貝類

2007/12/22

牡蠣ごはん

20071220nihongohan

昨夜のメニュー。
牡蠣ごはんと、牛蒡とハスたっぷりのつくね。それからまるのままグリルでじっくり焼いた里芋。
少し早めに帰宅できたので、久しぶりに手をかけました。

こういうごはんが一番好き。ほっとします。季節のごはん。

牡蠣ごはんには自家製の旬の茹でた春菊をちりばめてアレンジ。

20071220kakigohan

【材料】

生食用牡蠣・・・1パック(150g~200g)
お米・・・2合(360cc)
かつおだし汁・・・400cc程度
生姜・・・スライス2~3枚分ぐらい
だし昆布・・・3~4センチ角
淡口醤油・・・大さじ2
みりん・・・小さじ1
塩・・・小さじ1/3

塩(牡蠣を洗う)・・・適宜

春菊・・・一掴みぐらい
柚子の皮・・・適量


【作り方】

1.お米は研いで、ザルに上げ水を切っておく。

2.牡蠣は濃いめの塩水でよく洗い、砂などの汚れと臭みをとり、最後に真水で洗い余分な塩気を落とす。

3.沸騰しただし汁で、牡蠣を2分ぐらい茹でて牡蠣だけを取り出す。ゆで過ぎると身がしまって固くなるので注意。

4.冷ました3、の茹で汁に淡口醤油とみりん、塩を加え、水を足して炊飯の分量の水にする。

  ・炊飯器なら米を入れてからだし汁と調味料、水を加えて指定の目盛りまで。
  ・土鍋や普通の鍋なら、440cc~470cc(新米ほど水を少なく)
  ・キャセロールなどの密閉性の高い鍋なら、380cc~400cc

5.みじん切りにした生姜を加え全体をざっと混ぜ、昆布を入れてごはんを炊く。

6.鍋で炊く場合は、蓋をして強めの中火~強火にかけ沸騰したら、弱めの中火にして7分。さらに弱火で8分。10秒ほど強火にして余分な水分を飛ばしてから火を止め、20分ほど蒸らす。

7.牡蠣とゆでて刻んだ春菊をくわえ混ぜ、お好みで柚子をちらしていただく。


牛蒡とハスのつくねの作り方は次回ご紹介しまーす。

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)