« 鍋にはキャベツ | トップページ | これがホントの「たこライス」。なんつって。 »

2009/01/13

翌朝のしらす粥

翌朝のしらす粥

鰯のつみれからたっぷりうま味が出ている鍋の後のおつゆ。
捨てるなんてもったいない!
茶こしを通して、具の残りやかすを取り除き、更にたっぷりの釜上げシラスでお魚のうま味をプラスした美味しいおじやにして、1適残らず頂きました。

汁400ccぐらいに対して、研いだ米1/3合としらす一掴み、薄口醤油をほんの少し加えて蓋をして強めの中火にかけます。ふつふつと噴いてきたら、弱火で15分くらい炊き、刻んだ万能葱を加えまぜ、さらに溶き卵を回し入れ、刻んだ三ツ葉をのせたら蓋をして、火を止め1〜2分蒸らしたら出来上がり。

こういうときの卵は白身と黄身がざっと混ざる程度に、溶き過ぎないほうがふんわり美味しく仕上がります。

炊いたご飯が無かったので、お米からやってみましたが、「おじや」より「雑炊」派の私としては程よくちょっと固めの感じが美味しかったです。

|

« 鍋にはキャベツ | トップページ | これがホントの「たこライス」。なんつって。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3276/43733211

この記事へのトラックバック一覧です: 翌朝のしらす粥:

« 鍋にはキャベツ | トップページ | これがホントの「たこライス」。なんつって。 »