕を伸ばすのもようやっとになり、今朝起きたら腕が肩から上に上がらず、服を着るのもようやっとの状態になっていた。

予備知識でこころあたりはあって、嫌な予感がしたが、まさか・・・

あまりの異変に、仕事を早引けして整形外科に飛び込んだ。

診察がひととおり済み、さて先生の診断。

「えっと・・・、」

先生はカルテをそっと裏返して、表書きの私の生年月日を確認してから、遠慮がちに言った。

「えっと・・・、いわゆる四十肩というやつですね、あ、ちょっと早めですけど、あはは。まあ成りかけというか。」

「成りかけ」というところが、「病気になりかけ」という意味なのか「四十になりかけ」という意味なのか一瞬勘ぐってしまった。あはは。

根本的な治療は通常おこなわず、痛みを止めながら自然治癒を待つのが一般的らしい。

痛み止めのロキソニン湿布を処方してもらい、とりあえず手が上がらないと生活に支障があるので、関節の動きを滑らかにするためのヒアルロン酸の注射を打ってもらった。

関節への注射、ズシーンとしばらく腕がしびれるぐらい痛い痛い。

嗚呼、ヒアルロン酸注射。眼の下のたるみとクマがここ数年ちゃくちゃくと進化しているので、プチ整形でいっちょ試してみようかと迷っていたのに。
こんな色気の無い理由で不意に経験することになろうとは。
でもおかげで今は痛いものの、なんとか腕を上げて高いところのものが取れるようになりました。

しかし、「四十肩」って名前がよくないよね!!

調べたところ、四十肩というのは正式には病名ではなく、「肩関節周囲炎」という肩関節周辺に起こる炎症で、原因不明で四十代以降の中年期に発症することが多いのでそう呼ばれているそうな。五十代で発症すると五十肩と呼ばれるわけである。

肩がね、一足お先におとなになりました。
おとなになりかけの、ちょっと難しい時期なのよ。ふんっだ。


| | コメント (4) | トラックバック (1)

日本昔話のようなお正月のできごと

遅ればせながら、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて遡って、お正月三箇日の出来ごと。

横浜の菊名駅から遠回りして自宅へ向う途中に、前々から気にはなっていたのですが境内に足を踏み入れたことのなかった、とあるお寺があります。
新年参詣ムードで入り易そうな感じがしたので、先日通りかかったついでにちょっと立ち寄ってみることに。

歴史がありそうな立派で大きな門柱をくぐって境内へ入ると、

思いのほか、荒れて寂れていた。母屋らしき建物の横には、ずいぶん前の祭事の名残であろうか、色あせ煤けたのぼりやら飾り物が乱雑に積みあげられている。お正月だというのにひと気が無く、参堂から少し離れた壁が崩れた墓地からひっそりとお線香の煙と香りがただよっている。
何の宗派だろうかと、茶色く日に焼けた古い張り紙がいくつかある掲示板を眺めていたら、突然後ろから「こんにちわ」と声がしたので驚いた。

振り向くと参道を挟んで向こう側の母屋の扉がいつの間にか開いており、真っ黒な墨の僧衣姿のお坊さんが手招きしながら立っていた。
金糸や紫とかのあでやかなやつではなく、中尾彬が着たら似合いそうな感じの昔話かドラマでみるような古典的な墨烏色の僧衣。
寂れたお寺の雰囲気とやたらとマッチしていて、ちょっとビビッた。

「・・・差し上げますから、どうぞこちらへ」と呼ばれるままに、少々おののきながら歩み寄り「寒いですからこちらへ」と導かれるまま母屋の土間へ。

「よろしかったらどうぞ。」と手渡されたのは、よく年末年始に配られる九星の今年の運勢が書かれている御詳暦の冊子と、それから紙に包まれ紅白の紐がかかった折だった。ずしりと重い。きっと正月振る舞いの紅白餅だと思い、遠慮なく頂戴することに。

古風なこのお坊さんはほんとうに「生身」のお坊さんだろうか?幻だったりして・・・(と思ってしまうような雰囲気)と警戒しながら、どこからいらしたんですか?はじめてですか?お仕事は?ご出身は?と柔和な笑みでちょっとKYモードで尋ねられるままに答え。
何だか話が長くなりそうな・・・どこで切り上げようかと思い始めたところで、タイミングよく母屋の奥で電話がなった。「あ、ちょっと電話なんで失礼しますね、また来て下さいね、上のほうにはタイから来たお釈迦様なんかもありますから・・・」と、お坊さんは奥へ消えていった。ちゃんと足もあったしお化けは電話に出ないだろう、急に現実に引き戻された気分で、あーよかった話が長くならなくてと、ずしりと重い折を手にそそくさとお寺を後にした。

このときそもそもは、正月実家で過ごす荷物を取りに行くためにひとり自宅に向かうところだった。
あわただしく荷物をまとめ、さっきの餅は重いし自宅においておくかとも思ったが、一応中身を確かめて見ようと包みをとくと、

20080108tai

なんと!中身は立派な尾頭付きの鯛だった!!(お釈迦様の出身地タイではなくて魚の。)
え?私檀家でもないのに、見ず知らずのひとからこんなものもらっていいのか?

