ひとり暮らしの食卓

2009/11/15

秋のランチを友達と

今日は、親友のひとりを招いておうちランチをしました。

20091115party

メニューは和食が食べたいとの彼女のリクエストで旬の野菜を中心に以下のとおり。

・鯛飯
・揚げ秋野菜のサラダ
・春菊と巻き湯葉のお椀
・大根と豚バラの煮もの
・ごまいわし

ポン酒のおともにも行けそうですが、今日はお酒を飲まない彼女向きに、やさしい味をイメージして構成。

二人分ランチにちょうどよい控えめの量の煮ものをこしらえるのに、さっそく先の「おやじ鍋」が活躍。

20091115daikon_butabara

【材料】
大根・・・3センチの輪切り3つ
豚バラ肉・・・80g~100g
(酒・・・大さじ1)
鰹だし汁・・・250cc程度
出汁昆布・・・5センチ角程度
酒・・・30cc
みりん・・・大さじ1
しょうゆ・・・大さじ1
半熟玉子・・・1個
青ネギ・・・適宜

【つくり方】
1.豚肉は大きめの一口大に切り、大さじ1の酒をまぶし、かぶるくらいの熱湯に入れて5分くらい茹でて、余分な脂と臭みをとるための下ゆでをしておきます。

2.煮立った鰹だし汁に昆布とお酒、1.の豚肉だけを加え、1時間~1時間半ぐらいじっくり弱火で煮ます。だし汁が少なくなったらお肉がひたひたにかぶる程度に差し水をして、焦がさないように注意。

3.大根は皮を厚めにむいて、くしに半分に切って面取りして、2に後から加えて、さらに30分程度弱火で煮ます。
この時も煮汁が少なくなりすぎないようにときどきお湯を足して、焦がさないように注意。

4.お肉にも大根もよくやわらくなった3にみりんを加え、再び煮立ったらしょうゆを加え、さらに2、30分じっくり弱火で煮て、火をとめていったん粗熱をとります。
この一度冷ますのがポイント。よーく味がしみ込みます。

5.食べる前にもう一度温めて、半熟玉子と刻んだ青ネギを添えていただきます。

彼女にも喜んでもらえて楽しい会食でした。

でも、寝坊しちゃって、あわてて時間のかかる煮ものは寝ぼけ眼で仕込めたものの、お客さま到着のタイミングで並べるはずのごはんがいろいろ間に合ってなくて、ちょっとお待たせしてしまって申し訳なかったな~(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/08

ビールに空芯菜の塩炒め

ニフティで、「ビールにあう1品レシピコンテスト」が開催されている。
ビールがもらえる。ビールが欲しい。
さっそく応募した。こちらにもレシピ紹介。

緑黄色野菜を摂らなくちゃ。と心がけて入手するけど、とにかく1把の量がひとりでは多すぎる。
菜っ葉ものって、おひたし、お味噌汁して、後は何にする?

中華料理店で食べて、シンプルな味が病みつきになった青菜炒め、味を思い出して作ってみた。

お酒を使うと意外に少ない油で、しかもしっとり美味しく仕上がります。
なんと言っても単品の素材で簡単!

シャッキリ系の菜っ葉ものは何でもこの応用でよく作ります。
夏になると、実家の家庭菜園で空芯菜がたくさんとれます。
やつらは、伸びた上の方から摘んでいくと、切っても切ってもどんどん育って夏の間中楽しめるすごい生命力!
こういう、元気のもとみたいなものにあやかりたい。

空芯菜、最近は普通のスーパーなどでもよく見かけるようになりましたが、シャッキリ感がある菜っ葉なら、豆苗でも、青梗菜でも、タァー菜でも、手に入りやすい小松菜でも、何でも美味しく出来ます。

-------------

Kushinsai_2

【材料】
空心菜(または、豆苗か小松菜がおいしい)・・・1/2把
ニンニク・・・小1かけ
鷹の爪・・・1/2~1本
塩・・・ひとつまみ
うま味調味料・・・小さじ1/4
酒・・・大さじ1
サラダ油・・・大さじ1

【作り方】
1)青菜は3センチくらいのザク切りにする。
2)鷹の爪は真ん中から2つに切って種を取り除き、さらに5ミリ巾くらいの輪切りにする。
3)ニンニクは2ミリくらいの輪切りにし、中心の芽を楊枝などで取り除き、さらに2ミリぐらいの千切りにする。
4)フライパンに油、塩、うま味調味料と、ニンニク、鷹の爪も加え中火にかける。
5)油が熱くなりニンニクの味が出たら、強火にして青菜を加え炒める。
6)ざっと青菜に油がまわったらお酒を加えさらにすばやく炒めたら出来上がり。

