« 秋のランチを友達と | トップページ | ほうれん草とチキンのグラタン »

2009/11/26

季節の野菜をたっぷり食べるサラダ

さっき、「おもてなし」っていうカテゴリーを追加したんだけど、思えば素敵なことばだね「おもてなし」

って、思ったけど、調べたら「持て成し」の丁寧な言い方で、持って成す・・・古語からすると「取り繕う」っていうニュアンスが強いことばのようだ。

ちぇっ。

確かに見栄っ張りの私がお客様料理を作るときは、ちょっと背伸びしてカッコつけて、たしかに「持って成す」感が強いことは否めないが・・・。

でも、「表成し」っでありたいな!

ちょっとよそゆき。
表向きを意識して、普段着よりちょっと気をまわして食べる方のことをあれこれ考えるほどよい緊張感のあるテーブルがたのしい。

----------------------

間があいてしまいましたが、先日のお友達へのふるまい料理の2品目。

しっかり三枚肉の口直しの、季節の野菜を使った和風テイストのサラダを添えました。

実は、生野菜ってそんなに好んで食べない。
夏のまっさりなら、冷た~く冷やしたシンプルなグリーンサラダがおいしぃ~と思うこともあるけど、やっぱり何となく火を通した野菜が好き。
もともとコッテリ味嗜好の私は、水っぽくて味気ない食感をあまり好まない。

何度も登場するけど、実家では素人の家庭菜園にしては十分すぎるスペースで野菜を育てていて、いろんな野菜が消費が追いつかないほどいつもあふれていて、かさを減らしていかにたくさん食べるかを考えるのがすっかりいつもの課題になっていて。
サラダでは2人分でもせいぜい葉っぱ数枚。効率悪いんだよねー、必然的に火を通して食べることがすっかり習慣にもなっている。

とはいえ、先日たっぷり採れた水菜って火を通しすぎると筋々になっちゃって、あんまりおいしいと思わない。
トッピングやお薬味的に生でたっぷり添えて食べたりするのがすき。

さてさて、新鮮ではあるけどそんなあり合わせの自家製季節のお野菜をおいしくたっぷり食べれるサラダ。

20091111ageyasaisalada_2

先日は、買ったお野菜もとりまぜて、

ナスとレンコンとカボチャ。

ゴボウや、里芋、サツマイモや、大根、かぶ、タマネギ・・・

なんでも旬のお野菜をお好みで、とにかく3ミリくらいの薄切りにして、すべて170度くらいの低温でおいしそうな色目がつく程度に素揚げにします。

そうして、ザクザク切った水菜に和えるだけ。

おいしい油で揚げれば、揚げ野菜のオイル分がちょうどいい旨みになるので、ポン酢醤油とコショウ少々だけで、あっさり食べるのもおいしい。

おすすめは、市販の白だし系のつゆの素とお酢とコショウ。
つゆの素によって、塩味が違うので、味を見てお酢を加減します。

時間はかかるけど、お野菜を揚げずに、魚焼きグリルやオーブンで焼き野菜にして、市販のつゆの素にお酢とオリーブオイルを加えた簡単ドレッシングで!というのはさらにイケそうです。

グリーンサラダより、緑黄色野菜もたっぷりとれて、歯ごたえ食べ応えのある栄養お野菜おためしあれ。


|

« 秋のランチを友達と | トップページ | ほうれん草とチキンのグラタン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3276/46861710

この記事へのトラックバック一覧です: 季節の野菜をたっぷり食べるサラダ:

« 秋のランチを友達と | トップページ | ほうれん草とチキンのグラタン »