ご飯

2009/01/27

これがホントの「たこライス」。なんつって。

いや、タコライスっていうのは多分、メキシカン料理のタコスの代わりをご飯にして、チリコンカンのっけたやつを言うのだと思うが(笑)

お刺身用の蒸しだこを買ったので、お刺身じゃないおいしい食べ方はないものかと、タコがゴロゴロ入った炒めご飯を作ってみました。

Takogohan20090127

タコ、イカっておいしい食べ物ですが、独特の生臭みがあるので香りの強い香味野菜がよく合うと常々思っています。
だから、炒めご飯でよく使うタマネギや長ネギの代わりに、セロリを加えました。
お野菜は、タコと同じくゴロゴロと大きく切ったアボガドを。
ニンニクを効かせるのと、ワインとお酢の酸味もポイント。

タコの赤い色がほんのりご飯に移って、見た目にもおいしそうにできました。

【材料】

・お冷やご飯・・・2膳分弱ぐらい
・蒸しタコ・・・足 1/2本ぐらい
・アボガド・・・1/2 個
・セロリ・・・1/3 本
・ニンニク・・・小1カケ
・白ワイン・・・大さじ 1
・お酢・・・小さじ1
・塩・こしょう
・オリーブオイル・・・大さじ 2


【作り方】

1.フライパンにオリーブオイルとみじん切りのニンニクを加え火ににかけます。

2.オリーブオイルが温まって、ニンニクの香りがよく立ったら、粗みじんに切ったセロリを加え軽く炒め、さらに一口大に切ったタコを加え油がまわる程度に軽く炒め、白ワインを加え、ある程度白ワインの水気が飛ぶまでもう少し炒めます。(タコが固くなってしまうので炒め過ぎないように注意。)

3.ご飯を加えて切るようによくほぐしながら炒めます。ご飯がある程度バラバラになったら、お酢をまんべんなくふりかけるように加え、さらに、塩こしょうで味を調えます。

4.一口大に乱切りしたアボガドを加え、ざっと軽く炒めたらできあがり。

【ご飯をパラパラにするコツ】

私はたいてい、冷凍しておいたご飯を使うことが多いので、冷たいままご飯がバラバラになる程度に半解凍して使います。

お冷やご飯が無いときは、あら熱がとれたご飯をお皿に薄く広げ、ラップをせずに冷凍庫に5分くらい入れてから使うといいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/01/13

翌朝のしらす粥

翌朝のしらす粥

鰯のつみれからたっぷりうま味が出ている鍋の後のおつゆ。
捨てるなんてもったいない!
茶こしを通して、具の残りやかすを取り除き、更にたっぷりの釜上げシラスでお魚のうま味をプラスした美味しいおじやにして、1適残らず頂きました。

汁400ccぐらいに対して、研いだ米1/3合としらす一掴み、薄口醤油をほんの少し加えて蓋をして強めの中火にかけます。ふつふつと噴いてきたら、弱火で15分くらい炊き、刻んだ万能葱を加えまぜ、さらに溶き卵を回し入れ、刻んだ三ツ葉をのせたら蓋をして、火を止め1〜2分蒸らしたら出来上がり。

こういうときの卵は白身と黄身がざっと混ざる程度に、溶き過ぎないほうがふんわり美味しく仕上がります。

炊いたご飯が無かったので、お米からやってみましたが、「おじや」より「雑炊」派の私としては程よくちょっと固めの感じが美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/15

ネコムライス作った!・・・失敗した!

先日、待望のきょうの猫村さん 3が、やっとでた!

