カテゴリー「おひとりさまの発見」の記事

テキサスバーガー

100112_123025

昨日もマックのテキサスバーガー食べた。
先行販売で味見のつもりだったが、今週なんと2個目だ。

ジャンクフード欲求が起こると、惰性で食べていたところがあったマックだが、これは正直ウマイ!!
クミンが効いた、チリ風味のスパイシーな甘辛味の濃いめなソースがとても気に入った。

が、何よりおいしくていい!と思ったのはフライドオニオンが挟まってるとこだ。

値段はセットで760円と高めの設定。

気がつけば、復活メニューは別として、クウォータータウンダーといい、最近の限定メニューや新規メニューは600円台後半以上と既存メニューと比較すると高い設定のものが目立つ。

ついこの間まで、500円玉や100円玉のイラストアイコンをあらゆるポップに掲げ、ワンコイン低価格を繰り広げていたが、気がつけば、平均単価がグッと上がっている。

マックのこの低価格戦からの転換の仕方はあっぱれだなぁと思う。

コンシューマー向け商品の値上げも値下げもとっても難しい。

前職で婦人服の小売をやっていたとき、2万円ぐらいするジャケットを、原価割れであったが在庫処分のために、セールで5000円ぐらいでたたき売った。そのジャケットを正価で買っていたお得意様がセールにやってきて、私が買ったときの値段はなんだったのか?普段は暴利をむさぼってるのか?とばかりに叱責され、お得意さんの信頼を損ねてしまったことがある。

値上げも、原価やコストの変動による単価の変更は、消費者にも見えやすいが、マックのように(ってよく知らないけど、多分)戦略上の価格帯変更のような場合は特に、どうお客様に違和感なく、いかに納得して今までどおりに利用してもらうかは相当ハードルが高そうだ。

マックは上手だ。
バリューセットの価格帯をあげつつ、一番利用者が多いと思われるランチの時間帯で、依然とほぼ同等の価格での提供を継続して、多少の不便は感じさせても「値上げ」と感じさせない工夫をしている。

今回のテキサスバーガーしかり、追加は高価格帯の新商品、徐々に品揃え全体の平均単価を上げているように見えるが、高価格を納得させるプレミアム感で顧客を納得させている。

よく考えたら、肉でかいとか、挟まってる物に一手間あるとか言ったって、所詮ハンバーガー、原価に200円以上の差があるとは思えない、値上げ率 40%以上なんだけどね。
でも商品特性をうまくクローズアップして、なんとなく納得させてしまう演出もとても上手だ。

ところで、値下げと言えば、最近SEIYUが心配。
職場近くの西友は、カカクヤスク!戦略をドラスティックに展開し、久しぶりに言ったら、陳列棚も全部入れ替えて、価格帯別のポップがズラーっと整然とならび、スーパーマーケットではなく、ディスカウントショップのような店舗に大リニューアルしていた。
すごいコストを投入しているであろう様子がうかがえるが、低価格戦略の場合、小売価格の競争には所詮限界があるので、コスト低減がキモになるのが一般的だけど。大丈夫かしら。西友。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お子様らんち

東急キッズプログラム っていう東急電鉄が定期的に実施している、ファミリー向けキャンペーンイベントがある。

あっ、ごめん、よく見たら、申し込み〆切り一昨日だった! 使えない話で恐縮ですが・・・

まあ、このプログラムったらすごい。

要は、手広いジャンルの企業を傘下におさめている電鉄会社ならでは、
東急グループの様々な会社のお仕事をキミも体験してみよう!っていうような内容。
参加対象は小学生限定。


電車の運転手や駅員体験、開通前の地下トンネルを鉄道整備員になったつもりで歩けるなんていう、電車やさんならではのプログラムも、プチ鉄子の血が騒ぐが、

東急ホテルズのパティシエにケーキも習えるし、ラジオDJもできるし、野菜の収穫から、そば打ち、そしてなんと狂言師のまねごとまで出来るのだ!!


