豚肉

2010/06/16

やわらか豚肉のピカタ

最近、気がついたらTwitterばっかりしてる。

会社の帰りに晩御飯のメニューを考えていて「お題はズッキーニなんだけど・・・」とつぶやいたら、何人かのひとがあっという間にアイディアをくれて、ラタトゥイユとアンチョビとチーズを載せたローストの2品を作ったんだけど、さて、メインは・・・

ここ数日たまごをあんまりたべていないことに気づき、冷凍庫に常備している豚のスライスでピカタに決定。

20101615pikata

豚肉のスライスが、あいにくしゃぶしゃぶ用の薄いのしかなくて、ちと厚さがたりない。
それで、2枚重ねてみたらこれが、火のとおりも早いし、なにより柔らかい食感でよくできました。

薄切り豚肉を2枚重ねて塩コショウ
  ↓
茶漉しで裏表にうすく小麦粉をまぶし
  ↓
溶き卵にみじん切りかドライのパセリをまぜて
  ↓
豚肉に絡めてオリーブオイルを薄くひいたフライパンで弱めの中火で焼く
  ↓
あまった溶き卵も全部いれて表裏やいたらできあがり。


と、ついったーでも大丈夫、140文字でつぶやけそうな簡単さです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/15

秋のランチを友達と

今日は、親友のひとりを招いておうちランチをしました。

20091115party

メニューは和食が食べたいとの彼女のリクエストで旬の野菜を中心に以下のとおり。

・鯛飯
・揚げ秋野菜のサラダ
・春菊と巻き湯葉のお椀
・大根と豚バラの煮もの
・ごまいわし

ポン酒のおともにも行けそうですが、今日はお酒を飲まない彼女向きに、やさしい味をイメージして構成。

二人分ランチにちょうどよい控えめの量の煮ものをこしらえるのに、さっそく先の「おやじ鍋」が活躍。

20091115daikon_butabara

【材料】
大根・・・3センチの輪切り3つ
豚バラ肉・・・80g~100g
(酒・・・大さじ1)
鰹だし汁・・・250cc程度
出汁昆布・・・5センチ角程度
酒・・・30cc
みりん・・・大さじ1
しょうゆ・・・大さじ1
半熟玉子・・・1個
青ネギ・・・適宜

【つくり方】
1.豚肉は大きめの一口大に切り、大さじ1の酒をまぶし、かぶるくらいの熱湯に入れて5分くらい茹でて、余分な脂と臭みをとるための下ゆでをしておきます。

2.煮立った鰹だし汁に昆布とお酒、1.の豚肉だけを加え、1時間~1時間半ぐらいじっくり弱火で煮ます。だし汁が少なくなったらお肉がひたひたにかぶる程度に差し水をして、焦がさないように注意。

3.大根は皮を厚めにむいて、くしに半分に切って面取りして、2に後から加えて、さらに30分程度弱火で煮ます。
この時も煮汁が少なくなりすぎないようにときどきお湯を足して、焦がさないように注意。

4.お肉にも大根もよくやわらくなった3にみりんを加え、再び煮立ったらしょうゆを加え、さらに2、30分じっくり弱火で煮て、火をとめていったん粗熱をとります。
この一度冷ますのがポイント。よーく味がしみ込みます。

5.食べる前にもう一度温めて、半熟玉子と刻んだ青ネギを添えていただきます。

彼女にも喜んでもらえて楽しい会食でした。

でも、寝坊しちゃって、あわてて時間のかかる煮ものは寝ぼけ眼で仕込めたものの、お客さま到着のタイミングで並べるはずのごはんがいろいろ間に合ってなくて、ちょっとお待たせしてしまって申し訳なかったな~(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/12

旬づくしの煮物-新じゃが×新タマネギ×スナップえんどう

実家の家庭菜園でとれたスナップえんどう。
そのままゆでてマヨネーズをちょっとつけて食べるのが新鮮だと香りが高くて甘くておいしいけど、ちょっと飽きる。
で、同じく春~初夏が旬の野菜を組み合わせて、おいしい煮物にしました。

20090511_4

新ジャガも新タマも、貯蔵がきいて1年中大活躍ですが、「新」がつくこの季節ならではの香りと、そしてみずみずしくて柔らかい特徴を楽しみたい。あっさりとした薄味で、煮くずれたり香りがとんでしまわないようにいつもより短時間であっさり調理がポイントだと思います。
うま味をプラスする豚バラも火の通りやすい薄切りを使います。