3巻には残念ながら出てきませんでしたが、度々登場で気になっていた、猫の家政婦猫村さんが作る「ネコムライス」。
『おんなこは卵がすきなのよね。』とかつぶやきながら、想像で作ってみました。

20080415necom_rice

が、

大失敗。

1.おじゃこと刻んだベーコンをカリッカリッに油で炒める。

までは良かったんです。

2.1.を一度取り出して、みじん切りにしたタマネギと、ニンジンとピーマンもね、細かく切ってよく炒めれば。
ぼっちゃん、ニンジンきらいだったけど、ネコムライスに入れてしまえば食べれたのよ・・・

までも、OKだったんです。

3.タマネギがシンナリして来たら、少し火を強めてお冷ご飯をほぐしながら入れます。

↑ここ、ここで!!予想外の困難が。
お冷ご飯が、冷蔵庫から出したばかりで、しかも容器にわりとギューギュー気味に入っていたので、パカっと出したら、真四角の容器の形のまんま、硬くてなかなかほぐれない・・・
火をすでに強めたことを忘れて、このご飯の塊と格闘していたら、あっという間に!
タマネギ、焦げてしまいました。

まあ、食べられない程ではなくて、おじゃことベーコンがカリッカリッのおかげで、味はほどほどだったんですが、見た目が汚くなりました。

ちなみに、

4.ご飯がパラパラになったら、おじゃことベーコンを鍋に戻し、コショウを振り、ご飯2膳に対して大さじ1/2程度の量のお醤油を鍋肌に触れるように回し入れ炒めます。
ベーコンとおじゃこに塩気があるので、塩は最初から振らずに、味を見てから足りなければ塩で味を調えます。

5.フライパンで半熟目玉焼きを作ってのせます。

で、出来上がりです。

型はね、そば猪口使いました。

タマネギが焦げただけではなく、ほかにもいろいろ反省。
今日学んだこと。

・ご飯はあらかじめほぐしておく。
強火短時間で仕上げるものは、ちょっとした手順の狂いが命とり。

・おじゃこにはタマネギより長ネギ、多分。
まあ、タマネギでもおいしいんですが、なんとなーく甘い味とお魚の風味で寝ボケた味だった。
おそらく、生臭みがある素材のときは、長ネギとかあるいは生姜をうまく使うとか、青みにピーマンやめて大葉にするとか、香りのあるものをあわせたほうが味がしまるんじゃないかと。今度試してみます。

・ベーコンやおじゃこの塩味に注意する
なんとなくオーソドックスに何でも塩・コショウってセットにして使いたくなりますが、使う素材の味をよく考えて味を見てから塩気をくわえるのが鉄則。

・歯ごたえのアクセントも重要
全部の素材をガガッっといっぺんにいためないで、弱めの火でじっくりおじゃこ&ベーコンをカリッカリッに炒めて後から加えたのはなかなかようござんした。面倒だけど、こういうちょっとした「丁寧」でずいぶん出来上がりが変わるものだと、あらためて納得。


では、長ネギでそのうち再チャレンジしてみまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/22

牡蠣ごはん

20071220nihongohan

昨夜のメニュー。
牡蠣ごはんと、牛蒡とハスたっぷりのつくね。それからまるのままグリルでじっくり焼いた里芋。
少し早めに帰宅できたので、久しぶりに手をかけました。

こういうごはんが一番好き。ほっとします。季節のごはん。

牡蠣ごはんには自家製の旬の茹でた春菊をちりばめてアレンジ。

20071220kakigohan

【材料】

生食用牡蠣・・・1パック(150g~200g)
お米・・・2合(360cc)
かつおだし汁・・・400cc程度
生姜・・・スライス2~3枚分ぐらい
だし昆布・・・3~4センチ角
淡口醤油・・・大さじ2
みりん・・・小さじ1
塩・・・小さじ1/3

塩(牡蠣を洗う)・・・適宜

春菊・・・一掴みぐらい
柚子の皮・・・適量


【作り方】

1.お米は研いで、ザルに上げ水を切っておく。

2.牡蠣は濃いめの塩水でよく洗い、砂などの汚れと臭みをとり、最後に真水で洗い余分な塩気を落とす。

3.沸騰しただし汁で、牡蠣を2分ぐらい茹でて牡蠣だけを取り出す。ゆで過ぎると身がしまって固くなるので注意。

4.冷ました3、の茹で汁に淡口醤油とみりん、塩を加え、水を足して炊飯の分量の水にする。

  ・炊飯器なら米を入れてからだし汁と調味料、水を加えて指定の目盛りまで。
  ・土鍋や普通の鍋なら、440cc~470cc(新米ほど水を少なく)
  ・キャセロールなどの密閉性の高い鍋なら、380cc~400cc