と思いながらも、生ものを放置するわけにもいかないので、カバンに詰めて実家に持参することに。

実家に帰って開けたらやっぱり餅だったりしてー、とか日本昔話みたいな想像をしてみましたが、やっぱり鯛だったので次の日の朝、潮汁にして家族でいただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

で、収穫をごちそうに・・・

Dvc00026

冬に育ったやわらかい春キャベツも採りごろ。
帰りの電車で、何して食べようかといろいろ考えて・・・

070401shiumai

今夜シウマイに決定!
って、収穫物は付け合せですけど。見て見て!この青々とした色。おとなりに並んだブロッコリーも自家製。
ソラマメは、まだです、買ったやつです。(笑)大好きな中華コーンスープも作ったの。
2回に分けて食べようかと思ったんですか・・・我ながらあんまり美味しく出来たので、お変わりしてペロリと2皿平らげてしまいました、シウマイ。さすが浜っこ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おさるとメキシカン

先週の話ですが、職場のお友達を呼んでメキシカンパーティーしました。

070318_mex5

頑張ってトルティーヤも焼きました。コーンの粉さえ手に入れば意外に簡単にできるのです。
コーンの粉は輸入食材が豊富めなスーパーなどで手に入れることができます。
こちらのレシピを参考にしました。

ナイフを入れているのはブリトーだかエンチェラーダだかよくわからないメキシカン風創作料理(笑)
途中から何を作っているのかわからなくなり、アボガドも入れよう!チーズかけよう!とみんなの意見を聞きながら適当にできあがった品。クミンシードとオレガノで風味付けしたチキンをローストしたものをフラワートルティーヤにアボガドとサワークリームを一緒にはさんでチーズをたっぷりのせてオーブンで焼きました。意外においしくできました!

ネギ&ショウガ&ごま油でなんとなく中華っぽくなるように、クミンシードとカイエンヌペッパー(チリ)を使うとなんとなーくメキシカン風になるコツを習得しました。

070318_mex2
そして、ソルとかドスエキスといいたいところですが、手軽に手に入るコロナでメキシカンな雰囲気も盛り上がります。

070318_mex6
この日の大事なゲストはおサルたちです。
うちのぴーこの双子の兄弟おすぎとその弟あーみんもやってきました。

070318_mex4_1
おさるはみんな、とみーさんが大好き!

070318_mex1
毛づくろいはおサルの世界では愛情を確認しあう、大切なスキンシップです。

070318_mex3
女性陣の間では5本指靴下がおおはやり。
「ぴーこも5本指靴下履きたい!!」


あ~楽しかった。
こころおきなくお友達を呼んで、わいわい出来るのはおひとりさまならではの醍醐味ですが、

しかし、

じゃあね、今日はありがとうばいば~い、とした後のひとりの部屋の急な静けさといったらとっても淋しいの(涙)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雷文 地元名所めぐり

実家に帰るついでに、馴染みの美容師さんが独立開店したお店に、髪を切りにいきました。
ちょっと家から離れた場所にあるのですが、運動不足解消のためにも30分くらいの道のりを歩いて帰ることに。

しかし、帰り道に誘惑が。
あの有名な「雷文」の前を通らなければお家に帰れません。いつも行列してるし、まあ家の近所だしいつでもいいやと思うと、意外になかなか行かれない。
ああ、神様のおぼしめし。いや、悪魔の誘惑。
今日は並んでいない。
運動不足解消のつもりが、午後3時なんて変な時間に一食多く食べてしまいました。

Raimon0702025_2

澄んだスープで塩気と旨味は濃い目でしっかりしていますが、最近とんこつコッテリ油大めで!っていうのばっかり食べていた私としては、どちらかというとさっぱり系でとってもおいしかったです。
チャーシューもお肉柔らかくて、油の少なくしまったお肉があんまり好みではないので大満足でした。


それから、最寄り駅小田急線玉川学園前の商店街にある玉川珈琲倶楽部にコーヒー豆を買いに行きました。

こちらは地元では評判の名店です。

070205tamagawacoffee

今日のチョイスは「町田ブレンド」
会社のデスクのコーヒーメーカーで明日からみんなで味わう予定です。


そして、地元町田名所めぐり3件目は・・・
というか、行こうと思って行ったわけではなく、どちらかというとあんまり行きたくなかったのですが、いつも通っている道なので、あの生首が埋められていた公園を通りました。(涙)
もう日も暮れて真っ暗で怖くて、気休めでなぜか息を止めてバイクを飛ばして通り抜けました(そのほうが危ないって)。

広い自然公園といった趣で、美術館も併設されていたりして、地元のひとにとっては憩いの場って感じの素敵な公園なのに。悲しいことです。
歌織のばか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

料理の腕をあげて

今日はシチューを作った。

いつも失敗してしまう、ホワイトソースが今日はやっと上手くできたの!

070108shichu

料理の腕を上げて、いろいろ上手にできることが増えてひとしきり自己満足に浸った後にかならず思うこと。

「後は一緒に楽しんでくれるひとをつかまえるだけだ。」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サーティーズ・マップ

- 今日の遠吠え -

最近、新しい呑ん兵衛友達が出来た。
仕事の帰りにふらっとひとりで「今日のご褒美」の一杯をやりやすいお店を教えてくれたりする。

会社の近所でオヤジモードでお立ち飲みをしながら、数ヶ月前に入社してきたばかりの彼女は言う。

「この辺で、もう1件ぐらいひとりで気軽に寄れるお店を探してるの」

「おお、さすがNちゃん!もう既に新しい職場環境開拓してるね(笑)」

「ええ。まあこうやって職場が変わるたびに着々と広げてるのよ、

わたしのサーティーズ・マップ を。」


尾崎豊もびっくり、
完全大人の、サーティーズ・マップ。

-------------------------------------------------------

すみません、お仕事と毎日に追われ、というか夏はビールが美味しくて、お家に帰ってPCにじっくり向かうこともなく、すっかり更新サボっておりました。
復活いたします。どうぞ懲りずによろしくです。


200509282203000
本日のサーティーズ・マップにて。
おひとり様のテーブルに、大皿ポテトとともにマニュアル通りに出てくるせつない2本のフォーク。

| | コメント (4) | トラックバック (0)