・ポイント1!余熱で火が通るので、青菜がしんなりして、もう少しかな?というところで早めに火からおろすと青菜のしゃっきり感が残って美味しい。
・ポイント2!うま味調味料を加えてアジアの屋台風にあえてチープな味つけが美味しい。科学調味料に抵抗がある場合は、変わりに、千切りにしたしいたけをプラスして。この場合、青菜より火の通りににくい先にしいたけから炒める。
・ポイント3!写真は水煮竹の子を千切りにして加えています。歯ごたえにバリエイションをつけたいとき、青菜の量が少ないときにおすすめ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/01/27

あるあるドリンク

ねぼすけの私のよくある朝ごはん。
Aruaru1_1

名づけて「あるあるドリンク」

Aruaru4
ベースはこの材料、

1.バナナ 1本
高原栽培プレミアム、ってえのがよりいいらしい。何がよりいいのかは忘れちゃったけどいいらしい、っていうところが『あるある』っぽい(笑)

2.アミノコラーゲン粉末 大さじ 1
美肌のために。

3.スキムミルク 大さじ 1
カルシウム摂取が目的。美容とダイエットに役立つらしいが、どう役立つのか忘れちゃったっていうところが『あるある』風

4.豆乳 200CC
大豆イソフラボン効果ネタは定番!ってところが『あるある』風

これらを適当にぶちこんで、バーブレンダーでグォオオオオオっと混ぜるだけ。

Aruaru3


さらに美肌効果を意識して、

5.プレーンヨーグルト 大さじ 3

6.オリゴ糖 大さじ1

7.ショウガ 3ミリ厚ぐらいのスライス1かけ

を加えると 『佐伯チズ汁』に。(なぜか「ドリンク」から「汁」に語尾が活用してしまう。)

Aruaru2

オリゴ糖はマルハの「オリゴのおかげ」しか知りませんでしたが、この間成城石井でこれを発見。「オリゴのおかげ」とは原料が違うようですが、価格お手ごろで徳用サイズです。

ひとり分をあれこれ朝からは大変ですが、時間のないときはこれは腹持ちもよくて、何も食べずに出かけるよりなんだか体によさそうです。

ハンドブレンダーは少量を簡単にすりつぶしたり、混ぜたり手早く出来て、ひとりぐらしで大活躍中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/07

七草粥

今朝は春の七草、ちゃんとお粥を炊きました。

070107nanakusa2_1

っていっても、スーパーで売ってる七草セットは、はっきり言ってその辺に生えてる雑草セットなのに、バカみたいに高いから、代わりに葉つきの大根とエノキを入れて仕上げにたっぷりの卵でとじました。

新しい街は地元神奈川産のお野菜が新鮮でお買い得。先日自分の太ももぐらいもある瑞々しくて大きな大きな三浦大根がまるごと198円とお買い得だったので、思わず買ってしまったのだ。葉っぱもたっぷり入れた。
しばらくは大根との格闘です。(笑)

3日の朝は実家から貰ってきたおせちと一緒にちゃんとお雑煮を作って食べたよ。

070107nanakusa_3

家は東京風、かつお出汁のすまし汁に鶏肉と小松菜の具、柚子で香りをつける。おもちは焼いた角もちだ。我が家風のアレンジは紅白の縁起を担いで人参と大根を少し入れる。あれば渦巻きのナルトも。

前にも書いたけど、ひとりでも季節折々のイベントは楽しむようにしている。
どうしてもひとりだと生活がダラァ~とマンネリ化しちゃうから、気持ちにメリハリがついていいのです。


そういえばまだ、引っ越して来て、地元の氏神さまに「どうぞよろしくお願いします。」のご挨拶をしていなかった。
よい機会なので、今日は近所の神社に初詣に出かけた。

070107futoojinjya_1
太尾神社

住宅地の路地の間の参道を登っていくと、大倉「山」の切り立った裏斜面の狭い一画にポツンとお社がある小さな神社だ。
石碑の由来を見ると、この周囲に点在していたいくつかの神社を昭和30年代に合祀して奉ったとあった。
前に住んでいたところの氏神様は、池袋の側で昔から人がたくさん住んでいたのだろう、同じ住宅地の神社でも、江戸時代から歴史のある神社だった。ところ変わればだなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/03/10

なつかしいひな祭りメニュー

遅れたテーマで恐縮だけど、先週3月3日はひとりでご飯だったけど、ちょっとご馳走メニューにしてみました。

20050303hinagohan

実家の母は食べることにとても手をかけてくれるひとで、子供のころは食が細くて食べるのが異常にのろかった私を気遣ってか、お教室でふたを開けると「わ~!ひでちゃんいいなぁ」とみんなが集まってくるような、かわいいお弁当を持たせてもらえるのが自慢だった。