5.みじん切りにした生姜を加え全体をざっと混ぜ、昆布を入れてごはんを炊く。

6.鍋で炊く場合は、蓋をして強めの中火~強火にかけ沸騰したら、弱めの中火にして7分。さらに弱火で8分。10秒ほど強火にして余分な水分を飛ばしてから火を止め、20分ほど蒸らす。

7.牡蠣とゆでて刻んだ春菊をくわえ混ぜ、お好みで柚子をちらしていただく。


牛蒡とハスのつくねの作り方は次回ご紹介しまーす。

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/16

冷凍食品で、焼きおむすび茶漬け

20071115omusubicha2
私はお茶漬けが大好き。

お誕生日に「今晩は、ひでこの好きなものでご馳走を作ってあげるよ、何がいい?」
と母に聞かれて、「お茶漬け!」と嬉しそうに即答する、安上がりなこどもでした。(笑)

ここのところ、残業で帰りの遅い日が続きました。
10時、11時という時間に帰宅し、お腹はペコペコ。

そんなときは、サラサラと手早く食べられて、もたれない、お茶漬けがもってこいです。
白いお冷やご飯で、永○園のお茶漬け海苔もいいんですが、気分転換も兼ねて簡単クッキング。
おやつに買っておいた冷凍食品の焼きおむすびが大変身です!
昆布茶を使うのもポイント。

【材料】
冷凍焼きおむすび・・・2個
昆布茶・・・小さじ1
白ごま・・・適量
熱湯・・・250〜300CCぐらい
おろしわさび・・・少々
三つ葉または大葉・・・適宜

お好みの具・・・適量

鮭でも、たらこでも、昆布の佃煮でも、梅干でもお好きなものを!今日は冷蔵庫におじゃこと菜っ葉の胡麻油で炒めたお惣菜が残っていたので、それをのせてGOO!でした。

【作り方】
・・・って説明するほどでもないですね(笑)

チンして温めた焼きおむすびとお好みの具を器に盛り、ひねり胡麻と刻んだ香りの葉、昆布茶をのせて、沸騰したお湯をたっぷりかけるだけ。お好みでわさびを添えて出来上がり。
お醤油のしみた表面がカリっとしたお結びを崩しながらサラサラやるのが最高。

20071115omusubicha

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/15

お冷ご飯で簡単おいしい-ご飯とおじゃこのカリカリ

残りもの活用シリーズが続いていますが、残り素材を使い切る問題は常についてまわります。

お冷ご飯でおいしく、しかも簡単にできるこのメニュー。
こどもの頃、残りものをつかって手早くパパッと母がよく作ってくれたお昼ご飯をヒントに作りました。

おつまみにも、小腹空いたときのおやつにも。

070806jyakokari

【材料】
・ご飯・・・・・・1膳
・ちりめん雑魚・・1/2カップ
・細ネギ・・・・・8~10本
・卵・・・・・・・1個
・薄力粉・・・・・大さじ2
・醤油・・・・・・小さじ1
・塩・・・・・・・少々
・こしょう・・・・少々
・サラダ油・・・・・大さじ1

【作り方】

1.ネギは小口切りにし、そのほかの材料も全て加えよく混ぜる。

2.フライパンに油を熱し、お玉に半分ずつぐらい1.のタネを落とし、薄く延ばして弱めの中火で両面に焼き色がつくまで良く焼く。

ポイント
お好みで、おじゃこを干し海老にしたり、おかかをプラスしたり、焼き油をごま油にしたり、ある材料で手軽にバリエーションを楽しめます。
黒胡椒を強めに効かせるたり、山椒を加えるとおつまみで食べられるご飯に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)