うらやましいぞ、キッズ!
おばちゃんにもやらせて-!
こどもだけだなんて、ずるーい。


かなりおとなになってからも、ときどき、レストランのお子様ランチのメニューを見て、うらやましく思うことがある。
おんなんじだ、おんなじー

| | コメント (1) | トラックバック (0)

残念男子

残念男子の○○くんがね・・・」

と先日同僚が、何気なく発した言葉である。

その○○くんのイメージを思い浮かべ、なんともウマい形容と感心してしまった。


最近「残念な子」とか「残念な男」とか、そういう表現がちょっと流行ってるみたいで、明確ではないけど「天然ボケ」っぽい意味がどうやら強いようだが、「残念男子」はちょっと違うニュアンス。


■2枚目、3枚目は問わないが、往々にして聡明で物事に対してのセンスもよく、大抵仕事も出来るほうで、趣味も広かったり自分の世界を持っていたりしてなかなかイイ男子である。

■コミュニケーション能力も比較的高く、優しくていい奴である、というかむしろ、すごいいい奴である。

■・・・が実は、けっこうナルシストだったり、妙なところで頑なだったりとひとり善がりなところがあり、意外と取り扱いに注意がいる。

というのが「残念男子」の要素だが、何、そんなの普通のひとじゃん・・・と言うなかれ、

残念男子」を決定づける、重要な共通ファクターは、

ちょっとめんどくさい」「ちょっと、イラッとさせる」そんな男子と定義づけてみたが、どうだろうか。
伝わるだろうか。

常にイライラさせる、いつもめんどくさい問題児はこれに含まない、ただのダメ男であるので注意。


特に、いろいろ分別ついてわきまえ方も上手になって、けっこう自分に自信もついてきているのと裏腹に、男ざかりのオス競争の真っ只中、オレのプライド維持に少々焦心ぎみなアラサー男子に多く分布しているように思うのよねー。


どうかしら、残念男子


あ、これ、友人h嬢&あべこのオリジナルだから、商標登録予定だからさ、
Tシャツ印刷するときは、ご一報くださいね。

ところで、気付いたんですが、

この「残念」具合が、個性として魅力的に見えるのを「恋愛」といい、

鼻についてくるのを「冷める」とか「倦怠期」とかいうのでしょうね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

仁丹

仕事の合間に同世代の同僚との茶飲み話で、80年代後半~90年代前半(そう、バブル期)のなつかしいものの話で盛り上がった。

「そういえばさ、仁丹って見なくなったね。」


そうそう、私が若い頃はおっさん世代なら定番のように、背広の内ポケットに銀色のつぶつぶが入った紙の小箱が入っていて、オジサン臭っていえば仁丹臭だった。

今みたいに駅の売店に、あんなに沢山携帯に適したスティック状に包装された飴だのガムだのは種類がなくて、キオスクで買うおやつといえば、コーヒー牛乳、キャラメル、板ガム、そして仁丹が代表格だった。

あんなに確たる市場を獲得していた仁丹はどこへ行っちゃったんだろう・・・

「まあ、今で言うフリスクみたいな感じで、みんな持ってたよね。」
って誰かが言った。


そうだ、フリスクだのミンティアだの、言ってみれば、ナウい仁丹みたいなもんだ。
ガイジン仁丹。

まさに、


SHARPENS YOU UP !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

役所 VS 豊悦 でも、竹野内

20090511beercm

JR町田駅で発見。

こういうのはありなんだろうか、サントリーとアサヒの今シーズン売り出し中のエセビールの広告が並んでいた。
しかもどっちもどうやら同じようなコンセプトを感じさせる強烈なキャッチコピー。

最近ありがちな「あえて」の例外的タイアップ、それともjeki(なのか?)の掲載管理ミス?それとも偶然?

いずれにしろ、すごいインパクトで結果として宣伝効果としては半分は成功。
コンセプトやトーンが似すぎていてどっちがどっちだかわからなくて半分は失敗?(苦笑)

うーん、役所も豊悦もどっちもけっこう好みだ。
どっちが、ど真ん中のうまさなのか、一番うまい発泡酒なのか決められない・・・

でも、やっぱり私のナンバーワンは竹野内だ。
が、彼はノンアルコールか、ちっ。

あ、そういう問題じゃないっ?およびでないっっ?