チューリップ型に切ったゆで卵、食パンをクルクルと巻いて飴玉のように色とりどりのセロファンにつつんだロールサンドイッチ、小さな紙コップに差し込まれたフライドポテトと柄のついた紙ナプキンに包んだハンバーガーが箱にお洒落に詰め込まれたなんちゃってバーガーショップランチBOX・・・

年に一度だけ作ってもらえる、卵の着物を来たちらし寿司もとても楽しみだった!
大きくなって、もう長いこと作ってもらっていなかったので、こんな感じだったかな?と思い出して作ってみました。

20050303ohinasama

ひとり暮らしをするようになってから、何となく食べていた母のメニューあれこれが、なぜかやたらなつかしく思い出して、作ってみたくなります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/12

宴の後のひと工夫

週末おうちで気軽にお友達をよんで夕食を食べる。
わたしの部屋でホームパーティー、あこがれのひとり暮らしの楽しみ。

今週もご近所のぽーちゃんとKTが遊びに来てくれた。
メニューは上野のデパ地下セレクション。たっぷり食べてビール&デザートつきでひとり2,000円ぐらいだ。
それでも、あれこれ欲張っちゃって、ちょっとずついろいろ余っちゃった。

ぽーちゃんは、「このちょぼちょぼの残りものたちをhidbooは明日食べるの?」と少し哀れみながら気にしつつ帰っていったが、これが今朝の朝食。

20050211nokorimono

大皿に一口ずつのこっちゃったサラダやおつまみをちゃんと丁寧に温めなおしてキレイにもれば、ちょっとしたワンプレートブレックファーストに変身。夕べのおもしろかったおしゃべりなんかを思い出しながらご機嫌な休日の朝ごはんです。

先週後半はまたまた調子を崩しグロッキーになってしまって、少し落ち込んでいたのだけれど、本当に昨日は元気をもらいました。来週からまたがんばれそう。
ひとり暮らし、もつべきものは友だちです!ほんとうにありがとう。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005/01/17

週末はちょっと手をかけて

昨日、土曜日のメニューはロールキャベツのトマトスープ風味にいたしました。
20050115rollcabe
理由は3つ。

・先週特売で美味しそうな冬キャベツ、ホールで198円を手に入れた。きれいな子だったので、刻んだりしちゃうまえに外側の大きくてきれな葉っぱをを剥いてとっておいたの。

週末はちょっと手のかかったものを食べたい。やっぱり特売の時に冷凍しておいた合挽き肉250gを使って、4つ作って、うち2つは次回用に再び冷凍。次回は和風スープにするか。カレースープも捨てがたい。

・カッコ優先で買ったHaierのワンドア冷蔵庫・・・実はあんまり優秀じゃなくて・・・一番下の段にしまっておいたトマトが凍ってしまったの!自然解凍解答したらベチャベチャ(^^;生食はあんまりなので、煮るしかないでしょ。ってことで必然的にトマトスープ味に。

お肉にはナツメグとタイムを。スープにはオレガノをちょっと効かせて、ハーブ&スパイス味で満足。
手に入れたばかりの下ろしたてのお皿に盛って。

あっ、楕円のシンプルな深みのあるこのサイズのお皿、すごい使い勝手いいのよね!お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/12

意外に優れもの、その名も・・・

20050111otoshibuta
この子、沸騰すると鼻から湯気を噴いて、煮汁の鼻ちょうちんをプクプク膨らまします。
ギャハハ、思わずかわいい~とキッチンでひとりニヤニヤしてしまいました。

この子は近所のスーパーで見つけたの。「何?これ?」と手に取ると、その名も、

「おとしブタ」

ギャハハ、ギャハハ、落し蓋なんてあんまり使わないし、大抵アルミホイルで代用だし、1,000円は高いなあと思いつつ、あんまりおかしくて買ってしまいました。
でもね、こいつが見た目はおまけの楽しみみたいなもので、すごい優れものなんですよ。
シリコン製なんですが、適度な重さややわらかさがあるので、紙やアルミホイルの軽さが原因のふきこぼれもなく、水を吸った木や、金物の落し蓋にありがちな重さによる荷崩れもない。
しかも、落し蓋としてだけじゃなくて、レンジでチンするときのラップの代わりにも使えるのです。

そして、この落し蓋を使った成果、夕べの晩御飯のおかずがこちら。
20050111toridaikon
・グラム66円の特売でたくさん買って冷凍しておいた鶏の手羽先
・お雑煮用に買った大根のあまり
・同じくお雑煮用で使った小松菜の残り
・朝のおかず用の絹あげ
・タイムサービスで袋詰め放題100円だったどんこ
を、実家でよく母が作ってくれた味を思い出しながら、ごま油でニンニクと生姜をきかせて、甘辛に煮てみました。
そういえば、自炊をはじめてから初めての煮物らしい煮物だ。

で、出来栄えは・・・あたしってば、お料理上手かも、って自画自賛したくなるほど大成功でした!