【材料】

新ジャガ   中2個
新タマネギ  中1個
スナップえんどう 12鞘
豚バラスライス  4~6枚

合わせだし 350cc
酒  50cc
砂糖  大さじ1杯半
薄口しょうゆ 大さじ1杯半

【作り方】
1.だし汁が煮たてて皮をたわしでこすってとり4つ切りにしたジャガイモと、5センチぐらいの幅に切った豚肉をほぐして入れ蓋をして7~8分ジャガイモに火がとおるまで煮ます。

2.スナップえんどうはスジをとって、塩少々を加えた熱湯で30秒ほど下ゆでしておきます。

3.たて8等分にくし切りにしたタマネギを1.に加え、蓋をしてさらに5分ほど煮ます。

4.味をみて、足りなかったら調整し、下ゆでしておいたスナップえんどうを加えてひと煮立ちしたら蓋をして、2~3分おいて味をしみこませたらできあがり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/10

空芯菜と豚肉の焼きそば

久々に更新ですが、また空芯菜かよっhappy02

20081009kushinsai


そろそろ旬としては終盤ではあるのですが、すごい生命力!まだまだ実家の家庭菜園では、空芯菜が収穫できます。
こやつはニンニクをきかせて、シンプルに塩味で炒めて食べるのが、ギガ美味いのですが、さすがに飽きてきた・・・

先日魚介と炒めてもおいしいことを発見したが、もう一ひねり。

今日はちょっと残業でやや遅めの帰宅。ごはんを炊いておくのも忘れちゃったし、ささっとワンディッシュメニューで済ませたいところ。
冷蔵庫には、先日3食入りで特売だった焼きソバの残りが。
では、大好きな中華風焼きそばにしたててみよう!

20081009yakisoba

【材料】

・空芯菜・・・一束 写真の分量全部使いました
・豚こま・・・60~80gぐらい 特売で買って小分けにしていつも冷凍庫に常備しています

・生姜・・・スライス3枚分みじん切り
・長ネギ・・・5センチ分くらいみじん切り

・ごま油・・・大さじ1

(調味ソース)
・オイスターソース・・・大さじ1
・紹興酒・・・大さじ1
・中華スープの素(練タイプ)・・・大さじ1
・砂糖・・・大さじ1 あれば三温糖がおいしい
・お湯・・・150cc

・醤油・・・適宜
・こしょう・・・少々

(水溶き片栗粉)
・片栗粉・・・小さじ1
・水・・・50cc

・サラダ油・・・大さじ2
・焼きソバ麺(蒸)・・・1人前

【つくり方】

1.フライパンにサラダ油大さじ2を熱し、ほぐした焼きソバ麺を加え、中火で焼き色ををつけるように炒めつけます。

2.別のフライパにごま油と、生姜、長ネギを加えて熱し、香りが立ったら、豚肉を入れ炒めます。
豚肉にあらかた火が通ったら、さらに茎のほうから3センチぐらいにザク切りにした空芯菜を茎のほうから加えて炒めます。

3.空芯菜にあらかた油がまわる程度にざっと炒めたところで、あらかじめ混ぜておいた調味ソースを加えてさらに炒めます。

4.中華スープによって塩加減が違うので、味を見て塩気がたりなければ、醤油で味を調整し、さらにこしょうを加えます。

5.水溶き片栗粉をまわしてとろみがついたら、器に移しておいた1.の麺の上に盛って出来上がり。

●ポイント●
・もちろん!空芯菜でなくても、タァツアイでも小松菜でも青梗菜でもほうれん草でも、歯ごたえと香りが楽しめる青菜なら美味しくできると思います。

・青菜には火を通しすぎないこと!炒めてから味をつけて、とろみをつけて・・・結構火を入れる工程があります。
まだ足りないかな?と思うぐらいの火の通り具合で味付けへと進んでいくぐらいで丁度いいです。

・写真は、冷蔵庫に賞味期限ぎりぎりの使い残しの木綿豆腐が1/3丁ほど残っていたのでついでに加えちゃった!歯ごたえのバリエイションがついて、中華あんとのからみもよくておいしかったわheart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)