« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »

2009/11/26

季節の野菜をたっぷり食べるサラダ

さっき、「おもてなし」っていうカテゴリーを追加したんだけど、思えば素敵なことばだね「おもてなし」

って、思ったけど、調べたら「持て成し」の丁寧な言い方で、持って成す・・・古語からすると「取り繕う」っていうニュアンスが強いことばのようだ。

ちぇっ。

確かに見栄っ張りの私がお客様料理を作るときは、ちょっと背伸びしてカッコつけて、たしかに「持って成す」感が強いことは否めないが・・・。

でも、「表成し」っでありたいな!

ちょっとよそゆき。
表向きを意識して、普段着よりちょっと気をまわして食べる方のことをあれこれ考えるほどよい緊張感のあるテーブルがたのしい。

----------------------

間があいてしまいましたが、先日のお友達へのふるまい料理の2品目。

しっかり三枚肉の口直しの、季節の野菜を使った和風テイストのサラダを添えました。

実は、生野菜ってそんなに好んで食べない。
夏のまっさりなら、冷た~く冷やしたシンプルなグリーンサラダがおいしぃ~と思うこともあるけど、やっぱり何となく火を通した野菜が好き。
もともとコッテリ味嗜好の私は、水っぽくて味気ない食感をあまり好まない。

何度も登場するけど、実家では素人の家庭菜園にしては十分すぎるスペースで野菜を育てていて、いろんな野菜が消費が追いつかないほどいつもあふれていて、かさを減らしていかにたくさん食べるかを考えるのがすっかりいつもの課題になっていて。
サラダでは2人分でもせいぜい葉っぱ数枚。効率悪いんだよねー、必然的に火を通して食べることがすっかり習慣にもなっている。

とはいえ、先日たっぷり採れた水菜って火を通しすぎると筋々になっちゃって、あんまりおいしいと思わない。
トッピングやお薬味的に生でたっぷり添えて食べたりするのがすき。

さてさて、新鮮ではあるけどそんなあり合わせの自家製季節のお野菜をおいしくたっぷり食べれるサラダ。

20091111ageyasaisalada_2

先日は、買ったお野菜もとりまぜて、

ナスとレンコンとカボチャ。

ゴボウや、里芋、サツマイモや、大根、かぶ、タマネギ・・・

なんでも旬のお野菜をお好みで、とにかく3ミリくらいの薄切りにして、すべて170度くらいの低温でおいしそうな色目がつく程度に素揚げにします。

そうして、ザクザク切った水菜に和えるだけ。

おいしい油で揚げれば、揚げ野菜のオイル分がちょうどいい旨みになるので、ポン酢醤油とコショウ少々だけで、あっさり食べるのもおいしい。

おすすめは、市販の白だし系のつゆの素とお酢とコショウ。
つゆの素によって、塩味が違うので、味を見てお酢を加減します。

時間はかかるけど、お野菜を揚げずに、魚焼きグリルやオーブンで焼き野菜にして、市販のつゆの素にお酢とオリーブオイルを加えた簡単ドレッシングで!というのはさらにイケそうです。

グリーンサラダより、緑黄色野菜もたっぷりとれて、歯ごたえ食べ応えのある栄養お野菜おためしあれ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/15

秋のランチを友達と

今日は、親友のひとりを招いておうちランチをしました。

20091115party

メニューは和食が食べたいとの彼女のリクエストで旬の野菜を中心に以下のとおり。

・鯛飯
・揚げ秋野菜のサラダ
・春菊と巻き湯葉のお椀
・大根と豚バラの煮もの
・ごまいわし

ポン酒のおともにも行けそうですが、今日はお酒を飲まない彼女向きに、やさしい味をイメージして構成。

二人分ランチにちょうどよい控えめの量の煮ものをこしらえるのに、さっそく先の「おやじ鍋」が活躍。

20091115daikon_butabara

【材料】
大根・・・3センチの輪切り3つ
豚バラ肉・・・80g~100g
(酒・・・大さじ1)
鰹だし汁・・・250cc程度
出汁昆布・・・5センチ角程度
酒・・・30cc
みりん・・・大さじ1
しょうゆ・・・大さじ1
半熟玉子・・・1個
青ネギ・・・適宜

【つくり方】
1.豚肉は大きめの一口大に切り、大さじ1の酒をまぶし、かぶるくらいの熱湯に入れて5分くらい茹でて、余分な脂と臭みをとるための下ゆでをしておきます。

2.煮立った鰹だし汁に昆布とお酒、1.の豚肉だけを加え、1時間~1時間半ぐらいじっくり弱火で煮ます。だし汁が少なくなったらお肉がひたひたにかぶる程度に差し水をして、焦がさないように注意。

