2007/11/21

ちりめんじゃこと大根の葉のうま炒め

実家から葉っぱのついた大根をまるごと1本もらってきました。
というか、自分で畑から抜いてきました。(笑)

大根は、新鮮なうちに葉の部分を根本から切り落とし、本体と葉を別々にして保存するのがポイント。
葉をつけたままにしておくと、本体の水分が葉のほうにとられて味が落ちます。

さて、立派な葉っぱ。無農薬なので虫がいっぱいついています。(こいつがなかなかしつこいのです。)
何度も水洗いし、塩を加えた熱湯でさっと茹で、さらに何度も水の中で振り洗いして下ごしらえ完了。
軽く水を切って密封容器に保存しておき、お味噌汁の具や炒め物、塩で揉んで浅漬け風にしたりして使います。

大根の葉が手に入ったら、必ず作る大好きなおいしーい1品をさっそくつくりました。

20071121jakoitame

前の記事の焼きお結び茶漬けの具はこれです。
お酒のつまみにもいいし、アツアツのご飯にかけて食べても、卵かけご飯にもピッタリです。

【材料】
大根の葉・・・1本分の1/2程度
ちりめんじゃこ・・・大さじ 3
白ごま・・・大さじ 1

ごま油・・・大さじ 1弱
醤油・・・小さじ 1~2

【作り方】
1.茹でて下ごしらえしておいた大根の葉を2~3ミリの小口切りにします。
2.フライパンにごま油を熱し、ちりめんじゃこを軽く炒め色がつく程度にカリカリに炒めます。
3.大根の葉をくわえて、さっと油が回る程度にいためたら、ひねりながらごまを加えます。
4.鍋はだにあたるように、醤油をまわして加え、味が全体にまわる程度に軽く炒めたら出来上がり。

ポイント!
※ちりめんじゃこの塩具合で、醤油の量を加減します。
※お好みで、炒めるときに刻んだタカの爪をくわえてもGOOです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/08

お刺身の残りで冷製パスタ

お刺身って、少し買ってもどうしてもひとりでは食べきれない。
残りはマグロやカツオなら定番で、濃い目のわさび醤油に一晩つけて次の日焼いて食べたり、お茶漬けもいいけど。

「広告の品」のポップで思わず小さめのひとサオを買ってしまったおいしかったサーモンのお刺身。
案の定ちょっと食べきれない。マリネにしておいて、プラス冷たいパスタにしたてて、今日はめんどくさかったので、ワンディッシュディナーに仕立てました。

------------------------------------

Coolpasta

【材料】
・刺身・・・4~5切れ
・スライスして軽く水にさらしたたまねぎ・・・1/8個分
・レモンスライス・・・2~3枚
・セロリ・・・4~5センチ分を薄くスライス

<マリネだれ>
・酢・・・大さじ1強
・バージンオリーブオイルまたはグレープシードオイル・・・大さじ2
・塩・・・小さじ1/3
・胡椒・・・適宜

<パスタ>
・カッペリーニまたは細めのスパゲティーニ・・・80g
・塩・・・大さじ1

<仕上げ>
・サニーレタス・・・1~2枚
・クレソン・・・4~5本
・バジル(乾燥)・・・少々
・ガーリックパウダー・・・適宜
・塩・胡椒・・・適宜

【作り方】
1.残りのお刺身切り身、たまねぎ、セロリ、レモンをよく混ぜたマリネ液に冷蔵庫でつけておく。
2.パスタを、塩を加えたたっぷりの熱湯で、太さにあわせた標準時間茹でる。
3.茹で上がったパスタは冷水にさらしてあら熱をとり、さらに氷と絡めて冷たーく冷やしてパスタだけボールに取り出す。
4.3に、汁ごと1.のマリネと一口大にちぎったサニーレタスとクレソン、バジル、ガーリックパウダーを加えてよく混ぜる。
5.味を見ながら、塩・胡椒で味を調えてできあがり。

・ポイント1!今回はサーモンで作りましたが、鯛などの白身の魚、マグロ、なんでもいけそうです。
・ポイント2!クレソンでなくてもOK。生のバジル、パセリ、コリアンダー(香菜)、大葉、おこのみの香りの強い野菜を加えると、お魚の生臭味が締まっておいしい。


| | コメント (2) | トラックバック (2)