ちなみに、おいらは発泡酒や第3のビールとやらは飲まない。
イキがってですが、ハイ、何か?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天の声

090404_004219_m

終電ぎりぎりまでの残業。ボーとした頭で駅のホームで電車を待ちながら、見るでもなくぼんやりと眺めていた、乗車位置ガイドのステッカーが、急にPSPに見えて来た。

嗚呼、神様がきっと「お買いなさい」と耳元で囁いたのだ。

ダメダメ!この間、GRを買ったばかりじゃない。
先週末は、衝動買いでレインブーツも買っちゃたし。
明日が休日だなんてタイミング、危険!危険!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

美容室ゴミ事情

3ヵ月ぶりに髪を切りに行きました。

さて、本日の雑誌は・・・
Figaro と OZ と Domani が用意されておりました。
なかなか、そつの無いセレクトでよろしい。(笑)

どうも、いまだに実は美容室が苦手。

指名でいつも同じ美容師さんなら別ですが、大抵担当者が違うわたし。
初対面でしかも別にこの人と仲良くしたいとこっちはあんまり思ってもないけど、唐突、親しげにお仕事何ですかとか、趣味は?とかいう話題を振られ会話をするのに一抹の違和感をいつも感じます。

かといって、それほどおもしろくも無い話題でも、美容師さんが「このあいだー、TVで見たんですけど、知ってます?・・・」みたいな、ほかのお客さんにも、このひと今日このネタを何回も話してるんだろーなーと思うようなサービストークにも「へ~」とか一応感心しなくちゃいけないのも苦痛。

かといって、ぶっきらぼーにずっと雑誌読んでるのも、「あたし、感じ悪いとか思われてない?」と気になって、いまひとつ落ち着かない。

まあ、そんなときは、

せっかく、来たんだからこっちから、ここでしか聞けない前から気になっていたいろいろを聞いて帰ろうと思い立ち、質問してみました。

「あの、美容院で出るカットした髪って、可燃ゴミなんですか?」

答えは、品川区のそのビルの扱いだと「生ゴミ」扱いだそうな。

「想像してみると、すごい光景ですよねー、いろんな人の髪の毛がごっちゃになって、袋にパンパンに詰まってゴミ出しされるわけでしょ。重そうだし・・・」

といったら、美容師さんが、

「あ、でも髪の毛よりこわいゴミがあるんですけど、いちばん妙なゴミはヘアカット練習用の頭の人形ですね。」

おお、そうか、あれがいっぱいゴミ袋に入っていたら、さぞかしこわい。

あ、っていうか、あれって前から思っていたが、使い捨てなんだ!!

「あ、あの頭使い捨てなんですか!一個いくらくらいするんですか?」

「2,000円くらいからあるけど、人毛使ったやつだと1万円以上しますね。」

「1万円の使い捨てか・・・。それって、もしかして自前調達・・・?」

「お店からの支給もあるけど、ほとんど自前ですねー」

「じゃあ、考えて使わないともったいないですよね!」

「そうです、そうです、最初はロングスタイルから初めて、最後はベリーベリーショートか、刈り上げで、坊主ギリギリまで使いたおしますよー」

へぇ~そんな事情になってたのね、あの頭。

髭ボーボータイプもあります。

美容師さんの世界ってほんとに大変なのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコ・マック

名指しですみません。
マクドナルド、以前から何かにつけて過重包装が指摘されがちでしたが、最近やっと「簡易包装にご協力を」といって、ビニールの手提げ袋を基本止めた模様。

でも、このただ袋を1枚止めただけ、という安易なやりかたに以前からちょっと物申したいところはありました。

外袋はやめたけど、ドリンクとポテト&バーガーは相変わらず2つの袋に分けて入れるマニュアルのままの模様。
まあ、液体がこぼれるとか冷たいものと温かいものをいっしょにしないとかいう配慮なのは察しがつくが、これがとても大迷惑。
2つの袋をつまんで片手にもつと、必然袋が斜めになってしまうので、無駄に空間があるドリンクのほうの袋は安定が悪く、必ずと言っていいほどドリンクがこぼれてしまうのです。