大根なんか口に入れたらとろとろ~でした。

冷蔵庫に入れておいた残りには、煮凝りも出来ていてすっごい満足な一品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/03

歳の瀬に雪見で朝食

ちょっと遡って・・・

20041229yukimi2004年歳の瀬も迫る12月29日の朝。目が覚めたら東京は初雪でした。
部屋の窓から、初めての雪景色です。

この部屋はたくさん光が入ってくるせいか、ひとりで暮らすようになってから目が覚めると、以前よりお天気が気になるようになりました。

20041229yukimigohan
寒いけど、思わず少しの間だけ窓を開けて雪見の朝ごはん。

メニューは健康的且つ、豪勢に・・・って品数が多いのには分けがあります。
それは年末年始実家に帰るにあたり、冷蔵庫を空にしなければならなかったから。(笑)

20041229yukimimenu

・風邪気味だったので、長ネギたっぷりの大根のお味噌汁

・実家からもらったナスでベーコンのはさみ焼き。先日冬至に柚子湯をした時に余った柚子で香りづけ

・きゅうりって使い道無くて余るのだよ、と浅漬けの素を使ってたくさん食べられる工夫

納豆は安くて栄養満点でご飯がすすむ、ひとり暮らしお助け食材

・こちらも実家の畑でとれたブロッコリーに大好きな手作りお豆ドレッシングをたっぷりかけて

・やっぱり風邪気味を意識して加えた一品、林檎のデザート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/06

ひとり暮らしはじめました。

長年ずっと考えていたひとり暮らしをはじめました。

20041206hitoride.jpg

引越しの翌晩、はじめてのひとりで自炊ご飯です。
・うな丼
ひとり分だと300円もしないで閉店間際のスーパーで買えました。
電子レンジも箱から出してなくて、蒸し器も無いので、お鍋に浅く水をはって深めのお皿を使って蒸してあたためました。ひとり暮らしの知恵、さっそく発揮!

・ほうれん草とお豆腐とおネギのお味噌汁
一汁一菜にどうしてもなりがちな、具沢山お味噌汁なら栄養満点。
そして、ひとり分をちょっと作るのってむずかしい。どうしても量が増えてしまうのです。
ってなこともあろうと、大振りなお椀を用意しておきました。でも、塩分取りすぎは注意しなくちゃなぁ。

・ブロッコリーのマスタード和え
新しい町は、下町っぽい大きな商店街がすぐそばです。
駅前の八百屋さんで、タイムセールどれでも100円とやや不揃いだけど、この野菜高騰のご時世にあらゆるお野菜を路地に皿盛りにして売っていました。お味噌汁に入れたほうれん草といっしょにこのブロッコリーも入手。
マヨネーズと粒マスタードで和えました。


ずっとずっともう何年もやるべきだと思っていたひとり暮らし。
東京に住んでいると、ひとり暮らしをする必然性がなく、お金もかかるし、パラサイトの便利さや目の前の寂しさについつい流されて先延ばしにしてきました。
もう少しお金がたまったら、次の仕事が落ち着いたら、忙しくなくなったら、、この問題が解決したら、もしかしたら数年のうちにお嫁にいくかもしれないし・・・・
と自分自身にも言い訳をしながらずっと先送りしてきました。

家族に話したとき、父の第一声は「いまさらひとり暮らしをする歳でもなかろうに・・・」。
事情を良く知らないひとは「なぜ?」とききます。
35歳、確かに世間的には結婚して家庭をもっていたり、早ければ年老いてきた親面倒を見ていてもおかしくない年齢。遅いスタートなのかもしれません。

でも、だからこそ今だという気持ちがあって勢いはじめてしまったところがあるかもしれません。
って、そのうちしようと思っているんだから、ためしにどんなもんか物件見学でもしてみますか・・・という冷やかし半分のノリで不動産をのぞきにいったその足で、突然決めてしまったんです。
この部屋を見に行ったとき、今決めないときっと一生できないかもしれない、何も準備していないけど、
きっといつ決めたって同じことだ。今がタイミングだと、ポロッっと枯葉が落ちるような、そんな感じがありました。

「やってみたいとずっと思っているなら、やってみたほうがいいよ。自由の楽しさとともに、自分が何もしないと何もおこらないっていうのは、きっと体験してみたほうがいい。」
随分前に義兄に言われたことばです。

さて、どうなることやら、こうご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)