« 東京のお雑煮 | トップページ | 翌朝のしらす粥 »

2009/01/12

鍋にはキャベツ


寒い日が続きますねー。
こんな時はひとりの食卓だって鍋です。鍋。

Nabe20090111_1

どうしても量が多くなってしまうのですが、お肉やお魚は控えめにすると、お野菜やお豆腐をたくさん食べれるチャンスです。

無印良品で買った、2人用のなべが大きさも丁度よく、シンプルで使い勝手もよく活躍しています。

今日の具材は、

・いわしのつみれ 3つ
・ザクザク切ったキャベツ 大2枚
・長ネギ 15㎝分
・ホウレンソウ 2株
・木綿豆腐 1/3丁
・舞茸 1/2パック

いわしのつみれは冷凍の出来合いです。
もちろん、フードプロセッサーでお葱と生姜と卵黄とつなぎの粉を加えて、ガガガーと手作りすれば最高ですが、おいしいのを見つけたら、野菜を加えて煮るだけで、結構よい味が出るしひとりの食卓には便利です。

お汁は、昆布出しのみの水炊き。

ただし、一つまみの味がつかない程度の塩を加えます。
この塩はお魚やお肉など本来塩気を持っている具材から浸透圧で煮汁に具材の塩分とともに水分が出すぎて固く締まってしまうのを防ぎます。

20090111nabe_2

水炊きなどのあっさり味の鍋は、何といっても薬味がおいしくいただく要だと思います。
面倒でもここで手を抜いてはいけません。

今日は大根おろしと三つ葉と柚子に柚子胡椒を加え、ポン酢しょうゆでいただきました。

あと、やっぱりキャベツがおいしいよねー。白菜も美味しいけど、あっさり味の汁のときはキャベツは甘味が楽しめるし、炒め物とか付け合わせに使った残りも一気に消費できて、最近鍋にはキャベツが多いです。

|

« 東京のお雑煮 | トップページ | 翌朝のしらす粥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3276/43712484

この記事へのトラックバック一覧です: 鍋にはキャベツ:

« 東京のお雑煮 | トップページ | 翌朝のしらす粥 »