« 2008年10月 | トップページ | 2009年4月 »

2009/01/27

これがホントの「たこライス」。なんつって。

いや、タコライスっていうのは多分、メキシカン料理のタコスの代わりをご飯にして、チリコンカンのっけたやつを言うのだと思うが(笑)

お刺身用の蒸しだこを買ったので、お刺身じゃないおいしい食べ方はないものかと、タコがゴロゴロ入った炒めご飯を作ってみました。

Takogohan20090127

タコ、イカっておいしい食べ物ですが、独特の生臭みがあるので香りの強い香味野菜がよく合うと常々思っています。
だから、炒めご飯でよく使うタマネギや長ネギの代わりに、セロリを加えました。
お野菜は、タコと同じくゴロゴロと大きく切ったアボガドを。
ニンニクを効かせるのと、ワインとお酢の酸味もポイント。

タコの赤い色がほんのりご飯に移って、見た目にもおいしそうにできました。

【材料】

・お冷やご飯・・・2膳分弱ぐらい
・蒸しタコ・・・足 1/2本ぐらい
・アボガド・・・1/2 個
・セロリ・・・1/3 本
・ニンニク・・・小1カケ
・白ワイン・・・大さじ 1
・お酢・・・小さじ1
・塩・こしょう
・オリーブオイル・・・大さじ 2


【作り方】

1.フライパンにオリーブオイルとみじん切りのニンニクを加え火ににかけます。

2.オリーブオイルが温まって、ニンニクの香りがよく立ったら、粗みじんに切ったセロリを加え軽く炒め、さらに一口大に切ったタコを加え油がまわる程度に軽く炒め、白ワインを加え、ある程度白ワインの水気が飛ぶまでもう少し炒めます。(タコが固くなってしまうので炒め過ぎないように注意。)

3.ご飯を加えて切るようによくほぐしながら炒めます。ご飯がある程度バラバラになったら、お酢をまんべんなくふりかけるように加え、さらに、塩こしょうで味を調えます。

4.一口大に乱切りしたアボガドを加え、ざっと軽く炒めたらできあがり。

【ご飯をパラパラにするコツ】

私はたいてい、冷凍しておいたご飯を使うことが多いので、冷たいままご飯がバラバラになる程度に半解凍して使います。

お冷やご飯が無いときは、あら熱がとれたご飯をお皿に薄く広げ、ラップをせずに冷凍庫に5分くらい入れてから使うといいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/01/13

翌朝のしらす粥

翌朝のしらす粥

鰯のつみれからたっぷりうま味が出ている鍋の後のおつゆ。
捨てるなんてもったいない!
茶こしを通して、具の残りやかすを取り除き、更にたっぷりの釜上げシラスでお魚のうま味をプラスした美味しいおじやにして、1適残らず頂きました。

汁400ccぐらいに対して、研いだ米1/3合としらす一掴み、薄口醤油をほんの少し加えて蓋をして強めの中火にかけます。ふつふつと噴いてきたら、弱火で15分くらい炊き、刻んだ万能葱を加えまぜ、さらに溶き卵を回し入れ、刻んだ三ツ葉をのせたら蓋をして、火を止め1〜2分蒸らしたら出来上がり。

こういうときの卵は白身と黄身がざっと混ざる程度に、溶き過ぎないほうがふんわり美味しく仕上がります。

炊いたご飯が無かったので、お米からやってみましたが、「おじや」より「雑炊」派の私としては程よくちょっと固めの感じが美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/12

鍋にはキャベツ


寒い日が続きますねー。
こんな時はひとりの食卓だって鍋です。鍋。

Nabe20090111_1

どうしても量が多くなってしまうのですが、お肉やお魚は控えめにすると、お野菜やお豆腐をたくさん食べれるチャンスです。

無印良品で買った、2人用のなべが大きさも丁度よく、シンプルで使い勝手もよく活躍しています。

今日の具材は、

・いわしのつみれ 3つ
・ザクザク切ったキャベツ 大2枚
・長ネギ 15㎝分
・ホウレンソウ 2株
・木綿豆腐 1/3丁
・舞茸 1/2パック

いわしのつみれは冷凍の出来合いです。
もちろん、フードプロセッサーでお葱と生姜と卵黄とつなぎの粉を加えて、ガガガーと手作りすれば最高ですが、おいしいのを見つけたら、野菜を加えて煮るだけで、結構よい味が出るしひとりの食卓には便利です。

お汁は、昆布出しのみの水炊き。

ただし、一つまみの味がつかない程度の塩を加えます。
この塩はお魚やお肉など本来塩気を持っている具材から浸透圧で煮汁に具材の塩分とともに水分が出すぎて固く締まってしまうのを防ぎます。

20090111nabe_2

水炊きなどのあっさり味の鍋は、何といっても薬味がおいしくいただく要だと思います。
面倒でもここで手を抜いてはいけません。

今日は大根おろしと三つ葉と柚子に柚子胡椒を加え、ポン酢しょうゆでいただきました。

あと、やっぱりキャベツがおいしいよねー。白菜も美味しいけど、あっさり味の汁のときはキャベツは甘味が楽しめるし、炒め物とか付け合わせに使った残りも一気に消費できて、最近鍋にはキャベツが多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/05

東京のお雑煮

今日でお正月休みも終わりです。

20090104zouni

前にも書いたような気がしますが、うちは東京風のお雑煮です。

・醤油風味カツオ昆布だしののすまし汁
・焼いた角もち
・鶏肉
・小松菜

これが東京雑煮の必須レシピらしい。
わが家風は紅白の彩をイメージして少量の人参と大根、ナルトを加え、柚の香りでいただきます。

お決まりの小松菜は江戸時代の初めごろ東京で品種改良されたご当地野菜ということで、東京風レシピの要なのかもしれません。

この小松菜、生のまま冷凍保存すると便利なだけでなく、おいしさもアップするということを母から聞き、(といっても母も「ためしてガッテン!」の受け売りらしいのですが)年末に安く大量に購入しておいたときに、冷凍しておいたら、お正月のお雑煮に手軽に大活躍でした。

20090104

買ってきたら丁寧に洗ってよく水をきり、厚手の冷凍保存用ビニール袋に入れて冷凍庫へ。

自然解凍がポイント。水につけて解答するとビチャビチャになってしまうので注意。
お雑煮のように汁物に入れるなら、凍ったままザクザクきざんでそのまま使えます。
おひたしは、ゆでずに解凍したものをそのままいただきます。ゆでたものより味が濃くておいしいです!


さて、今年はがんばってマメに更新します!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2009年4月 »