« 2008年9月 | トップページ | 2009年1月 »

2008/10/13

意外に簡単、ベトナム風うどん「フォー」

20081011pho輸入食材をあつかっているスーパーなら、わりと簡単に手に入ることを知ったベトナムのうどん「フォー」と魚醤「ニョクマク」「ナンプラー」。ベトナム料理とか言ってしまうと敷居が高いような気がしますが、この2つの材料さえ手に入れば、意外に簡単に短時間でできるので、よく作ります。
本日は、実家の家庭菜園で取れたチンゲン菜をトッピングにアレンジ。 

20081011pho_chingensai

【材料】
・フォー(乾麺)・・・1人分※写真の麺は一袋3人前。少々散らかるので、大き目のポリ袋の中で1/3の量をバリバリと引っぱって外します。
・鶏肉(モモまたはムネ肉をお好みで)・・・80g程度
・海老・・・3~5尾
・チンゲン菜・・・小1株※あらかじめ下茹でしておきます。
・あさつきまたは万能ネギの小口切り・・・大さじ2杯分くらい

・長ネギ・・・青いところ3センチくらい
・生姜・・・スライス1枚
・唐辛子・・・1本

・ニョクマムまたはナンプラー・・・大さじ1/2杯
・鶏がらスープの素・・・小さじ1
・水(スープ用)・・・400cc
・塩・・・適宜

(お好みで)
・香菜(パクチー)
・こしょう
・レモン

【作り方】
1.分量のスープ用の水に長ネギと生姜、唐辛子を入れて火にかけます。沸騰したら鶏肉と海老を入れ、海老は1~2分茹で火が通ったら先に取り出して、さらに2~3分茹で鶏肉に火が通ったら、材料を全て取り出します。(ネギと生姜、唐辛子は捨てます。)この茹で汁をスープに使います。

2.海老は皮を剥き、鶏肉は一口大にスライスしておきます。

3.別の鍋に分量とは別のお湯を沸かし、沸騰したら麺を入れて指定の時間ゆでます。写真の麺の茹で時間は8分でした。

4.1.の茹で汁を火にかけ灰汁をすくい、鶏がらスープニョクマムを加えます。味を見て塩味が足りなければ塩を加えます。あさつきまたは万能ネギを加えスープは出来上がり。

5.麺が茹だったらよく茹で汁を切って器に盛り、2..の鶏肉と海老、縦半分に切ったチンゲン菜をのせ、4.のスープを注いで出来上がり。

6.お好みで、刻んだパクチー、こしょうやレモン汁を加えていただきます。

●アレンジ●
冷蔵庫に、食べごろのよく熟れたプチトマトがあったので、一緒に茹でて加えてみたら美味しかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/11

めかぶのとろとろスープ

20081010mekabusoup

昨日の焼きソバに添えたもう1品。

アレンジで加えたお豆腐のほかに、もうひとつ、賞味期限直前の食材が。

めかぶ。

普通にくっついてくるタレをかけて、生姜とかみょうがとか大葉とか、刻んだ香りの薬味をたっぷりかけていただくのが大好きで、けっこう常備しているのですが、意外とあしが早くてすぐに傷んでしまいます。

そのままオーソドックな食べ方も飽きたので、熱々の中華風スープにして食べたら、独特の香りがより引き立ち、程よいとろみも丁度よくとってもおいしかった!

【材料】

めかぶ・・・2パック
長ネギみじん切り・・・7~8センチ分
生姜スライス・・2枚
卵・・・1個
中華スープのもと・・・小さじ1程度
塩・こしょう・・・適宜
水・・・350ccぐらい
香菜(パクチー)・・・1/2株


【作り方】

1.生姜を加えて、お湯を沸かします。

2.沸騰して一煮立ちさせ生姜の香りが立ったら、生姜を取り除き中華スープを加えます。

3.スープが溶けたら長ネギ、めかぶを加え、再び煮立ったら味を見て、塩とこしょうで味を調えます。

4.強火にして煮立たったところに、よく溶いた卵を細くまわし入れかき玉にします。
火を通しすぎないように注意して半熟で火をとめます。器に移し香菜を加えて出来上がり。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/10/10

空芯菜と豚肉の焼きそば

久々に更新ですが、また空芯菜かよっhappy02

20081009kushinsai


そろそろ旬としては終盤ではあるのですが、すごい生命力!まだまだ実家の家庭菜園では、空芯菜が収穫できます。
こやつはニンニクをきかせて、シンプルに塩味で炒めて食べるのが、ギガ美味いのですが、さすがに飽きてきた・・・

先日魚介と炒めてもおいしいことを発見したが、もう一ひねり。

今日はちょっと残業でやや遅めの帰宅。ごはんを炊いておくのも忘れちゃったし、ささっとワンディッシュメニューで済ませたいところ。
冷蔵庫には、先日3食入りで特売だった焼きソバの残りが。
では、大好きな中華風焼きそばにしたててみよう!

20081009yakisoba

【材料】

・空芯菜・・・一束 写真の分量全部使いました
・豚こま・・・60~80gぐらい 特売で買って小分けにしていつも冷凍庫に常備しています

・生姜・・・スライス3枚分みじん切り
・長ネギ・・・5センチ分くらいみじん切り

・ごま油・・・大さじ1

(調味ソース)
・オイスターソース・・・大さじ1
・紹興酒・・・大さじ1
・中華スープの素(練タイプ)・・・大さじ1
・砂糖・・・大さじ1 あれば三温糖がおいしい
・お湯・・・150cc

・醤油・・・適宜
・こしょう・・・少々

(水溶き片栗粉)
・片栗粉・・・小さじ1
・水・・・50cc

・サラダ油・・・大さじ2
・焼きソバ麺(蒸)・・・1人前

【つくり方】

1.フライパンにサラダ油大さじ2を熱し、ほぐした焼きソバ麺を加え、中火で焼き色ををつけるように炒めつけます。

2.別のフライパにごま油と、生姜、長ネギを加えて熱し、香りが立ったら、豚肉を入れ炒めます。
豚肉にあらかた火が通ったら、さらに茎のほうから3センチぐらいにザク切りにした空芯菜を茎のほうから加えて炒めます。

3.空芯菜にあらかた油がまわる程度にざっと炒めたところで、あらかじめ混ぜておいた調味ソースを加えてさらに炒めます。

4.中華スープによって塩加減が違うので、味を見て塩気がたりなければ、醤油で味を調整し、さらにこしょうを加えます。

5.水溶き片栗粉をまわしてとろみがついたら、器に移しておいた1.の麺の上に盛って出来上がり。

●ポイント●
・もちろん!空芯菜でなくても、タァツアイでも小松菜でも青梗菜でもほうれん草でも、歯ごたえと香りが楽しめる青菜なら美味しくできると思います。

・青菜には火を通しすぎないこと!炒めてから味をつけて、とろみをつけて・・・結構火を入れる工程があります。
まだ足りないかな?と思うぐらいの火の通り具合で味付けへと進んでいくぐらいで丁度いいです。

・写真は、冷蔵庫に賞味期限ぎりぎりの使い残しの木綿豆腐が1/3丁ほど残っていたのでついでに加えちゃった!歯ごたえのバリエイションがついて、中華あんとのからみもよくておいしかったわheart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2009年1月 »