それで、仕方なくいつも意識的に両手にわけて持つようにしているのですが、先日は用事を済ませた足でランチを買いに立ち寄り、片手には少々荷物がありました。

それで、「すみませんが、荷物があるので袋にまとめてもらえませんか?」とお願いしたら、

「少々大きなふくろになりますが、よろしいでしょうか?」
とすばらしい0円スマイルで、

Ecomac200901213_2

バリューセット1人分の小さな紙袋2つをとっても立派なデスクいっぱいの大きな手提げ袋に入れてくれました。

「This is ECO Style 簡易包装はじめました」

の袋のキャッチが泣けます。

わかっているならエコバックをもってこいと言われそうですが、ファーストフードって便利にいつでも立ち寄れるコンビニエンスが売りのひとつでしょ、役割でしょ、と思います。
その範囲でもう少し工夫したらと。
たとえばね、バリューセット、あれっぽっちのメニューを2つの袋にわけるの止めようよ。いっしょにしていいかお客様の希望を聞くぐらいの手間、販売員に指導できるでしょ。

中になぜ?というくらい大量の紙ナプキンが入ってることがあるのも相変わらずだし。


私自身は実のところちっともエコなひとじゃないので、ちゃんとエコに取り組もうとしている姿勢にとやかく言うのはおこがましいかもしれませんが、エコ、エコと言葉に踊らされて、爪で集めて身でこぼすようなポーズばかりのエコが大嫌いです。

あんた、積水ハウスのCMの毛利さんのセリフをよく聞きなさい!と思います。
出来ることをガマンしたり不便を強いたりするのではなく資源を有効活用するのをエコというのじゃ。

工夫無き、頭の悪いエコ反対!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワタシ、脱いだら黒いんです。

Tarzanはもちろんだが、今月に入って発売された最新号の雑誌は、どれもこれもダイエット特集ばっかりでつまらないっ!

って、年中ダイエット、ダイエットとかけ声かけてる(だけ)、エクササイズグッズを次から次へと買ってばかり(だけ)の私が、何を言う〜、って感じですが。
ほかにもうちょっと、ぐっと来る情報は無いのかねと、コンビニの雑誌コーナーで思った次第。

そんな、ダイエット一辺倒の同じようなタイトルの雑誌に混じって、「小悪魔ageha」の小さな表紙の特集キャッチがあっぱれでした。


服を脱いだら
皮膚をはいだら
私たちは決して
白くない。


きゃあああああ、おもしろい。
意味不明だが、ニヤリと笑ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿久悠物語にこころならずも興奮

20080801akuyu
わたしの田辺誠一は、どうがんばったってきれい過ぎでミスキャストだし、TV局の自意識をいちいちエクスキューズをするための伏線の余計なカットはウザいし(スタ誕は日テレ、レコ大はTBS)、ぶへ~と思いながらも、テレビの前で歌いながら踊りながら最期まで観てしまいました、「ヒットメーカー阿久悠物語」。

でも、意外にへぇ~って収穫もあって、「アイドル」っていう今となっては当たり前というか、既にノスタルジーさえ感じることばを仕掛けたのも阿久悠さんだったのねー。

セリフに「時代が失いつつあって、でも時代が求めているものを・・・」っていうのがありました。

やっぱり、、 阿久悠先生はすごい
田辺誠一は素敵。

今日丁度、呑みながら、
「ちょっと前はさ、プロフィールに『尊敬するひとは・・・』っていうのがお決まりの項目で、あたしなんてそんなの無いから、自己紹介のたんびに引け目を感じていたけど、最近はかわりに『座右の銘は・・・』とか、『好きなことばは・・・』とか言うのが多くなってきて、誰もがイメージできるプロトタイプの完成度を目指す姿勢より、個性やアイデンティティーを堂々と主張する姿勢のほうが、かっこいいというトレンドなんだと思うのよね。」
みたいな話を、こころの中で(あたし、かっこいいこと言ってる~)と思いながら語ってたところ。 (わたし、呑むとやたら冴える傾向がある。)

でも、あえて、これからは「尊敬する人:阿久悠、好きなタイプ:田辺誠一、竹野内豊」って言うことに決めた。

それから、この間は「BOOWY縛り」だったけど、今度は「阿久悠縛り」でカラオケしようと、固く決心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)