3.大根は皮を厚めにむいて、くしに半分に切って面取りして、2に後から加えて、さらに30分程度弱火で煮ます。
この時も煮汁が少なくなりすぎないようにときどきお湯を足して、焦がさないように注意。

4.お肉にも大根もよくやわらくなった3にみりんを加え、再び煮立ったらしょうゆを加え、さらに2、30分じっくり弱火で煮て、火をとめていったん粗熱をとります。
この一度冷ますのがポイント。よーく味がしみ込みます。

5.食べる前にもう一度温めて、半熟玉子と刻んだ青ネギを添えていただきます。

彼女にも喜んでもらえて楽しい会食でした。

でも、寝坊しちゃって、あわてて時間のかかる煮ものは寝ぼけ眼で仕込めたものの、お客さま到着のタイミングで並べるはずのごはんがいろいろ間に合ってなくて、ちょっとお待たせしてしまって申し訳なかったな~(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/12

及源の万能鍋

さがしていたイメージとピッタリの、
というか期待を上回る鍋を手に入れました!

20091111oigen_1

うまくできたらいつかレシピを是非ここに記録しておきたいところなんだけど、
ランチでよく行く和食小料理屋に、石焼きピピンパ風なんだけど、具をイカめんたいにしてちょっと和風にアレンジしたメニューがあって、これがものすごくおいしい。
ときどき、おうちで再現してみようとフライパンとかでいろいろやってみるんだけど、やっぱりイマイチ。

かといって、その為にそれ以外の用途があんまり思い浮かばない上に、重たくかさばる石焼き鍋買うのもねー。
熱~くなって、かつその保温性もよくて、いろいろ出来て、そんでもってそのまま食卓で器にしてもよさそうな、素敵な鍋はないものかと、ずっと探していたのですが、先日自由が丘の「私の部屋」でこの鍋を見つけました!

及源鋳造という南部鉄器メーカーの「おやじの宝鍋」という商品。

OIGENという商標名でもときどき見かけますが、先日の雑誌クロワッサンの道具の特集でここのフライパンが紹介されていて、うーんこのフライパンでもアリかな、なんてちょうど思っていたところなんですが、フライパンより私の目的にあったもの発見!という感じ。

内径6センチほどの小ぶりな蓋つきで、ちょうどよい加減の深さもあり、蓋つきで焼いてよし、煮込んでよしの、便利な形状。
蓋が内側にはまり込む構造で密閉度が高く、小ぶりな簡易ダッチオーブンという作り。

20091111oigen_2

しかも、この蓋は蓋で、鉄板としてちょっとしたグリルパンとして使えるのです。

取扱い説明書件の写真入りのわくわくするようなレシピ集のリーフレットが同梱されていて、商品名のあらわすとおり、かみさんが留守なんてときにおやじがちょこっとこの鍋ひとつで酒のつまみにもなる、ひとり飯をつくりたくなる鍋というコンセプトで、広瀬 慎さんという、まさにおやじがデザインとあった。

レシピは本体鍋側でおいしそうな炊き込みご飯や具たっぷりの炒め物や即席ちゃんぽんなんかをこしらえ、同時に蓋でシシャモやらなかにおいしそうな具を詰めた油あげやら、なんとおひとりサイズのピザまで焼けちゃう!!という魅力的な内容。

さっそく、さっそく、載ってたレシピを真似て、タコめしを炊いてみました。

20091111takomeshi

ぶつ切りのタコと刻んだ生姜を研いだお米に加えて、塩と薄口しょうゆ少々でほんのり塩味をつけて、だしコブ入れて、普通にご飯を炊くだけ。

期待以上においしくご飯が炊けます!

ひとりご飯にはうれしい、1合のご飯を炊くのにちょうど良いサイズの上に、早く炊ける。

お水に浸したお米なら、強火にかけて沸騰したら、ごく弱火にして、12~3分、火を止めて蒸らして10分というところだ。

さっそく、毎日の白飯炊きに大活躍しているけど、念願の石焼ビビンバはもちろん、いろんなメニューをためしてみるのが楽しみ。

いろいろ検索してみたんだけど、残念ながらこの鍋の情報は見つからなかった。
あんまり作ってないのかなー。

すこし大ぶりになりますが、このお鍋がほぼ同じ感じの使い勝手かなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »