青菜

2010/01/03

ほうれん草とチキンのグラタン

新年初料理。
お正月は実家に帰って、おせちと母の手料理だったので、今日料理らしい料理を今年はじめて作りました。

といっても、まったく正月料理でもなんでもないですが、
実家の家庭菜園で採れたほうれん草を持って帰ってきたので、グラタンつくりました。

なんだかクラシックスタイルの洋食にしたくて、小麦粉でつくる古典的なベシャメルソースと、チーズはたっぷり、ちゃんとパン粉もかけてこんがり焼きました。

今、とっても欲しい家電NO.1はオーブンなんです。
電子レンジにオマケ機能みたいについてはいるんですが、高温にならないしイマイチ使えない。

焦げ目をつけたい料理のときは、意外に使える、魚焼きグリル!

魚臭ささが残らないようにいつもキレイによくおそうじしておくのがキモですが、ピザもおもちも野菜グリルも、私はけっこう魚焼きグリルを活用しています。

20100103hourensogratan

今日は最初に少々火が強すぎて、ちょっと焦げ気味ですが、グラタンはこれぐらいカリカリが好み。

オーブンと違って、じっくり火を通す、というのは少々向かない魚焼きグリル。あらかじめ具材に8割方火を通しておくのが魚焼きグリルでつくるポイントです。

【材料】

鶏もも肉・・・80gくらい
塩・コショウ・・・適量
白ワイン・・・大さじ1杯

椎茸・・・2個
(マッシュルームでもOK)

ほうれん草・・・2~3株
(硬めに下ゆでしておく)

にんにく・・・1/2カケ

オリーブオイル・・・大さじ1/2杯

<ベシャメルソース>
薄力粉・・・大さじ1杯
牛乳・・・80CC
バター・・・10g
塩・コショウ・・・適宜

ミックスチーズ・・・たっぷり
パン粉・・・大さじ 2杯
バター・・・少々

【作り方】

まず、ベシャメルソースを作ります。
面倒なら、市販の缶詰のホワイトソースでも可。
作り方に諸説ありますが、上手につくるコツは、冷たい牛乳を温かいルウに少しずつ加えること。
一気に加えるとダマになって取り返しがつかないことになるので、じれったいけど、ココは我慢で丁寧に練っていく。
1.小麦粉をフライパンに入れて火にかけてダマダマをほぐしながら色がつかない程度に炒め、バターを加えてよく練ります。
2.1.がなめらかな感じによく混ざったら、火からおろして大さじ半分から1杯程度加え、よく練ります。これを分量の牛乳がすべて加わるまで繰り返します。
3.バターの塩けがあるので不用の場合もあるので、味を見て軽く塩コショウで味を整えたらソースはできあがり。
4.小さめの一口大に切った鶏肉に塩コショウでした味をつけておきます。
5.オリーブオイルとみじん切りにしたにんにくをフライパンに入れ、中火にかけ香りがたったら4.の鶏肉をソテーします。表面が白くなったら、白ワインを加え、さらに3ミリくらいの厚さにスライスした椎茸を加えて炒め、鶏肉に8分くらい火がとおったら火からおろします。
6.グラタン皿に5とよく水気を切って、食べやすい大きさに刻んだほうれん草を均等に並べ、その上に2のベシャメルソースをかけます。
7.チーズを好みの分量のせ、さらにその上にパン粉をふりかけ、小さく刻んだバターを散らして、弱めの中火にした魚焼きグリルで、5分~10分程度、ほどよい焼き色がつくまで焼いたら出来上がり。

今年は、たっぷり料理します!もう一つの目標ダイエットとの兼ね合いが???ですが、おいしいものを食べながら痩せるぞ!おおー

・・・っていきなりカロリー高めのメニューでスタートしてしまいました・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/13

意外に簡単、ベトナム風うどん「フォー」

20081011pho輸入食材をあつかっているスーパーなら、わりと簡単に手に入ることを知ったベトナムのうどん「フォー」と魚醤「ニョクマク」「ナンプラー」。ベトナム料理とか言ってしまうと敷居が高いような気がしますが、この2つの材料さえ手に入れば、意外に簡単に短時間でできるので、よく作ります。
本日は、実家の家庭菜園で取れたチンゲン菜をトッピングにアレンジ。 

20081011pho_chingensai

【材料】
・フォー(乾麺)・・・1人分※写真の麺は一袋3人前。少々散らかるので、大き目のポリ袋の中で1/3の量をバリバリと引っぱって外します。
・鶏肉(モモまたはムネ肉をお好みで)・・・80g程度
・海老・・・3~5尾
・チンゲン菜・・・小1株※あらかじめ下茹でしておきます。
・あさつきまたは万能ネギの小口切り・・・大さじ2杯分くらい

・長ネギ・・・青いところ3センチくらい
・生姜・・・スライス1枚
・唐辛子・・・1本

・ニョクマムまたはナンプラー・・・大さじ1/2杯
・鶏がらスープの素・・・小さじ1
・水(スープ用)・・・400cc
・塩・・・適宜

(お好みで)
・香菜(パクチー)
・こしょう
・レモン

【作り方】
1.分量のスープ用の水に長ネギと生姜、唐辛子を入れて火にかけます。沸騰したら鶏肉と海老を入れ、海老は1~2分茹で火が通ったら先に取り出して、さらに2~3分茹で鶏肉に火が通ったら、材料を全て取り出します。(ネギと生姜、唐辛子は捨てます。)この茹で汁をスープに使います。

2.海老は皮を剥き、鶏肉は一口大にスライスしておきます。

3.別の鍋に分量とは別のお湯を沸かし、沸騰したら麺を入れて指定の時間ゆでます。写真の麺の茹で時間は8分でした。

4.1.の茹で汁を火にかけ灰汁をすくい、鶏がらスープニョクマムを加えます。味を見て塩味が足りなければ塩を加えます。あさつきまたは万能ネギを加えスープは出来上がり。

5.麺が茹だったらよく茹で汁を切って器に盛り、2..の鶏肉と海老、縦半分に切ったチンゲン菜をのせ、4.のスープを注いで出来上がり。

6.お好みで、刻んだパクチー、こしょうやレモン汁を加えていただきます。

●アレンジ●
冷蔵庫に、食べごろのよく熟れたプチトマトがあったので、一緒に茹でて加えてみたら美味しかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/10

空芯菜と豚肉の焼きそば

久々に更新ですが、また空芯菜かよっhappy02

20081009kushinsai


そろそろ旬としては終盤ではあるのですが、すごい生命力!まだまだ実家の家庭菜園では、空芯菜が収穫できます。
こやつはニンニクをきかせて、シンプルに塩味で炒めて食べるのが、ギガ美味いのですが、さすがに飽きてきた・・・

先日魚介と炒めてもおいしいことを発見したが、もう一ひねり。

今日はちょっと残業でやや遅めの帰宅。ごはんを炊いておくのも忘れちゃったし、ささっとワンディッシュメニューで済ませたいところ。
冷蔵庫には、先日3食入りで特売だった焼きソバの残りが。
では、大好きな中華風焼きそばにしたててみよう!

20081009yakisoba

【材料】

・空芯菜・・・一束 写真の分量全部使いました
・豚こま・・・60~80gぐらい 特売で買って小分けにしていつも冷凍庫に常備しています

・生姜・・・スライス3枚分みじん切り
・長ネギ・・・5センチ分くらいみじん切り

・ごま油・・・大さじ1

(調味ソース)
・オイスターソース・・・大さじ1
・紹興酒・・・大さじ1
・中華スープの素(練タイプ)・・・大さじ1
・砂糖・・・大さじ1 あれば三温糖がおいしい
・お湯・・・150cc

・醤油・・・適宜
・こしょう・・・少々

(水溶き片栗粉)
・片栗粉・・・小さじ1
・水・・・50cc

・サラダ油・・・大さじ2
・焼きソバ麺(蒸)・・・1人前

【つくり方】

1.フライパンにサラダ油大さじ2を熱し、ほぐした焼きソバ麺を加え、中火で焼き色ををつけるように炒めつけます。

2.別のフライパにごま油と、生姜、長ネギを加えて熱し、香りが立ったら、豚肉を入れ炒めます。
豚肉にあらかた火が通ったら、さらに茎のほうから3センチぐらいにザク切りにした空芯菜を茎のほうから加えて炒めます。

3.空芯菜にあらかた油がまわる程度にざっと炒めたところで、あらかじめ混ぜておいた調味ソースを加えてさらに炒めます。

4.中華スープによって塩加減が違うので、味を見て塩気がたりなければ、醤油で味を調整し、さらにこしょうを加えます。

5.水溶き片栗粉をまわしてとろみがついたら、器に移しておいた1.の麺の上に盛って出来上がり。

●ポイント●
・もちろん!空芯菜でなくても、タァツアイでも小松菜でも青梗菜でもほうれん草でも、歯ごたえと香りが楽しめる青菜なら美味しくできると思います。

・青菜には火を通しすぎないこと!炒めてから味をつけて、とろみをつけて・・・結構火を入れる工程があります。
まだ足りないかな?と思うぐらいの火の通り具合で味付けへと進んでいくぐらいで丁度いいです。

・写真は、冷蔵庫に賞味期限ぎりぎりの使い残しの木綿豆腐が1/3丁ほど残っていたのでついでに加えちゃった!歯ごたえのバリエイションがついて、中華あんとのからみもよくておいしかったわheart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/18

空芯菜とタコの塩炒め

実家の畑でこの季節、空芯菜がたくさん採れます。
最近ではスーパーとかでも売っているのを見かけるようになりましが、育ててみるとものすごい生命力にびっくりします。先から収穫してもしても、どんどん脇から新しい葉っぱが伸びてきて、ひと夏中ずっと食べられます。

前にも紹介しましたが、シンプルに塩とニンニクと唐辛子で炒めて食べるのが一番おいしいと私は思うのですが、さすがに飽きてきました(笑)。

で、何かバリエーションをと思い、そういえば先日友人が作ってくれた、空芯菜と同じく、ニンニクと塩と唐辛子味でシンプルにソテーしたタコがものすごくおいしかったことを思い出しました。

20080918kushinsaitako

そうだ!この2つの素材は絶対あうに違いないと、作ってみたら大成功。
タコから出た赤い汁と空芯菜の濃いグリーンのコントラストで予期せず見た目にもとてもおいしい1品を発見。

【材料】
空芯菜・・・・1/2把  こんなに?というぐらい多めでダイジョブです。炒めるとすごくしぼみます

タコ・・・・足のところ1/2本ぶんくらい

鷹のつめ・・・1本
ニンニク・・・小 1片
塩・・・小さじ1/2杯
酒・・・大さじ 1杯
サラダ油・・・大さじ1杯

【作り方】

1.フライパンにサラダ油を入れ、みじん切りにしたニンニクと、タネをとった鷹のつめを加え、中火で火にかけます。

2.油が十分あたたまり、ニンニクの香りが立ったところで、2センチぐらいの厚さにぶつ切りにしたタコを加えて油が回る程度に軽くいためたら、酒を加えてさらに軽く炒めます。

3.空芯菜を茎のほうから加え、塩を加えて、少ししんなりする程度にいためたら出来上がり


●ポイント!●
タコも空芯菜も炒めすぎないこと!
短時間で、ササッっと。タコはお刺身用とかであれば、レアぐらいの火の通り具合で丁度いいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/21

ちりめんじゃこと大根の葉のうま炒め

実家から葉っぱのついた大根をまるごと1本もらってきました。
というか、自分で畑から抜いてきました。(笑)

大根は、新鮮なうちに葉の部分を根本から切り落とし、本体と葉を別々にして保存するのがポイント。
葉をつけたままにしておくと、本体の水分が葉のほうにとられて味が落ちます。

さて、立派な葉っぱ。無農薬なので虫がいっぱいついています。(こいつがなかなかしつこいのです。)
何度も水洗いし、塩を加えた熱湯でさっと茹で、さらに何度も水の中で振り洗いして下ごしらえ完了。
軽く水を切って密封容器に保存しておき、お味噌汁の具や炒め物、塩で揉んで浅漬け風にしたりして使います。

大根の葉が手に入ったら、必ず作る大好きなおいしーい1品をさっそくつくりました。

20071121jakoitame

前の記事の焼きお結び茶漬けの具はこれです。
お酒のつまみにもいいし、アツアツのご飯にかけて食べても、卵かけご飯にもピッタリです。

【材料】
大根の葉・・・1本分の1/2程度
ちりめんじゃこ・・・大さじ 3
白ごま・・・大さじ 1

ごま油・・・大さじ 1弱
醤油・・・小さじ 1~2

【作り方】
1.茹でて下ごしらえしておいた大根の葉を2~3ミリの小口切りにします。
2.フライパンにごま油を熱し、ちりめんじゃこを軽く炒め色がつく程度にカリカリに炒めます。
3.大根の葉をくわえて、さっと油が回る程度にいためたら、ひねりながらごまを加えます。
4.鍋はだにあたるように、醤油をまわして加え、味が全体にまわる程度に軽く炒めたら出来上がり。

ポイント!
※ちりめんじゃこの塩具合で、醤油の量を加減します。
※お好みで、炒めるときに刻んだタカの爪をくわえてもGOOです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/08

ビールに空芯菜の塩炒め

ニフティで、「ビールにあう1品レシピコンテスト」が開催されている。
ビールがもらえる。ビールが欲しい。
さっそく応募した。こちらにもレシピ紹介。

緑黄色野菜を摂らなくちゃ。と心がけて入手するけど、とにかく1把の量がひとりでは多すぎる。
菜っ葉ものって、おひたし、お味噌汁して、後は何にする?

中華料理店で食べて、シンプルな味が病みつきになった青菜炒め、味を思い出して作ってみた。

お酒を使うと意外に少ない油で、しかもしっとり美味しく仕上がります。
なんと言っても単品の素材で簡単!

シャッキリ系の菜っ葉ものは何でもこの応用でよく作ります。
夏になると、実家の家庭菜園で空芯菜がたくさんとれます。
やつらは、伸びた上の方から摘んでいくと、切っても切ってもどんどん育って夏の間中楽しめるすごい生命力!
こういう、元気のもとみたいなものにあやかりたい。

空芯菜、最近は普通のスーパーなどでもよく見かけるようになりましたが、シャッキリ感がある菜っ葉なら、豆苗でも、青梗菜でも、タァー菜でも、手に入りやすい小松菜でも、何でも美味しく出来ます。

-------------

Kushinsai_2

【材料】
空心菜(または、豆苗か小松菜がおいしい)・・・1/2把
ニンニク・・・小1かけ
鷹の爪・・・1/2~1本
塩・・・ひとつまみ
うま味調味料・・・小さじ1/4
酒・・・大さじ1
サラダ油・・・大さじ1

【作り方】
1)青菜は3センチくらいのザク切りにする。
2)鷹の爪は真ん中から2つに切って種を取り除き、さらに5ミリ巾くらいの輪切りにする。
3)ニンニクは2ミリくらいの輪切りにし、中心の芽を楊枝などで取り除き、さらに2ミリぐらいの千切りにする。
4)フライパンに油、塩、うま味調味料と、ニンニク、鷹の爪も加え中火にかける。
5)油が熱くなりニンニクの味が出たら、強火にして青菜を加え炒める。
6)ざっと青菜に油がまわったらお酒を加えさらにすばやく炒めたら出来上がり。

・ポイント1!余熱で火が通るので、青菜がしんなりして、もう少しかな?というところで早めに火からおろすと青菜のしゃっきり感が残って美味しい。
・ポイント2!うま味調味料を加えてアジアの屋台風にあえてチープな味つけが美味しい。科学調味料に抵抗がある場合は、変わりに、千切りにしたしいたけをプラスして。この場合、青菜より火の通りににくい先にしいたけから炒める。
・ポイント3!写真は水煮竹の子を千切りにして加えています。歯ごたえにバリエイションをつけたいとき、青菜の量が少ないときにおすすめ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)